学生インターンがインド駐在したらこうなった

学生インターンがインド駐在したらこうなった

こんにちは!
(株)丸八テント商会でインターンシップ中の中村です。
インドでテントを売ろう!という社長の発想のもとムンバイで活動しています。
学生インターンのインド駐在奮闘記です!ご覧ください。


テーマ:


こんにちは!

㈱丸八テント商会でインターン中の中村です!

 

今回は「味覚」について書きたいと思います!

 

 

私はインドに来てから、それはもう幾度となくお腹を壊しました。

あるときはミルクシェイクにやられ、ある時はスパイスにやられ、、、

 

インドに来たことがある方ならおわかりかもしれませんが、

多少お腹を壊すのは避けてとおれません。。

そんななかでも
私はとにかく何でも食べるようにしています。

 

(一度食べてこれはあかん、、、と思った物は避けますが)

ある時は道端で売られているさとうきびジュースを飲んだり、

ある時は畑から生ゴマをダイレクトで食べたり、、

もちろんインターンの活動に影響しないよう、
最低限の注意を払ったり、少し挑戦して外の物を食べたいときはお休みのときにしています。
 

 


↑インドのゆで卵。基本大量のコリアンダー×たまねぎ×スパイスが載せられてくる
 何を頼んでも日本と違う味で出てくるのがすごい。



じゃあなんで腹を壊す可能性があるのに、
得体のしれないインドの食べ物を食べるのか?



理由はずばり「味覚の訓練」です。


以前、インドで飲食店を経営されている方がこんな事をおっしゃっていました。
「味覚は今まで食べたもので形成されるから、インド人が味噌汁嫌がったり、日本人がインド料理合わなかったりするのも当然。」


正直私にとってインド料理は、8割方口に合いません。
「インドと相性悪いんか~~~」と落ち込んだ日々もありましたが、今はこう考えています。

インド料理は今まで食べたことがなさ過ぎて、自分の「味覚」がおいしさを感じられるレベルに到達していない。。。


正直おいしさを感じれない食事が続くと滅入りますよね、、、

というわけで私は、インドで食べたことのない食べ物を食べまくり、
自分の「味覚を訓練」し、
いろんな味でもおいしいと感じれるようになろう、としています。



今後もしグローバルに活躍するなら、幅広い「味覚」が
いつか役立つかも!!

と思いを馳せ、
今日もインド料理を食べたいと思います。




おわり



 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス