『縁側の家』建て方進行中! | 建物が出来るまで

建物が出来るまで

~建物が建つまでの工程を楽しく説明しています〜


テーマ:

こんにちは!みなさんいかがお過ごしでしょうか。

 

私、荒井は相変わらず元気です!!

 

 

 

さてさて。

 

 

 

『縁側の家』

ポイントは3つです。

 

1. 屋根と格子戸付きの広い縁側がプライバシーを守り、雨をしのぎそして防犯性を高めます。
2. 分離発注による1000万円台のローコスト住宅

3. 移動できる間仕切り、移動できる棚

 

・敷地面積:62坪
・建築面積:30坪

・床面積 :20坪+縁側10坪
・家族構成:夫婦

・建物構造:木造 平屋

 

 

 

 

 

 

前回建て方が始まりまして長い長い木組みの梁を架けたところまでいきました!

 

 

 

 

今回はその続きです!

すべての梁が完成しました。左側にある細長い柱から右の柱まで6.2mです。

長い距離を細い材料を組み合わせて構成しています。

 

 

 

 

南側からのアングル。

手前に3本柱が見えますが、これも後々取れますので広い開口になります。

天井が張られてくるともう少し綺麗に木組みが見えてきますね。

 

 

 

 

建て方にもなかなか苦戦していたようですが、何事もなく組み上がってホッとしています。

 

 

 

 

大きなブルーシートでしっかり養生をしてもらったので雨も雪も安心です!

材料が濡れたりするの嫌なんですよね。。。

 

大工さん、遅くまでおつかれさまでした!

インデコさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス