組織学習経営コンサルタント池本克之のブログ「今日も絶好調!」

組織学習経営コンサルタント池本克之のブログ「今日も絶好調!」

ドクター・シーラボとネットプライスの2社を上場させた池本克之がビジネス哲学やライフスタイルを発信するブログです。

自分ではコントロールできないことがある。
災害、天気、流行りの病気、
運が良いこと、悪いこと。

例えば、明日は遠足だというのに
天気予報は雨。
雨よ降らないでくれと願っても
降るものは降る。

よく雨が降るとテンションが下がる。
雨に濡れるのが嫌だから予定をやめた。
雨だと会社にいくのも憂鬱。
という人がいる。

私からすれば、「なんでそうなるの?」だ。

自分ではコントロールできないものに
心を乱されてはいけない。
大げさに言えば人生を左右されてしまう。

コントロールできるのは
自分の気持ちだ。
誰からも邪魔されずに決められる。

雨の中の遠足は
「思い出に残っていい」
という捉え方もある。

目の前のコントロールできない出来事に
どんな意味を加えるか?
どう解釈するか?

それは自分次第だ。


世界と比べると100年以上続いている企業が
日本には約15,000社あり、2位のドイツは約1,000社だ。
そして、創業200年以上の企業のうち56%が日本だ。


その多くがファミリービジネスつまり同族経営
であることも特徴だろう。


先日、星野リゾートの星野社長の講演を聞いた。


コロナ禍で旅行、ホテル業界は大打撃を受けたが、
GoToキャンペーンの効果は絶大で、
星のやも稼働が急回復しているそうだ。


星野社長は、星野リゾートを飛躍させたことで
知られるが、実はファミリービジネスの研究を
ライフワークにされている。


海外にはファミリービジネスを学問として、
アメリカのハーバードビジネススクールを始め、
複数の教育機関があるという。


スタンフォード大学ビジネススクール、
スイスのIMD、
フランスにはINSEAD、などだ。


そこでは、企業を次世代に引き渡すための
課題や軋轢を解決し、かつ伝統を守り、
永続的に発展するための教育が行われている。


星野社長は、日本のファミリービジネスの問題点を
「ボンクラ息子問題より頑固オヤジ問題」
と表現されていた。


経験値が浅い「ボンクラ息子」が継ぐことよりも
固定概念の強すぎる「頑固オヤジ」が問題
ということだ。

日本を支える同族、中小企業がこれからも
永続的に繁栄するために私も頑固オヤジ
問題に取り組んでいきたいと感じた。



池本克之です。


本日は、
『上場請負人:
ベトナム若手経営者への経営授業』
と題して、

過去弊社のインターン生であり、
現在ベトナムで会社を任されている
小林ジュネードさんの質問にお答えした
動画を公開します。

今回のテーマは、
『新規事業を始める際に
 気を付けるべき2つのこと』
と題して、
ジュネードさんが今取り組もうとしている
新規事業についてアドバイスを行いました。


ジュネードさんの会社では、
ベトナムに駐在してる日本人ターゲットの
企業を顧客に抱えており、
昨今のコロナ禍によって、
日本人が激減していることから、
これまでの事業を休止し、
新しい事業に取り組む必要に迫られているそうです。


そこで、
現在立ち上げ準備中の新規事業についての
相談を受けたというわけです。


動画の中では、

・新規事業を始める際に、何よりも大事なこと

・緊急時に疎かになりがちな○○を考ないといけない

・価格設定の際に、何よりも大切なこと


の3つのトピックについて
お話ししました。


新規事業に取り組んでいる方だけでなく、
あなたの既存のビジネスにも十二分に
お役に立てる動画になっているので、
ぜひご覧ください。



『新規事業』始める前に
これだけは確認しろ!

 

 

https://youtu.be/L9abY2M3hxM
※チャンネル登録、高評価、コメントの協力お願いします!





PS
組織学習経営の最重要ツール
『コーポレートカルチャースタンダード』
参加費の問題で断念した人は、
コチラの教材で学ぶことが可能です。

https://pajaposs.com/shop5/ccs_online_202010/ 
  
 
PPS
【池本克之公式Youtube】では、
1日10分で経営センスが養えるをコンセプトに
毎週2回動画を公開しています。
 
ぜひチャンネル登録いただき、
普段の息抜きに使ってください。

https://www.youtube.com/channel/UCi58mq34O-OfaEAInSln_vw※チャンネル登録、高評価、コメントの協力お願いします!

 



週末にかけて雨模様の地域が多いようだ。

外国の友人と話していると交通事情の違いを感じる。
台風のような豪雨は別だが、ちょっとした雨で
鉄道や道路の心配をすることはない日本。

しかし、国によっては、
鉄道が止まり、道路は通行止めに
なることがあるようだ。

おそらく世界一、時間に正確な日本と
時間の捉え方が違う国々という
文化の違いがそこにはあるだろう。

そういえば、あるアジアの国に行ったとき
乾いた道路がスコールで数分のうちに
冠水する光景に出くわした。

車やバイクで通行することは不可能なのだが、
それでも突っ込んでいくバイクがいたり
泳いで渡る強者がいたりした。

ここにも国民性が現れる。
ちなみに警察官が交通整理をすることが
なかったのも面白い。

国や地域、それぞれの文化があり
個人にもそれぞれの価値観がある。
どれが正しいというものではない。

この違いが多様性を生み、争いも生む。
どうやらこの先は、この問題に取り組むことが
ライフワークになりそうだ。



池本克之です。



本日は、
経費削減シリーズ第3段として、
セントラルシステム株式会社の田平利之さんに
ご出演いただきました。

田平さんはコピー機の経費削減の
プロなのですが、
今回の動画では田平さんはどんな人なのか?

どんな経緯があって、
今のコピー機の販売代理店の仕事をしているのか
と言う話を伺いました。


コピー機をはじめめとするOA機器の代理店は、
業界の競争が厳しい世界です。

あなたの会社にも営業電話やFAXが
送られてくることはしょっちゅう
なのではないでしょうか?


そんな中で、
なんと田平さんの会社は
電話・FAX・訪問といった
一般的な営業を一切せずに、
全てクチコミと紹介だけで
9年間も会社を続けてきたそうです。


田平さんは営業マン時代に当たり前だった
電話・FAX・訪問といった従来の営業手法が
お客さんの時間を奪う行為なのではないか?
お客さんの邪魔をしているのではないかと
疑問を抱えたそうです。

その疑問こそが、
今のクチコミ、紹介のみの営業スタイルに
たどり着くきっかけだったそうです。


そして、
その営業スタイルで『会社を続けていける』
そう確信を持てるようになったのは、
あるお酒の席での変わったご友人の話からでした。


そんなクチコミ営業の秘密や、
これまでの仕事の経歴などについてお伺いしている。


ぜひ、全ての社長にご覧いただきたい。

 

 

https://youtu.be/Xsdaw3v7Y3Q
※チャンネル登録、高評価、コメントの協力お願いします!
 
 
 

PS
最新動画はすでにご覧いただけたでしょうか?
動画の中では、社長が細かく指示せずとも
社員が勝手に売り上げを作ってくれるようになる方法を
ご紹介しています。

https://insta.pajaposs.com/201202_year
 
 
 
PPS
田平さんの会社「セントラルシステム株式会社」
の詳しいはこちらからご確認いただけます。

http://central-system.jp/contact/index.html
お問合せは田平社長へメールでお願いします。
(tahira@central-system.jp)
 
 
PPPS
【池本克之公式Youtube】では、
1日10分で経営センスが養えるをコンセプトに
毎週2回動画を公開しています。
 
ぜひチャンネル登録いただき、
普段の息抜きに使ってください。

https://www.youtube.com/channel/UCi58mq34O-OfaEAInSln_vw
※チャンネル登録、高評価、コメントの協力お願いします!


※今日のメールの内容はいかがでしたか?
もしよろしければ、感想を送ってください。
個別の返信はお約束できませんが、全て目を通しています。
 

新しい動画を追加しました

 

本日は、

『幹部育成がもたらす5つのメリット』

についての動画を公開する。

 

 

多くの方に私を知っていただくきっかけに

なっているDVD『社長がいなくても

勝手に回る会社の作り方』でも

触れている、

『勝手に回る会社』を作るためにも、

あなたの会社には右腕、右腕候補を

作ることが必要になってくる。

 

 

「幹部なんて、

うちみたいな小さい会社にはいらないよ?」

 

という方もいるかもしれないが、

ぜひ幹部、あなたの右腕候補となるような人を

育てることをお勧めしている。

 

なぜなら、

幹部育成にはメリットがたくさんあるからだ。

 

それは、

社長がいなくても仕事が勝手に回る、

社長が他のことに時間を使えるようになる

というだけでなく、

 

 

幹部として活躍する人の背中が、

他のスタッフの目標となるからだ。

 

一般的に、

中小企業は大企業より離職率が高い、

採用が難しいと言われる理由は、

会社の中に目標となるような人、

憧れるような姿が社長以外にいないことが

大きな原因ではないかと考えている。

 

 

『私も頑張れば、あの人のポジションで、

年収もいくらぐらいもらえるようになるんだ!』

 

そういった将来像が描けないで、

中小企業を辞めていったという人は

日本全国で何人いるだろうか?

 

幹部育成がもたらす5つのメリット、

ぜひ全ての社長さんにご覧いただきたい。

 

 

https://youtu.be/84ERwcdSbbs

※チャンネル登録、高評価、コメントの協力お願いします!

 

 

 

 

PS

【池本克之公式Youtube】では、

1日10分で経営センスが養えるをコンセプトに

毎週3回動画を公開している。

 

ぜひチャンネル登録いただき、

普段の息抜きに使っていただきたい。

 

https://www.youtube.com/channel/UCi58mq34O-OfaEAInSln_vw

※チャンネル登録、高評価、コメントの協力お願いします!

数日前、早起きをして外にでると、
きれいな虹が出ていた。
撮った画像をよく見るとダブルだった。

街は人も車も少なく、まだ静寂だ。
自然現象に大げさな感動はしないが、
美しさと静けさは心洗われるものがある。

昔から早く起きて会社に行き
まとめて仕事をする習慣がある。

誰もいないオフィスの窓を開け、
朝の少し冷たい空気を吸うと
頭がすっきりする。

そこからTODOリストに沿って、
集中して仕事に取り組む。
そうすると、予定より早く仕事が進む。

頭が冴えている朝は効率が良い。
朝が苦手という人は、大抵寝るのが遅い。
早く寝れば、早く目覚める。
あとはやるだけだ。

昨日、今日の2日間で
「資金の集まる事業計画2dayオンラインワークショップ」
を開催している。


9時から18時までワークを中心のプログラムだ。


私のところに相談にくる経営者は、
「時間がない」と口癖のように言う。
しかし、実際は時間はある。


優先順位と時間の関係を間違っているだけだ。
重要なことから予定に組み込んで
その時間を変更しなければいいのだ。


大抵、重要なことよりも
緊急なことを優先するので
「時間がない」状態に陥る。


事業計画は緊急ではない。
作っていないからといって、
今日、会社が潰れるわけではない。

 


ただし、重要なものだ。
それが、わかっているのなら
優先して時間を確保すればいい。


普段は目の前のことに追われる。
だから、普段から離れ
考えることに集中する時間を持ってほしい。


そうすると経営にとって重要な
将来像、課題が見えてくる。
行動すべきことがわかってくる。


事業計画とはそういうものだ。
行動すべきことに沿って行動する。
これほど簡単で重要なものはない。

 


池本克之です。



今回は、すでに何度かご出演いただいているが、
数多くのトップスポーツ選手へのトレーニング実績をお持ちで、
私のゴルフの先生のメンタルコトレーナーでもある石津貴代先生に
出演いただき、
営業マンが客先でアガらず、普段通りのパフォーマンスを発揮してもらうには
どうすればいいかということについてお聞きした。


この質問は、私のあるクライアントの社長さんから
出てきた質問だ。

もちろん私もその場で返答しているが、
メンタルのプロが見たらどう考えるのか?

そう思って聞いてみることにした。




その会社では、
営業のロールプレイングに熱心に取り組んでいるのだが、
一部の社員に対し、
ロールプレイングではうまく行くのに、
実際に客先に出向くとなかなか成果が出ないことで
悩んでいた。


あなたの会社でも営業部隊を抱えているのであれば、
そのような社員はいないだろうか?


石津先生もロールプレイング自体はいいことだと
おっしゃっていたが、
そのロールプレイング通りのことを客先でどう発揮するか?


客先でアガってしまいがちな社員は、
なぜ緊張するのか?

上司はどう指導していったらいいのか?

そういうことについてお聞きした。



営業スタッフに課題を抱えている、
またはご自身が人の前で緊張してしまうというような方は
是非ご覧いただきたい。

 

https://youtu.be/Ci45rwAj9Rg
 


 

大学生のインターンを採用した。

小さな、無名の会社が募集したのに
70名の応募があり、13人の採用をした。
彼らには、新規事業の企画、運営をやってもらう。


面接をしていて、気づいたことがある。
新学期が始まって、大学に行ったのは数回だという。
いまでは、授業もオンラインだ。


大学で得られることのうち、
どのくらいが失われているのだろうか?
特に今春入学の1年生は問題だ。


入学式すらオンラインだったので、
友達ができない。
できたとしても深い付き合いにはならない。


外に出れないので、バイトもできない。
地方出身だと、下宿のアパートもいらない。
田舎の実家からオンライン授業に出られるから。

 

学問はそれでもいいのかもしれないが、
本来の大学の意味は何か?が問われる。
学びとな何か?深い話だ。

 

コロナの収束は見えないが、
インターンが彼らに学びの機会を与える
ことに貢献できるようにしたい。