側弯症と前向きに付き合うのためのブログ

側弯症と前向きに付き合うのためのブログ

ピラティス指導者 杉山陽子のブログです。

「側弯症を個性として活かし幸せに生きる」人を

増やすために

脊柱側弯症の為のピラティスを

伝える活動をしています。

 

杉山陽子です。

 

ご興味を持っていただき、ありがとうございますニコニコ

 

 


私の運営するスタジオでは、側弯症を持つ成長期の方

(主に小学5年〜大学生)

が同じ時間に集まって側弯症の為のピラティスを実践する

「スチューデントクラス」を展開しています。

 

 

元々は側弯症の為の全てのレッスンは

パーソナルで行っていました。

 

 

成長期のお子さまのレッスンを行うにつれて

とりわけこの年代の方たちは

レッスンの頻度がとても大切だと感じるようになりました。

 

 

なぜなら、今まさに側弯症が進行中である

成長期のお子さまは

身長の伸びや、部活・学校行事や環境などによって、

日々身体の使い方に

影響が出ることを目の当たりにしたからです。

 

 

ですが、パーソナルで毎週となると

費用もかかります。

 

 

そこで、6年前、費用負担などを軽くして

頻度を増やせる提案として

指導者1人に対して

3〜5名が集まってできるクラスを設定しました。

 

 

 

これが「スチューデントクラス」のスタートです。

                    

 

 

もちろん、側弯の形状は個々によって違いますので

必要なアプローチおよび

動きのメニューは個人別に

私が監修して作成しています。

 

 

頻度確保の目的でスタートしたクラスですが

いざ皆さんが自立的にエクササイズに取り組みはじめると

当時予想していなかった、

新しい効果もたくさん出始めました。

 

 

             「自分の身体を自分で観察するようになった」

 

「学校でも自分で歪みをコントロールして過ごすようになった」

 

「同じ境遇の人がいることで安心します」

 

 

 

 そう、自立が芽生えてきたんです!

 

 

 

 

こうしてこのクラスは、

皆さんが側弯症とともに長い人生を送るにあたって

 

 

側弯症を自身の個性として受け入れ

 

自身の身体の特徴を理解し

 

大人になっても自分で身体を管理・メンテナンスできる知識を身につける

 

 

 

といった「自立」

をめざすクラスとして成長しております。


 

現在の受講中の皆さんは本当に前向きで、

楽しく自分の身体に興味を持っています。

 

そして、

希望の将来に向かってキラキラした眩しさを感じます。

 

私自身が、成長期にもっと色々やっておきたかったことを

皆さんには思う存分に経験して欲しいな✨

 

 

そんな願望をこのクラスに込めて一緒に過ごしています。

 

 

 

 

 

このような方におすすめです

✔︎側弯症と診断され、落ち込んでいる

✔︎経過観察やコルセット治療に加え、自分でも何か前向きに動きたい

✔︎少しでも痛みや違和感を改善したい

✔︎まだ身長が伸びているから、更に進行するのが不安

✔︎引け目に感じずに、側弯症と前向きに付き合いたい

✔︎側弯症だから...と夢を諦めたくない!

 

このような想いをお持ちの

成長期の方(小学5年生〜大学生が目安)が対象となります。

 

このクラスで得られること

目的▶︎週一回の頻度で、効果的に身体を動かしバランスを整える

   「自分の側弯症とともに「生きる力」を身につける」

    

 

✔︎側弯症に対して正しい知識を得られる

✔︎世の中に溢れている情報に振り回されなくなる

✔︎将来、自分でメンテナンスできるようになる

✔︎痛みや違和感の改善を自分で行えるようになる

✔︎側弯症だから...と諦めずに、前向きに人生を歩んでいける

 

 

 

スチューデントクラスとは・・・

側弯症を持つ成長期の方(主に小学5年〜大学生)

が同じ時間に集まって

側弯症の為のピラティスを実践するクラスです。

 

杉山が監修して、

その方のためにオリジナルで作ったピラティスメニューで動きます

 

ピラティスの動きはもちろん、マシンの使い方なども覚え

ご自身で扱えるようになっていただき

『自分で、側弯と向き合えるようになる!』ことを目的としています。

 

そのため、本クラスにご参加いただく前に

パーソナルセッションを受けていただきます。

 

 

自分でメンテナンスできるようになるから側弯と前向きに付き合えるようになる♪

 

 

 

Q.各自、別々のメニューで時間内に動いていくということですよね。

子供だけでちゃんと動けるか、不安です。

 

A.先生が動きのサポートも、マシンの扱いもサポートします。

ご安心ください^^

 

レッスン中、どうしても側弯症ならではの代償動作が出てしまうこともあります。

その場合も、担当の先生がフォローしますので

”間違えたまま動き続ける”こともありません。

 

 

Q.ピラティスマシンが難しそうですが大丈夫ですか?

