大空のゆめ

大空のゆめ

空が大好き。
飛行機も大好き。
舞台も大好き。
好奇心いっぱいで
夢が広がる。

神戸演劇鑑賞会の10月例会です。
土居裕子さん主演ということで、それだけで観たくなりますね。

ポスターはカラー版ですが、プログラムは白黒版でした。


オープニングからの舞台装置の展開が素晴らしいです。
曲面の飾りをキャストが運んで、一部屋の壁にします。
舞台に曲線のレールが仕込んであって、それに沿って動かしますから、動きがとてもきれいでした。
舞台装置の展開に合わせて、キャストの歌唱があります。
アンサンブルキャストは、積極的なPAは使っていないようで、生声がそれぞれのキャストから聞こえてきますから、すごく自然です。男声のバリトンから、女性のソプラノまで、バランスよく混声されていました。
歌の専門でないキャストもいるのにとてもきれいな歌声でした。

土居さんのお芝居が、元々演劇は専門でないにもかかわらず、とても可愛らしいし、辛いときは辛そうで、いじらしかったです。もちろん歌は100パーセント。一方でダンスシーンはちょっとつらかったですね。
ダンスシーンは、イッツフォーリーズの宮田佳奈さんがキレッキレのダンスをしていました。

その他の出演者も芸達者ですね。
芝居をきちんとしています。
大場泰正さん終盤の怒り狂う場面、怖いくらいです。ただし、一般的にある大声のみで、どなりまくるのではなく、音量よりも、場の迫力でしたね。この迫力の演技があって、最後の場面の口論というか、言い合いが現実味を帯びます。
この古典的作品、実は、まるで本を読んだこともなく、舞台も観たことがなかったので、結末がどうなるか知らなかったのです。実はハッピーエンドになるのかななどと想像しながら見ていたのですが、あっさりと訣別での終了だったです。

畠中洋さん、悪役でしたね。いい性格の人が悪役をすると言うのが俳優さんのいいところですね。
でも実は、主役の大場さん演じるヘルメルの方が仕事で成功していても、性格は悪役なのかもしれないです。

音楽劇というカテゴリーで、重要な場面を歌で盛り上げるというのではなく、それぞれの場面にそれに応じた音楽と歌を織り込むという造り方。不安なときには、不協和音の音楽で、観ている方も不安になってくるほどすごい音楽です。

音楽は入っているけど、中身はストレートプレイの要素がすごく勝っていますね。

だから、演鑑の演目のセレクターにも気に入られるんでしょうね。

来月は、劇団チョコレートケーキの「あの記憶の記録」これも見たい作品です。
ただし、チョコレートケーキさんの作品では、今上演中の「治天の君」が以前観てとても印象的な作品です。