1月に記事を更新して以来、約2か月振りの投稿となってしまいました。

今年の年明け3か月間は、例年にくらべても特に忙しい時期になってしまい、ブログ記事を更新する余裕もありませんでした💦

 

なぜ今回、忙しくなってしまったかというと、理由としては複合的なのですが、以下のような点が挙げられます。

 

①12月末でベテランスタッフの退職、その後スタッフ1名の退職があった。

②昨年入社した新人スタッフ5名が、まだ業務に不慣れであることから、想定以上に指導やレビューの時間を要した。

③スポットの財務DD、経営改善計画策定支援業務が複数重なってしまった。

 

なんといっても、①スタッフの退職というのが大きかったかもしれません。

前回のブログ記事でも紹介した通り、マネジャーとしてこれまで私を支えてきてくれたスタッフが12月末で退職ということになりました。これについては、以前から相談を受けておりましたので、担当の引き継ぎなどは混乱なく進めることができたのですが、他のスタッフが代わりに実施することが難しいレベルの高い業務もいくつかありましたので、そのあたりは私が引き継ぎをする形になりました。まあこれは仕方がないことではあります。

 

このほかにも2年目のスタッフが1名退職となってしまいました。

こちらについては、突然のことで十分な引き継ぎをすることもできず、業務を引き継いだスタッフにも大きな負担をかけることになってしまいました。私もフォローのため、お客様に同行するケースも増え、この引き継ぎにも多くのエネルギーが必要となりました。

 

当事務所は、他の会計事務所に比べると、離職率も少なく、比較的定着率の高い事務所だったのですが・・・、この繁忙期は直前に2名が退職してしまったことで、なかなか厳しい状況でした。ただ、当事務所もまだ開業して年数が浅く、規模も拡大中なので、どうしても忙しい思いをさせてしまうのかもしれません。

 

確定申告の繁忙期は、年次の浅いスタッフが多かったこともあり、例年よりも残業時間が多くかかってしまいました。ひとまず、無事に終えることはできましたが、3月15日の期限ギリギリに申告が集中してしまった点は、反省すべき点と言えます。来年はきっと、入社年次の浅いスタッフも力をつけてくれると思うので、もう少しスムーズに業務を進められるのではないか、と期待しています!

 

 

4月からは、新しいスタッフが2名入社する予定です。

2名とも、経験豊富なスタッフですので、事務所としての戦力アップにつながるものと期待しているところです。

 

また、今年は例年になく新規の問い合わせ件数が多いというのも特徴です。

実際にお客様にお会いしてお話を聞いてみると、税理士の先生や会計事務所の担当者があまり経営の相談に乗ってくれない、レスポンスが遅い、といった不満をお持ちの経営者の方が多いですね。何社かの新規の契約も締結でき、売上高としては比較的順調に伸ばすことができるのではないか、と期待しています。

 

4月以降は、公認会計士業務の繁忙期が始まります。

会計監査や非営利法人の会計業務の他、当事務所では、ファンドの決算業務を多く受託しているので、そのあたりの業務の繁忙期がこれからやってきます。会計士業務に関しても、私のみならず、スタッフの何名かの方にも補助者として入っていただける体制を構築しつつあります。

 

 

同時並行で、今年度の営業戦略の展開も、4月以降、本格的に開始していきたいと思っています。

色々と新しい企画も考えてもらっているので、また随時ご紹介していきたいと思います!

前回の続きになります。

昨年の年末に全員で年末会議を行い、「2023年の振り返り」を行い、「2024年の経営戦略」を立てました。

今回の記事は、後者の「2024年の経営戦略」についてです!

 

昨年は5人の新人が入社し、顔ぶれも大きく変わりました。

2024年も輝かしい1年にできるよう、経営戦略についても全員参加型で考える形にしました。

 

新年より新しく、大場さんと西塚さんがマネジャーに昇格、そして大井さんと鈴木さんがチームリーダーに昇格することになりました。新しいリーダーの皆さんを中心にして、売上を伸ばすための「攻めの戦略」と、組織力を強固にするための「守りの戦略」を立てました。

 

 

1.攻めの戦略

2024年は、中期計画では+2000万円の売上増を目指しています。幸いにして、人員面では、昨年度多くの新人を採用できましたので、順調に成長してくれれば、物理的には達成可能な売り上げ目標だと思います。あとは、いかに仕事を獲得していくか、という点です。

 

今回、攻めの戦略の根幹として、「DX推進プロジェクト」を掲げることにしました!

具体的には、マネーフォワードクラウド会計のビジネスプランのパッケージをフル活用し、中小・零細事業主の方にも、DXを推進していきましょう、という取り組みです。マネーフォワードクラウド会計は、当事務所でこれまでもたくさん導入をしてきましたが、その判明、付随するプロダクト(給与、勤怠、社会保険、経費、請求書など)については、まだまだ導入実績が十分ではないというのが実情です。

 

会計のみならず、給与計算や経費清算など、経理業務全般においてDXを実践することにより、中小企業の経理業務は大きく効率化することができます。特に、これからも人出不足は続いていきますので、中小企業にとっては、経理業務の効率化というテーマは、非常に大きな命題だと思っています。

 

取り組みを進めるにあたり、KPI指標としては、クラウド会計のみならず、給与、経費、といった周辺プロダクトの導入実績を定量的に測定し、各チームごとに取り組みの目標を立てることにしました。また、昨年も取り組みを進めておりました、「マネーフォワード3本の矢プロジェクト」については、今年も引き続き重点戦略としていきたいと考えています。今年は特に、入社間もない若手スタッフに、積極的に最前線に立って経験を積んでいただきたい、という思いもあります。

 

これに加え、売上を増やすための取り組みも進めていきます。

売上高を2000万円増やすために、税務の月次顧問契約は30件程度、その他のスポット業務もそれなりに獲得していく必要があります。30件の新規顧客を獲得するためには、100件くらいは新規の問い合わせをいただく必要があります。そのためには、ただ座って待っているだけではなくて、セミナーの開催やコラム記事の執筆、SNSやWEB広告の活用、といった取り組みも必要になってくるわけです。

 

こういった具体的な話をみんなで議論するのは、とても楽しいですね(そこに至るまでのコーディネートは、それなりの技量が必要ではありますが)。若いスタッフからも意見がどんどん出てきますので、とても有意義な時間を過ごすことができました。

 

 

2.守りの戦略

2024年の戦略のもう一つの柱として非常に重要になってくるのが、事務所全体としての組織力、実務レベルの底上げです。

当事務所では特に、若いスタッフが多いこともあり、単に売上を伸ばしていくだけではなく、スタッフ個々人の知識・経験もしっかりレベルアップさせていかなければなりません。

 

そういう意味で、個人的には、この「守りの戦略」が非常に重要になってくると思っています。

まずはなんといっても、会計・税務の知識の習得、定着化です。また、業務を行う上でのミスの予防、そして職員の採用、教育、育成といったプロセスをしっかり作り上げていかなければなりません。当事務所はまだ歴史が浅いこともありますが、このあたりの組織力が弱いというのは間違いないので、そこをいかに組織的に体系化できるか。

 

非常に難しく、抽象的なテーマでもあるのですが、比較的入社年数が長く知識や経験もあるベテランスタッフに中心になってもらって、ナレッジの共有化、暗黙知を形式知に落とし込むための方策をいくつか考えました。しっかり取り組めば、かならず成果が出ると信じています!

 

3.事務所としてのPMVVの策定!

そして、年末会議の締めくくりとして、事務所のMVVの策定を行いました。

当事務所では、4年前に策定した経営理念、それを具体化した基本方針などはありますが、あくまでも抽象的な心構えという位置づけになってしまいます。具体的な経営戦略をスムーズに導き出すうえで、接着剤となりうるM(Mission)、V(Vision)、V(Value)の策定が必要だな、ということは少し前から考えていました。

 

また、経営理念を考えた当時から時間がたち、新しいメンバーも増えてきたので、このタイミングで、価値観を共にし、進むべきベクトルもすり合わせしたほうが良いだろう、という思いもあり、今回時間をとって、皆でディスカッションをしてみました。

 

結果として、ディスカッションはとても盛り上がり、事務所としても一体感をもって進むことができそうな期待感を十分に感じました。2024年は、きっと良い報告に進めるだろうと信じています!

 

 

 

今回、策定したMVVは以下の通りです!

Mission、Visionについては、経営者としての私の考えが中心ではあるのですが、それを基に皆で議論したValueが、とてもよく仕上がったと思います!

 

Mission

Don't be afraid of changing, be afraid of not changing

~変化することをおそれず、変化しないことをおそれる~

 

Vision

「既存のフレームワークに捉われない柔軟な思考」と「お客様に寄り添う熱い気持ち」を両輪として、1000社の中小企業に対して満足度No.1のサービス提供を目指します!

 

Value

1.Speed
最速のサービスでお客様の期待を超えていきます
2.Together
プロフェッショナルな寄り添いで、お客様を輝かせます
3.Challenge
お客様と共に挑戦することで、互いに成長し続けます
4.Simple
お客様にわかりやすく説明してこそ、本当のプロだと考えます
5.Fun
お客様の感謝が楽しみに繋がっています

 

今回のように、会社の根幹をなす部分をみんなで議論し、作り上げる、という経験は、人生で何回経験できるでしょうか?

おそらく、とても貴重な体験だと思いますし、一緒に作り上げたメンバーは、思いを共有しながらこれからも仲良く仕事に取り組んでいけると信じています。

 

2024年も良い年になりますように!

改めて、本年もよろしくお願いいたします。

 

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします!

 

昨年11月から業務の方が非常にバタバタしてしまい、じっくりとブログ記事を更新することができませんでした。

とはいえ、昨年はいろいろなことがありましたので、しっかり振り返りを記録しておきたいと思います。年が明けてしまいましたが、まずは2023年の振り返りです。(2024年の抱負はまた後ほど)

 

事務所全体として、売上高は中期計画の予算通りに順調に伸びてきております!

今期の売上高としては、2021年に立てた計画数値ピッタリの着地となりました。中計では、2026年に売上高2億円を目標にしており、この調子で頑張っていきたいと思います。

 

 

とはいえ、売上の内訳としては、他の会計事務所と比べると少し特殊なのかもしれません。

当事務所では、公認会計士事務所と税理士事務所の両方を行っているため、通常の税務顧問業務の他、公認会計士業務として、会計監査、非営利法人、事業再生、ファンド会計などにも携わっております。

 

内訳として、外に出すのは初めてですが、下記のような感じです。

 

 

改めて内訳を集計してみると、いわゆる税理士業務の売上は6割弱にとどまっていることがわかりました。

それ以外は、公認会計士業務&コンサル業務ということになります。税務のみならず、いろんな業務を経験できるという点では、当事務所の大きな強みであると思います。

 

 

人員面でいうと、2023年は新たに正社員が5名入社してくれました!(うち経験者が2名)。

一方で、1名の退職がありました。

 

退職者されたのは、5年間勤務してくださり、営業面や管理面でも私の右腕として活躍してくれた、松本MGです!

事務所としては、無二の存在でしたのでとても残念ではありますが、今後は新たな分野に進まれるということで、新天地でもご活躍を祈念しています!

 

思えば彼が入社してからの5年間で、事務所も大きく飛躍することができました。特に、2019年から当事務所でメインの会計ソフトとして取り組みを始めた、「マネーフォワード クラウド会計」の導入では、中心的メンバーとして本当に頑張ってもらいました。退職自体は、年初から相談を受けておりましたので、比較的長めの引き継ぎ期間をとれたのと、後進の育成もしっかり実施していただいたので、これからは残った後輩たちがしっかり頑張ってくれると思います。

松本さん、ありがとうございました!

