年収600万円、コロナにより収入減、株式投資を始めました | 投資(株・FX・投資信託・仮想通貨・先物)で将来の不安を払拭するリアル体験談集めてみました
新型コロナウイルスに関する情報について

投資(株・FX・投資信託・仮想通貨・先物)で将来の不安を払拭するリアル体験談集めてみました

現職への不安・問題点・将来の不安がある中で解決策の一つとして投資(株・FX・投資信託・仮想通貨・先物)などを選択した人達のリアルな体験談を集めてみました。

家族構成:妻、子1人
仕事内容:会社の新規事業の企画部隊
年収:600万円(額面)
将来への不安、現状の課題点:
コロナウイルスの影響で在宅勤務が続いているが、満足な仕事がないため、1日ぼーっと過ごす窓際族に近い状態になってしまっている。会社に出勤していれば成果が出ていなくてもなんとなく頑張っているアピールはできたが、在宅勤務は残業代が出ないので、完全成果主義となっており、時間外労働をしていても許されないサービス残業の状態で、手取りが少なくなってしまっており、家族を養うにもつらい状況が続いている。もともと給与は高くないなか、働き方改革によって残業代がカットされ、今回の感染症でサービス残業が横行してしまっているため、日々生活するだけでも苦しい状況が続いており、将来に対しては不安しかない。

 

新型コロナの影響で将来の不安が増長

 

投資を始めたきっかけは、新型コロナで収入が大きく下がったことがきっかけで、日々の生活が苦しく、余裕資金を作りたいと思ったことがきっかけです。
もともと、今のような状況になる前は、毎月手取りから数万円くらいでしたが貯金はできており、年に数十万円ほどお金がたまっていました。ただ、毎月コツコツと貯金していても増えるお金は限られており、子供も生まれ、自分たちの家を購入する前金くらいの金額は貯金していきたいなと思っており、少しずつ投資に回してみようかなと考えていた状況下で、このようなことになり、投資を始める前に本格的に収入が下がってしまいました。今の給料だと、まだ毎月の手取り金額だけでギリギリ家族を養うことができますが、家計は毎月数千円から数万円の赤字となっており、夏のボーナスでなんとか今までの赤字を補填てきた形です。

とはいえ、夏はまだボーナスが出ましたが、この状況が続くと冬のボーナスは出ないかもしれないですし、これからも毎月家計が赤字だと思うと、この金額を埋めるだけでも構わないので何かしら稼がないといけないため、副業はもちろん、できることにはいろいろと手を出そうと考え、投資に興味を持ち、ちょうど今年の4月から始めたところです。

 

株式投資でローリスクになるようにトレード開始

 

日々の家計の赤字の解消が一番の目的なので、投資にあたっては大きな利益は取れなくても構わないですが、月に数万円くらいのお金を稼ごうと考えて投資をしています。とはいえ、貯金額を全部投資に回してしまうと、もし倒産して株式が紙くずになってしまうとそれこそ生活が立ち行かなくなってしまうため、貯金額の半分までを投資に回して良いルールにして、株式投資を始めました。

ローリスクハイリターンの投資が理想なのですが、色々と調べて、リスクをとらないとリターンは取れないことが分かりました。確定申告なども面倒なので、株式投資であれば、源泉徴収なども勝手にやってくれそうで、株式が一応紙切れになっても出した金額以上の損にはならないことが分かったので、まず株の購入から始めています。

本当は有名な企業の株式を購入したかったのですが、どうしても数十万円~数百万円単位での軍資金が必要となるため、1社だけだと突っ込んでいるようで怖かったので、上場企業でも、比較的安い値段(数万円)で買うことができる企業を探して株式を購入して勉強しているところです。正直なところ、上場企業といっても聞いたこともないような会社が多いので、本当に倒産しないのか等、不安も大きく、今のところ毎月数万円といった大きな利益は出ていません。ただし、4月まで大きく下げている状況で投資を始められたため、今のところはプラスになっています。これからも無理のない範囲で現金化して生活の足しにしていきたいと思っています。