「ECRS」って聞いたことありますか? 

 

難しい言葉に聞こえるかもしれませんが、実は業務改善の強い味方です

 

簡単に言うと、ECRSは、ムダをなくして、仕事をもっとラクにするための4つのステップのこと。

 

この4つのステップを順番に見ていくことで、誰でも簡単に業務改善に取り組めます。

 

ステップ1:Eliminate(排除)

まずは、本当に必要な仕事なのかを考えます。

  • なんとなくやってるけど、目的がわからない仕事
  • 昔は必要だったけど、今はもう必要ない仕事
  • 形だけになっている仕事

こんな仕事はありませんか?思い切ってやめてしまいましょう!

 

ステップ2:Combine(結合)

次に、似たような仕事をまとめてみましょう。

  • 同じような作業を、複数の部署でバラバラにやっていないか
  • 1つの仕事を、細かく分けすぎていないか

まとめることで、時間や手間を大幅に減らせるかもしれません。

 

ステップ3:Rearrange(交換)

次は、仕事の順番ややり方を変えてみましょう。

  • 今は手作業でやっているけど、システムで自動化できる仕事はないか
  • 仕事の順番を入れ替えると、もっとスムーズにできることはないか
  • 別の人に担当を変えると、もっとうまくいくことはないか

ちょっとした工夫で、効率がいっきにアップするかも

 

ステップ4:Simplify(簡素化)

最後に、もっと簡単にできないかを考えます。

  • 書類の書き方やフォーマットを統一する
  • 便利ツールを導入して、作業をラクにする
  • 入力する項目を減らす

誰でも簡単にできるように、シンプルにすることがポイントです。

 

ECRSを使うときの注意点

  • 目標を決めよう! 具体的に、何をどう改善したいのかをハッキリさせましょう。
  • みんなで協力しよう! 1人だけでやろうとせず、関係する人たちと相談しながら進めましょう。
  • 焦らずじっくり進めよう! 効果が出るまでには時間がかかることもあるので、気長に取り組みましょう。
  • 周りの人の気持ちも考えよう! 特に、ベテランの先輩社員は、新しいやり方に戸惑うかもしれません。丁寧に説明して、理解してもらいましょう。

ECRSは、どんな仕事にも使える便利な方法です。

 

ぜひ、あなたの職場でも試してみてくださいね!