 

 

 

経営者として、2023年を定性的に振り返ってみると、以下の通りです。

2023年は、事務所の経営戦略として、二つの目標を掲げました。

 

目標①

クライアントの経理業務のフローやニーズをリアルに把握し、クライアントにとって最適な経理体制の構築のサポートを推進する。特に、マネーフォワードクラウド会計を中心としたERPパッケージの導入支援、経理アウトソーシング業務に積極的に取り組む。

 

目標②

 事務所の組織体制を強固なものとし、風通しがよく事業推進力の高い職場環境を構築する。特に、業務の仕組み化・標準化、リアルなコミュニケーションの活発化、職員の教育プログラムの充実を通じて、皆がモチベーションをもって仕事ができる環境を構築する。

 

目標①については、しっかりできた部分と、うまくいかなかった部分とがありますが、取り組んだ事項として、オンラインセミナーの開催、IT導入補助金のサポート、note,コラム記事の作成などは事務所全体として積極的に取り組み、一定の成果を上げることができたと思います。

 

特に、12月上旬に開催しました電子帳簿保存法のオンラインセミナーでは、なんと50名以上の方からのご参加がありました!新しい仕事につながるきっかけにもなり、運営してくれたスタッフの自信にもつながったと思います。

 

 

目標②については、事務所としての新人教育カリキュラムの作成、ロープレ実施、福利厚生施策の充実、他事務所との交流の充実など、収益には直結しない部分に、コストと時間をかけました。事務所の組織力の強化という観点で、スタッフの横のつながりは強固なものにできたように思います。

 

(参考)昨年入社したスタッフの佐々木さんに、事務所としての1年の振り返りの記事を書いてもらいましたので、よろしければご参考ください!

 

 

 

一方で、事務所全体として改善しなければいけない課題も山積していると感じています。

 

1つめは、若手スタッフの育成の課題です。

当事務所もまだまだ歴史が浅く、組織として未熟ということもあり、また経験の浅いスタッフが大半ということもあり、所長、MG、TLといった管理職に大きな業務負荷がかかっております。一方で、若手スタッフが現場経験を積んだり自ら考えたりする機会がまだまだ少なく、以前に比べると、スタッフの成長が遅くなっているように感じています。

 

2つめは、税務知識の不足です。

目標管理の1on1面談などを実施してみると、多くのスタッフが税務知識の不足を認識していることがわかりました。ここは、事務所としてしっかりした対策をとることが必要だな、と痛感しました。知識というのは、現場で経験するよりもむしろ、自分で勉強しないといけない分野です。そのためには、自分のプライベートな時間を勉強に費やすことを厭わずにできるか、ということが非常に重要だと思います。(だからこそ、他の職業に比べても平均給料は高いわけですね)

 

3つめは、人材採用のハードルです。

優秀な人材を採用するのが年々厳しくなってきており、コスト負担が増大していますね・・・。人材紹介会社からの紹介による採用の場合は、数百万円単位のコストがかかってしまいますが、人出不足の中ではやむを得ないことなのでしょうか。

 

また、働きやすさをアピールすればするほど、「残業はなく、給料もそこそこもらえる、ラクな事務所」というイメージが浸透してしまっているような気がしていて・・・、採用に関しては、しっかりとした選考が必要だと思っています。

 

当事務所では、働き方改革の観点から、所定労働時間を短く設定し、短期集中型の業務を行う体制をとっています。一方で、スタッフの給料水準は、同地域の他の事務所と比べてもかなり高めに設定されています。これは、「他の会計事務所であれば10時間かかる仕事を、7時間で終わらせるようにしよう」という考え方が前提になっています。

 

すなわち、時間がかかりすぎる業務を、どうやったら効率的に終わらせることができるか、と常に思考錯誤しなければいけないわけです。そのためには、資料回収の方法を工夫したり、前年前やっていた作業を踏襲せず、もっと効率的なやり方を考えたり、ツールを活用したりといった工夫が必要になります。

 

 

年末の最終出勤日の12/29は、丸一日かけて、全員で、1年間の振り返りと、来年の経営戦略について話し合いをしました。個々人の1年間の振り返りを発表してもらい、これから取り組むべき課題感などもみんなで共有しました!

 

 

また、今年初めての取り組みとして、年間表彰を実施してみました!

頑張ってくれたスタッフに、心ばかりの御礼をお渡ししました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、会議が終わった後はみんなで忘年会!

佐五郎さんのすき焼きを食べて、2次会はカラオケで盛り上がりました。

 

 

 

改めて、松本MGに花束を・・・。

 

 

 

今年はどんな年になるか・・・。

きっと良い年にできるように、皆で頑張っていきたいと思います!

 

2024年の目標、経営戦略などについてはまた改めてご報告します!

本年もよろしくお願いいたします!