1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-09-24 21:22:48

9/24 クラブ選手権予選36H

テーマ:ラウンドしました

 

36H目は445Y Par4だった ボギーとなるパットをタップインした後に全身を覆っていたのは疲労感ではなく 充足感だった

 

 

6907Y CR72.7 Slope Rate130 を2周する 歩いてやったんだから「ゴルフやった感」は満載だ

 

 

今年で11歳になるボクのクルマは先日エンジンから異音が聴こえたので 念のため奥様のVWをお借りして サスペンションのあたりも柔らかく そこそこ走るイイクルマだ

 

 

クラブ最大のお祭りだけれど どこか醒めているジブンがいた さほど緊張はしていなかった 2R 168ストローク で帰ってきたいというささやかな願望を胸にスタートした

 

 

いまにして振り返ればスタートホールが最悪のホールだった

ドライバーショットを右に滑らせ 木に張り付いて チョロして トリだ

 

 

途切れる事の無いボギーの波に襲われる 海底深くから何物かに足を引っ張られているかのようだった

 

この 9H は45 19P

インに入ってからは時折パーも現れてくれた

次の 9H は41 19P

 

 

あわただしいランチを終え またコースに向かう

「前半18Hが終わっただけだ 後半18Hはまだ何があるかわからないぞ」 気持ちだけは前向きだった 少なくとも倒れるんだったら後ろ向き 仰向けに倒れるのではなく 前につんのめって うつ伏せに倒れ込んでやろうという気概くらいはあった なんのことかよくわかんないけど

 

 

あっけないくらい なにも起こらないまま 静かにホールは過ぎていった

 

42 18P

42 18P

 

出来れば予選通過したかったけれど 無事に36H歩き通せた事に安堵しているジブンもいた

 

 

カットラインは 166ストローク ボクは4打足りない 170ストロークだった

 

36Hで4ストロークは結構な差だ きっぱりあきらめもつくし 後にも引きずらない

 

軽い寂寥感に襲われ クラブハウスまで引き返す道で眼を瞑り耳を澄ます 聴こえてくるのは はるか砂漠の彼方のコヨーテの遠吠えだけだ

 

 

「チェッ」 と舌打ちしているジブンと 「こんなところだろうと思ってたよ」 というジブンがいた

 

今はちょっと気が抜けちゃってる 来週の2nd フライト はできれば遠慮したいくらいだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-09-22 15:36:43

9/22

テーマ:Gilles and Pique

学生時代を過ごした部屋にはモネの睡蓮が貼り付けられていた

 

 

メトロポリタンかグッゲンハイムのミュージアムショップで とにかく青が基調となっているモノを求めた 何にであれあの頃は青に拘っていた

 

スタジオ ヴォイスも毎号買い求めていた

 

 

ゴダールが特集されたこの号は特にお気にいりだった

この雑誌もとうの昔に廃刊となってしまった

 

NYのギャラリーで目を見張るようなプライスタグがぶら下がっていた ウォーホール

 

 

ただのカメラ小僧だろ?と評する友人もいましたが

死んでしまったモン勝ちなのかな?

 

 

現代ポップアートの寵児だった

 

六本木の青山ブックセンター(ABC)で待ち合わせて そのまま夜遊びへというパターンをよく繰り返した

 

 

バブル華やかしき頃 東京の文化の先端を走った柴田良三氏が手がけられた雑誌 当然直ぐに廃刊となった

 

アルファベットの順番すら怪しいのに Interview もよく手にしていた

 

 

紙に印字 プリントされたものを読み 眺めるのが何よりも好きだった

 

ボクと同じくらいの活字中毒だったヤナガワはその後自殺した

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-18 17:13:28

9/18

テーマ:ラウンドしました

 

駆け足で台風が過ぎ去っていった朝

 

 

遠く薄い雲の切れ間からは何が見えるのだろう?

錆びついた観覧車が口にできなかった言葉を乗せて回っている

あの日からずっと回りつづけている

 

 

BT6907Y CR72.7 Slope Rate130

 

 

クラブ選手権予選36Hを来週に控えているっていうのに試したいことだらけだった 体の回転と腕の振りの主従関係を逆転させないようにしたかった

 

 

先輩にアドバイスを頂きながら 確認しながら グリップも診てもらった

上手くいくこともあれば そうでない事もある どちらかというと後者が多い日だった

 

 

その場で右足を踏み込む動きはぎこちなく 意識してしまうとおかしな動きになる 結果として眼も当てられないミスに遭遇する

逆に右足が伸びて 右腰が浮く あまり褒められたモノではないトップを形作ったりしていた

 

 

いくつか上手く体の回転と腕の振りがシンクロしてくれた瞬間もあった

どうしてそうなるのか?どうしてこうなるのか? さっぱりわからないままだ

 

 

ひとつ確認できたのは 腕を速く振ろうとすると必ずミスをする くらいだ

相変らず アドレスをとった瞬間に ああ イヤだな と思った時はダメだ

何が? 何故? ダメなのか上手く言えない そう感じてしまう時があるんだ

 

 

このホールで2打目に持ったのは9番アイアン 構えた瞬間 違和感を感じていたのだけれど そのまま打ってみた 見事に地球をクリーンヒットだ 周囲の視線が刺さってくる 一瞬地面が揺れた気がした

 

43 17P

41 18P

 

イイショットもダメなショットも同じ数くらい 

ジブンの実力を把握しているつもりだから この Tee Box から85以下でラウンドしたいと思っていたから 今日の結果にはそんなにめげていない

 

 

思いのほか暑くって食欲も湧かない サンドイッチを小鳥のようについばむ

 

直ぐにシャワーを浴びて クルマのアクセルを踏んづけてやろうかとも思ったけれど 悪いイメージを払しょくしたくて

 

 

ウェッジを2本持ってアプローチ

 

そしてダボの要因となったバンカーショットも

 

 

悪いイメージがさらに色濃く焼きつく

意地になって30分以上砂を掘りつづけた もう少しでブラジルまで掘るところだった

良くなる兆候はこれっぽちも見えない

 

 

思い出をたよりに暗い迷い道をすすむ 出口ではいったい何が待ち受けているのだろうか?

 

ムスメの手をそっと握る 汗ばんでいた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-16 21:14:01

9/16

テーマ:缶をプシュっとしながらページをめくりまし

 

夏がゆっくりとその終焉を迎えつつある

何週間ものあいだ猛威をふるっていた暑さはすっかり薄れ 涼しげな空気がやってきた

クルマの外気温計は23度を表示していた

 

 

先日の御殿場でのストレスの溜まるゴルフの内容をどうにかしたくて

ここという場面で イヤな予感 がアタマをよぎっていった

ここという場面で シャンク に遭遇する

 

グリップからおかしくなっていた

左手で作るV字と右手で作るV字が同じ方向を向くように

そこからやり直しだ

 

 

 

「熊と踊れ」 が衝撃的だった方のデビュー作

 

 

社会派サスペンスとでも評するのでしょうか?

全世界で500万部を超える人気作

ボクは正直さほど引きずり込まれなかった

 

 

 

この人のエッセイは面白い

 

 

この人の作風を嫌う方には軽蔑されそうだけれど こういう肩の凝らない文章も時折欲する

 

 

今月末はクラブ選手権予選36Hが控えている 気づけばもう来週だ

 

 

今頃 グリップをいじり始めて間に合うのだろうか?

 

不安は募るばかりだ

 

まあ いい 所詮 たかがゴルフだ

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-09-14 20:13:07

9/14 太平洋クラブ御殿場コース

テーマ:ラウンドしました

 

50を過ぎてからというモノ友人らも平日にお休みを取ることが多くなった

今日もそういう一日

 

商社勤めの友人が どこを押してどこを引いたのか知らないけれど メンバーフィーでラウンドできるチケットを入手してきた

 

 

休日は¥45000にもなろうかという強気のプライスタグを掲げる

 

太平洋クラブ御殿場コース BT6869Y CR72.1

 

 

このコースにお邪魔するのは2度目だけれど たしかにそれなりにイイコースだとは思うけれど 日本を代表するコースとかの看板を聞かされると疑問に感じる点は大いにある

 

 

今日はボールと体の距離感がつかめないまま一日を過ごしてしまった

アイアンではシャンクはでるは ウッド系のクラブでもヒールにばかり当ててしまった

 

 

気付いたのは帰りのクルマの中で反省をしている時だ ラウンド中は 「なぜなんだろう?」とさっぱりわからなかった

 

 

秋に行われるトーナメントを過剰に売りにしている感がちょっと鼻にツク

 

お昼ゴハンも強気な値段設定 たかがお蕎麦で¥1900だ

 

 

あまり空腹感は感じていなかったので簡単なサンドイッチとかを望んでいたんだけれどメニューにはなく ¥5500のステーキセットなんてモノがあった ラウンド中のあわただしいランチタイムに誰が食べるのだろう? 

 

 

格安の割引券でお邪魔させといて頂いて文句を言う筋合いはないけれど 詰め込み過ぎだ 毎ホール 毎ショット待たされるともう帰りたくなる だって9Hで3時間かかるんだぜ

 

 

友人らとのラウンドは楽しいモノだった 普段のホームコースの痺れるようなラウンドとは一味違う

 

誰かが池にボールを落としてはみんなして大声で笑う

 

 

ボクがシャンクを打った際もみんなに 「いいぞ イイ感じだぞ」 とはやし立てられる

 

43 19P

43 20P

 

とりたてて特筆することの無い 御殿場くんだりまでくればそれなりのコースレイアウトは描けるだろ としか感想を持つことができない 通常の高額なプレーフィーには疑問を抱かざるを得ない ただこれでやっているんだからこれはこれでいいんだろう お客さんもたくさん入っているみたいだし

 

廣野も軽井沢もそれなりの金額にはなるけれど 全ての点において満足度は比べ物にならない

 

 

フレンチトーストは特筆モノの美味しさだった トーストもカリッとしていてふんわりと柔らかい

 

 

駐車場にはエンジンがピカピカに磨かれた HONDA NSX

 

 

何もできないまま一日が終わってしまった

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2017-09-12 21:21:39

9/12

テーマ:缶をプシュっとしながらページをめくりまし

 

下手なくせに競技ゴルフが好きで これまでに参加したことのある競技は 関東アマ 関東ミッドアマ スポニチ社会人ゴルフ 日刊アマ GDOアマ

様々な競技で同組でご一緒して頂いた方々を思い起こして ボクより曲がる人はいてもボクより飛ばない人はいなかった

 

ボクのスイングはどこか間違っているのだろうと思う

 

どうにかしたいという気持ちは人並みにあったりする

 

 

気温はさほどではないけれど湿度にヤラレタ

 

ジブンの体がジブンの意のままに動かない事にあきれ果てる

 

心底イヤになる

 

 

 

 

日本人の作家さんではかなりお気に入り

 

 

悪い奴らが悪いことをしながら あがきながらも堕ちていく こういうお話が好き

 

 

ローレンス ブロックさんの「殺し屋ケラー」シリーズの連作モノ

 

 

拳銃を撃った経験は2度あるけれど それに魅了されるのは 「いともたやすくヒトの命を自由にできるから」

 

 

そのデビュー作には作家の全てが著わされているというけれど

 

 

ムスメがこの本を手に取っている姿を目撃したら複雑な心境になると思う

 

 

同時代では体験していないけれど 日活のその昔の無国籍映画を思い起こさせる

 

 

言葉が刺さってくる 研ぎ澄まされたナイフのように

 

 

この人の作風にはまり全著作を読破してしまった

 

 

非常に優れたクライム ノワール

 

 

シャワーを浴びながら 「なぜ今日のレンシュウ場ではあんなにテンパってしまったのだろう?」 と反省する

 

 

こうして秋は深まっていく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-10 18:22:47

9/10

テーマ:ラウンドしました

 

途中から何かおかしいなと感じ始めていた

湯田中から志賀高原に向かう夜行スキーバスに乗っていたのだけれど 勾配が急すぎる いくらなんでもこんな急坂は登れない 案の定バスの後輪は空転を始める それだけならまだしもズルズルと坂を滑り落ち始めている 振り向くと100m以上下方に川が流れている 今は夜だ おかしいぞ こんなにはっきり景色が観えるはずはない

 

これは夢だと認識したと同時に目が覚めた

 

時計の針は午前2時を回ったところだった

 

何度か寝返りをうった後 諦めてコーヒーを淹れにベッドから下りる

 

 

こういう朝はもう少しサスペンションのアタリが柔らかい もう少しイージーなクルマに取り換えたくなる

ぼんやりとしたアタマでハンドルを握る ニルバーナとかクラプトンとかは聴く気になれなくって Everything But the Girl から I don't want to talk about it とかのミディアムナンバーを選ぶ

 

 

身分不相応な Hdcp を頂いているので 今日のアンダーハンディのゲームは参加するだけだ 試合の気分を味わいたかった

 

普段ご一緒することの無い方々と ニギル事も無く 寡黙に1打1打に集中するってやつ

 

