宇宙図書館のアクセスコード〜ケアンズで過ごす意味 | 生命の樹を使いこなして♪大好き、嬉しい、ほっとする♪

生命の樹を使いこなして♪大好き、嬉しい、ほっとする♪

【生命の樹】とは、アダムとイブの時代から受け継がれた
カバラの奥義を秘めた図形です。
この図形を使った3週間のステップは、あなたを
受け取り上手に変身させて、今よりもっと豊かにします♪

みなさん、こんばんはすまいる

毎年5月3日は、特に大切な時間を過ごすことを意識しています。

今年は、洋子さんハートと一緒に過ごしました。

洋子さんハートは、生命の樹が発展する大きな鍵となった方です。


2013年、カフェtoneのオーナーだった洋子さんは、『世界を変える小さなカフェ』という目的意識を分かち合ってくれました。



その意識は、今でも変わらず生命の樹の活動を支える火となっています。

スターゲート#15の日




札幌市を一望できるJRタワーにて、洋子さんと深い分かち合いをしてきました。


画像出典

洋子さんのおかげで最高レベルの宇宙意識の方と交流させて頂いてきて、理解したことがあります。

それは、『人はどんな人に会うかで人生が大きく変わる』ということです。

重要な出会いは自らつくるものではなく、授かるものだと思います。

思ってもみなかった高次の流れへ進む時、そこには重要な出会い、機会があります。

人、物、事、としてやって来る次の流れに乗れますように。

それが来たら、気づいて選択できますように。

『高い波動に身を置けば、自分の使命の流れ』へとあっという間に運ばれるのです。

月のリズム

この日は、ケアンズで過ごす意味について声なき声を受け取りました。
=================
古き魂たちが保持している生命の書が開かれる。

語り手たちが伝えてきた星の記憶、叡智の伝え。

月のリズムに刻まれた純粋で重厚で古いもの。

螺旋が廻りて重なりて、因果の果実が実る時、

その対応が試される。

宇宙図書館のアクセスコードを受け取りて、

語り手たちは、金の回廊から抜け出す小径を見つけ出す。

緑の灯りに照らされて、

語り手たちは、曇りなき世界が観える第4の目が開かれる。
==================
生命の樹

こちらのサイトによると、
ケアンズの世界最古の森は、一億年以上もほとんど環境が変っていない奇跡の森。

気の遠くなるような世代交代を経た現在の姿は、恐竜がいた頃の森の姿とそれほど変わっていないということです。

世界最古の奇跡の森
聖地ローラの古代の壁画
グレートバリアリーフ

グレートマザーのフォースの中で、内なる生命の樹を体験してまいりましょう。
お問い合わせ&お申し込みフォーム

第4の目は、『お天道さまは見てるから』の目です。
その曇りなき眼は、世界をクリアに観ています。

どうぞよろしくお願いいたします!





生命の樹研究家 小西温子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります