おはようございますトミーです。

アメブロ声ブログ初めて行きます。

今日は本物というテーマでちょっと話します。

 

 

先日ですね、僕 Mac 使ってるんですけどパソコンの。で、充電器が根元がねじれちゃって接触がおかしくなっちゃったんですね純正の充電器が。

それでAmazon見てて、初めて互換性、その似てるような同じようなものを別のマックじゃない、Appleじゃない会社の作ってる安いやつですね。

通常純正だと8000円ぐらいで、その他のは2000円ぐらいなんで、買ってみて、それで使ってたんですね。

そして、一か月ぐらい普通に順調に充電は出来てたんですけど、なんかすごい充電器熱くて、もう、やけどレベルに熱かったんですよね。今日朝起きたらも充電できなくなってますたんですよ、一か月ぐらいで。

そう、互換性って出回ってるし、結構、なんだろう、、、パソコンのインクとかも結構あると思うんだけどなんか

 

 

本物と似せて、外側の衣を作って売りだして、最初は結果出るような、短期に結果が出るような感じがするんだけど

結果的に長期的には、何の役にも立ちませんてことですね。


いま本当に時代の変化で、おそらく、まあ、何を持って本物かっていうのは人それぞれ定義が違うと思うんだけど


僕は純粋に美しく自分のまんま、

自分のありのままで生きていく、そしてその自分自身を追求していく人間が本物だと思ってんだけど、

こういう製品もそうでしよね。まあどっかのアジアの大国もそうだけど本物に似せて作って結果が出るんだけど長期的に続かない、持続可能性がないっていうとこですよね。

僕らの、例えば個人的なビジネスもそうだし、個人だけじゃなくて大きな会社もそうかもしんないけど、本物を問われる

 

 


本物しか残らない時代は、だいぶ前から囁かれてるけど、いよいよもう形になってきてるなと。

でもこんなの互換性、だって、純正8000円で何年も持つのに、1〜2年とか全然持つのに、2000円で1ヶ月しかもたなかったらめちゃくちゃコストアップですよね。

そうコスト掛かりまくりですよね。

同じようにサポートサービスとかなんか個人で売ってる人とか、

何か自分で商品売って人たちもその本素敵なとこを見定めちゃうと信用が失っちゃって信頼に繋がらないっていう感じですよねそうなので

何かを自分誰かに何かを提供する時そして自分でした何か受ける時はこれが本当に自分のため、そしてその人ためになるかってのはしっかりと1回自分の胸に聞いて、進んでいくのがいいんじゃないかなと思いました。

というわけで最高の1日を日常過ごしてください。