 

試そうと思っていることがある

 

ドライビングレンジでは時々できる 何の気負いも無い遊びのラウンドでは何かの気紛れのように時折出現する

ちょっとだけ緊張感のある今日のラウンドでは全くできなかった

 

 

イメージする体の動きが具現化してくれない

永年慣れ親しんだ悪癖だ そう簡単に変わるとも思っていない

 

 

それでも前半9Hの結果はさほど悪くはなかった

 

38 17P

 

稚拙な願望をボールがトレースしてくれたこともあった

 

 

後半9Hの最初のホールで 「ああ なんかイヤだな」 と感じるモノがあり そこからトリ ダボ ダボ だ

あっけなく崩れ落ちていくオレ どこか遠くでそれを不敵な笑みを浮かべながら眺めているオレ 「だろう? そうなるんだろうと思ってたよ」

 

45 18P

 

おそらく今年最後の夏日だろう 汗をぬぐいながらメマイを感じる

 

 

美味しくも無ければまずくも無い天せいろ

機械的に喉に流し込む

 

「何がいけないのだろう?」 アタマの中ではその問いが渦を巻いている

 

 

最近のロータスはガンダムのプラモデルみたいだ 

昔 ロータス エスプリに「悪魔に魂を売ってでも」乗りたいと思ったことを思い出す

 

Chris Rea の On the Beach が流れるクルマの中

「何故 先日出来たと思った体の動きが今日は全くできなかったのだろう?」

 

ジブンが歯がゆい ゴルフの後によく沸き起こる感情だ

 

 

睡眠不足のせいもあり 帰宅後 一瞬だけれど気を失う 堕ちる瞬間がわかった 死ぬ瞬間もこうなのだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2017-09-05 17:32:18

9/5 セべ バレステロスGC

テーマ:ラウンドしました

緯度の高い地方の夏のような気候だった どんよりした曇り空の少し肌寒い夏の一日

 

 

学生時代の友人らにお声を掛けて頂き

 

セべ バレステロスGC BT6914Y CR73.2

 

 

このコースは とにかく気持ちよくクラブを振らせてくれることの無いコース

 

 

左右にOBゾーンやハザードが待ち構えていて 普通にボールが2‐3個は無くなる

 

「水に堕ちた犬は棒で叩いてトドメを刺す」という思想が貫かれている 関東有数の数字の出ないコース

 

 

劇場型のバンカーやボールを回収するために造られた池に囲まれ FWにも平らなトコロは少なく 「どういうアドレスの姿勢をとればいいのだろうか?」 と悩ませられる

 

 

とてもイヤなコースだけれど ボクはキライではない

パーでしのげた時の充足感を強く感じられる

 

ダボとかに連続で見舞われても次第にマゾヒスティックな悦びを感じ始めたりするから不思議だ

 

 

グリーンの状態やコースのコンディション全般が以前に訪れた時よりも改良されている

 

一息つく間が無く 身体もアタマも非常に疲れさせられる

 

 

精神科医の友人は 「このコースでゴルフを続けると ゴルフがキライになりそうな気がする」

 

商社勤めの友人は 「オレはこのドライビングレンジとコースに通い続けて いつかこのコースで70台でラウンドできるようになりたい」

 

 

ボクは友人らと気の置けないおしゃべりを楽しみ 笑いあいながら時折訪ねられたらそれで充分

 

 

43 18P

42 20P

 

このコースでこの数字を嘆くほどボクは上級者じゃない どちらかというと上手くいった方だ

 

 

先日から取り組んでいる ジブンにとっては新しいスイングが 時折だけれどイイ結果に現れてくれてうれしかった

 

 

キチンと自身のクラブのキャリーを把握され それなりの確率で狙った方向にボールを運べる方にとっては楽しいゲームを味わえるトコロ

 

 

それにしても乗用カートって楽チンだ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-09-03 18:07:39

9/3

テーマ:ラウンドしました

夏はある日突然にやって来るけれど 秋は徐々に その足音はそっと遠くから響いてくる

 

 

先日 鷹之台CCのクラブチャンピオンの座に輝く事3度の先輩から ご指摘いただいた事を試そうと思いました 何があっても貫こうと強い意志を持って

 

 

こういう空の色を何色と表現したらいいのだろう? と言いたくなるくらい美しい青空 秋が始まりかけている

 