 

A.いきなりこのクラスに飛び込むわけではありません^^

 

このような流れで受けていただきます。

 

① パーソナルの体験レッスンを受けて、お身体の状況を見せていただき色々ご提案いたします。

(料金:税込6,000円)

 

② スタートします!となったらまず、動きのメニューを決めるためのパーソナルを受けていただきます。(最低3回が目安)

尚、必要な回数には個人差がありますので、3回以上受けていただく場合もございます。

(料金:1セッションあたり 税込¥8,000円)

 

この②の時間の中で、マシンの使い方などもきちんと説明してから、

ご自身で扱えるようになっていただきます。

 

今までの生徒さんたちも、皆さん出来る様になっていますよ♪

ご安心くださいね^^

 

 

 

Q.参加できる条件などは、ありますか?

 

A.側弯症発覚後、整形外科での経過観察をしている等

医師から運動の許可が出ている方のみ受講可能です。
 
 
 

Q.在籍クラスに参加できない日は振替できますか?

 

A.現在スチューデントは3クラスございます。

(月)18:00〜19:00

(土)18:00〜19:00/19:00〜20:00

 

このいずれかのクラスに在籍していただきますが、

もし、お休みされる場合には他のクラスに振替が可能です。

 

 

Q.テスト期間中は振替も難しそうなのですが、、、

 

A.皆さん、学生さんですので

そのようなお悩みにも対応しております^^

 

基本的には月4回のお月謝制となっております。

(税込13,200円)

 

前もって休まなければいけない週が決まっている場合、

その月は3回の日割のお月謝も選べます。

その場合のお月謝は、税込9,900円です。

 

 

 

Q.兵庫県西宮市のスタジオまで通えません。

 

A.そのような方には、オンラインコースがおすすめです。

(※2022年7月末 スタート予定)

 

側弯症のためのピラティスの動画配信コースです。

 

こちらは、10年以上かけてクライアントさまに提供してきた中で

効果のあったアプローチを体系化して

ご家族がお手伝いしながら

自分で実践できるようにまとめたものになる予定です。

 

 

エクササイズツールなどもご自宅にお届けしますので

お家で動画を見ながら取り組んでいただけます♪

 

オンラインコースをご希望の方は、開講まで今しばらくお待ちください。

こちらのブログで、お知らせいたしますね^^

 

 

詳細

●開催スタジオ

兵庫県西宮市 Movement Plus

地図はこちら

 

 

●定員

各クラス4名

 

 

●残席

(月)18:00〜19:00 残3

(土)18:00〜19:00 残1

(土)19:00〜20:00 満席

 

 

●クラスを受けるまでの流れ

 

① まずはパーソナルの体験レッスンにて、お身体の状況を見せていただき色々ご提案いたします。

(料金: 税込6,000円

 

② 動きのメニューを決めるためのパーソナルを受けていただきます。(最低3回が目安)

尚、必要な回数には個人差がありますので、3回以上受けていただく場合もございます。

(料金:1セッションあたり 税込8,000円

 

③スチューデントクラスに合流していただきます♪

 

 

 

●スチューデントクラス料金

基本 月4回(週1回) 税込13,200円

 

※テスト期間など、前もっての申請で、月3回へ変更も可能

(その場合は月3回の日割のお月謝 税込9,900円

 

 

 

クライアント様の声

 

 

    

ピラティスに出会う前は

病院に行っても手術やコルセットの話ばかりで

知り合いの人で私と同じ病気の人が

いなかったので

これからどうなるのか不安でした。

 

小学6年生からピラティスに通い始めました。

 

ピラティスに通ってからは

自分と同じ状況に置かれている人がいるのだと

少し安心することができました。

 

毎週その日の体の状態を見て

アドバイスしてくださり、

日常生活でも意識することができるので、

前向きに側湾症と向き合うことが

できるようになりました。

 

 

 

 

【こちらはお母様】

    

 

娘が側弯症と診断を受け、

病院での治療はコルセットを着ける、

進行すれば手術。

どこまで進行するかも分からない。

不安しかありませんでした。

 

そんな時、ピラティスが側弯症に良いと聞き。

ステューデントクラスに

行かせてもらう事になり、

病院の先生以外に

側弯症の事を分かってもらえる先生、

娘も同じ側弯症の子たちと

一緒にレッスン出来る事で、

私も前向きに考えれるようになりました。

 

小学校6年生から来させて頂き

5年になります。

 

やはり側弯の度数は上がりましたが

見た目は側弯症と

分からないぐらいになりました。

 

そして手術する事も無く

今はコルセットも取る事ができました。

 

今をキープするためにも、

これからもピラティスを

続けて欲しいと思います。

 

 

 

 

 

講師紹介

杉山陽子(すぎやま ようこ)
 

・ピラティス・スタジオMovement Plus代表

 

▶︎詳細プロフィールはこちら


 

確認事項

側弯症発覚後、整形外科での経過観察をしていて、
医師から運動の許可が出ている方のみ受講可能です。
 
・本コースは、治療を目的とした医療行為ではございません。
・コース受講途中における、トラブルに関しまして責任を負い兼ねます。
 
 

お申し込みやお問い合わせ

杉山の運営するMovement Plusでの開催となりますので、スタジオサイト内
お問い合わせ・お申し込みフォームより承ります。
 
 
 
 

 

 

側弯症のお子様を持つお母様より

お子様の部活などを考えた時に  

  

 

やっぱり片方だけ使うような競技は避けた方がいいですよね??

 

 

このようなご相談はとてもよく受けます。  

 

 

 

 

  

そこでまず私は、日本側弯症学会が紹介している研究の中で

そのような要素は側弯症の進行に関連性はないことがわかった

という発表されていることをお伝えしています。  

 

 

 

こちらです

 

 

 

 

  

その上での私の考え方ですが、 

 

​中学高校という
青春まっさかりのこの時期は

「本人のやりたいこと・好きなこと」を思う存分やって欲しい!!と願っています。  

  

サムネイル

 

  

  

これは私自身の経験から来ているのですが、  

  

小学生当時、私はバトミントンがすごく好きで

中学に上がってもラケット競技をしたくって

テニス部に入りたいと希望していました。  

  

ですが

 

私の時代はそれは好ましくないとされていて

左右対象に全身を使う運動ならしても良いよと

整形外科で指示されていました。  

  

 

 

結果陸上部に入るのですが

そもそも走るのが好きではなく楽しくないし

すぐに足が痛くなって辛くなってしまい

1ヶ月も続かず辞めてしまいました。  

 

  

その後、好きなことができないのを側弯症のせいにしながら

結構暗い中学生活を送っていました。  

  

 

  

  

今、スタジオには

側弯を持つ複数の中高・大学生が通ってくれていますが

みなさんは自由に

部活を選び学生生活をしています。  

  

 

 

一例をご紹介すると  

  

 

バトミントン部(6年間)  

弓道部(6年間)  

ESS部(劇中のダンスも含む)  

ゴルフ部(ゴルフ推薦で大学まで進まれました)  

 

 

などです。  

  

 

 

 

自分の経験や

皆様の身体を拝見していると

 

運動要素が左右対称・非対称にかかわらず  

やはり側弯症の影響による代償動作が出ながら運動してしまうと

筋肉の使い方に偏りが出て  

隆起が大きくなったりという影響は出るなと感じています。  

  

 

 

競技そのものだけでなく

その競技の為の強化トレーニング(腹筋・背筋・スクワットなど)も同じです。  

 

 

 

  

  

  

ですので

ピラティスのレッスンの中では

みなさんには好きなことを思う存分できる為に

その方の動きが歪みを助長するような動きにならないように

練習して頂いています。  

  

 

 

 

 

  

側弯症とうまく付き合いながら運動をする上で大切なのは、

 

  

「どんな部活・種目を選ぶか」  ではなく  

「どのように動くか」  

 

 

だと思っています。  

  

 

 

  

側弯症をもつ皆様が  

  

側弯症の影響により

自分の身体の中でどんなことが起こっているか

(どこが動きすぎてる?どこが動いていない?等)を自分で理解して、  

  

そして

 

自分で自分の身体にとって良い動き方を選べるようになる。  

  

  

そんなことを大切にしています。

 

 

 

 

 

お問い合わせ

           

ご質問・お問い合わせなどがございました

下記のフォームよりお願いいたします。

 

▶︎お問い合わせはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは^^

 

 

こちらのInstagram

ピラティススタジオ「movement plus」の

アカウントです。

👉👉こちら

 

こちらのアカウント

面白いリールがたくさん上がっているのですが!

 

 

 

側弯をお持ちの方でもピラティスを継続することで

こんなに、自由自在に動けるんですよね^^

 

ピラティスの力ってすごいなぁと改めて感じました♪

 

こちらのリールです!

 

 

 

 

側弯をお持ちの方なら想像がつくと思うのですが

1番、側弯の角度がきつい凸部分を

反らしたり、伸展させる動きって難しいですよね。

 

固かったり、痛かったりして。

 

 

でも、こんなに

うす〜くなって反らすことができるんです!

 

 

 

インストラクターだからできるのではなく...

クライアント様ももちろん、同じ動きができるようになっておられます

 

 

 

 

ボコッと出っぱっている背中が

こんなに薄くなってるーおねがい

 

 

 

これだけ、動けるようになると

体も柔らかくなって、自由度が増えます^^

 

そして

痛みが出た時も

「あ、これが固くなってるのが原因かな?」と

自分で分析できます。

 

さらに

「ここを積極的に動かして、循環させようウインク」と

自分でメンテナンスできるんです♪

 

 

 

改めて、ピラティスの良さを実感しましたよ^^

 

 

 

 

お問い合わせ

           

ご質問・お問い合わせなどがございました

下記のフォームよりお願いいたします。

 

▶︎お問い合わせはこちら