色鉛筆画家☆渡辺美香子の色鉛筆な日々

さりげないけど小さな幸せに満ちている穏やかな風景・・・を描き続けている
色鉛筆画家・渡辺美香子が、
展覧会のお知らせ、日常の出来事、色鉛筆画について・・・などをお届けします。


テーマ:

「空を見ることが多くなりました」

 

教室に来るようになった生徒さんが

よく言われる言葉です。

 

色鉛筆画の入門コース、3~4回目の授業

 

空のグラデーションの中に

雲を浮かべる課題、

 

その授業の後、

急に雲を意識するようになって

空を見上げると

 

そこには様々な雲

 

今までみえてなかったものが

見える瞬間です。

 

受講の回数を重ねるにつれ

 

木を描けば、木を観るようになり、

家を描けば、家を観るようになる・・・

 

人間、見ているようで

意識していないものは、
情報として脳にインプットされないのだとか。

 

意識することで身の回りのいろんなものが見えてきて

今まで何気なく暮らしているありふれた風景の中に

絵の題材が、お手本が、

あふれんばかりに存在していることに気付きます。

 



 

最近の私、

空が広い絵が多いです。

 

グラデーション、ひたすら無心に・・・(笑)

 

今月10月のホームページの<今月の一枚>も

空がメインの作品「雲に乗って」


8Fサイズなので結構大きい作品です。

 

渡辺美香子の世界 

 

この作品、

あるところに行けば、いつでも実物をご覧いただけます。
それについては 次の記事で・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)