吹き抜ける風は北からのモノで ゴルフをする全ての日にコピーしてペーストしたくなるくらいだ

 

 

上手くいってくれたホールとそうでないホールの差が激しい一日

上手くいってくれたのは12ホール そうでないホールはダボからダブルパーまで

 

 

その場で右足を踏み込むようにテークバックし 左足を踏み込むように切り返す

 

文字にすると簡単な事ですが 不器用なボクには中々できません

 

 

数字に拘らず 頂いたアドバイスのみに拘り

 

44 17P

44 19P 

 

不安がそうさせるのか?欲がそうさせるのか?わからないけれど ぎこちのない動きから眼も当てられないミスに遭遇する

 

 

今日はイイんだ 数字に拘りたかった先日の京葉CCや軽井沢GCでのラウンドは それぞれ 75 と 79 だったから

 

とにかく試してみたかった どうなるのか?

 

 

バンカーショットも試したかったことの一つだ

やっぱりボクはフェースを開いて それなりの力加減で振り抜く方が結果はイイみたい

 

 

405Y Par4 2nd で美しいインパクト音を残し 理想的な軌跡をボールは描いた

 

「この一瞬」 のためにボクは今日一日ボールを追いかけまわした

 

 

ローストビーフとツナのサンドイッチ これくらいしか食べたいと思わせるメニューがなかった

 

駐車場には先輩の レクサス LC

 

 

海外の翻訳小説とかを読むと レクサス が完全に富裕層の乗る車として描かれている場面にまま遭遇する

 

ボクは レクサス には割高感を感じてしまう 2/3くらいのプライスタグがお似合いだと思うんだけれど

 

ボクは今年で11歳になる「ちょっと古いクルマ」を Amy Winehouse の You Know I'm No Good を流しながら

 

 

 

 

 

 

 

ジルが元気ない なんだかヨタヨタしてるし

 

 

じっと寝入っている姿を観ると 時折ドキッとして 「生きてるんだよな?」 とさすってしまう時がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2017-08-30 21:50:07

8/30 軽井沢GC

テーマ:ラウンドしました

ボクが知りうる狭い範囲の知識の中では最上等のプライベートクラブ

 

 

選ばれた450名が 4月の終わりから10月の終わりまでの短くも美しい時季を楽しまれる

 

 

片道150Kmのドライブは 911 だとサスペンションが固くて疲れさせられるので 奥様のVW All Trackをお借りして

 

 

夏の間は軽井沢住人となるホームコースの先輩と 鷹之台CCのクラブチャンピオンのご指導を賜ってきました

 

 

ドライビングレンジも秀逸 芝の上から250Y先まで視界が開けてる

練習終了後はスタッフがクラブを洗ってくれる

 

 

半年間寝かすし 来場者も限られる事から 当たり前っちゃ当たり前なんだけれど コンディションはホントに素晴らしい

 

 

高原の空気はどこまでも涼しく 下界の煩わしい事柄を忘れさせてくれる別世界

 

 

「今年は雨が多かったからグリーンが仕上がらなかったけれど 先週の終わりくらいから ようやくいつもの軽井沢に戻った」

 

イイ時季にお声を掛けて頂きました

 

 

8月しか存在しない 黒リスマークのBT

 

グリーンは11フィートを超す 軽くイップスになりそうなベルベットのような仕上がり

 

 

ラフがとても密集していてペナルティ感が強いので FWにボールを運ぶことだけを心がけました

 

てか ボクは飛ばないからそれくらいしかできないの

 

 

Par3 のホールは122Yから214Yまで Par5 のホールは480Yから596Yまで

14本の全てのクラブの技量を問う アマチュアにとって理想となるコース

 

 

クラブハウスサンドイッチをビールと共に

 

「ジルちゃん 下半身がつかえてないね 上半身だけでスイングしちゃってる あれじゃ右にも左にも飛んでっちゃうし 飛距離も望めないよ」

 

ピクルスと一緒に頂いたアドバイスを噛みしめる

 

 

軽井沢GC BT6726Y CR72.5 Slope Rate132

 

 

41 18P

38 16P

 

 

「上半身の力を抜いて 下半身でボールを運ぶように そうすればもう少しボールが飛ぶよ」

 

 

ボクの20Y先にボールを運ばれる先輩の背中を追い続けた一日でした

 

 

わがままをいって プリンとオレンジゼリーの両方を堪能しちゃいました

 

何か罪の意識を感じてしまうくらい素敵な一日でした

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。