岩手ハウスの建築現場事件簿

岩手ハウスの建築現場事件簿

岩手ハウスの建築現場のこと、事務所内のことや住宅に対する考えを特派員が随時お知らせします。

創業30年になる岩手県盛岡市の木造注文住宅の建築会社です。

創業時から高断熱高気密住宅に取り組み、省エネ住宅の普及に努めています。

新築工事と違って、リノベーション工事でできるのが、元の雰囲気を残せること。です。

玄関の下駄箱がまだ使えそうでしたので、今回は下駄箱を残しました。

天井はクロスですが、以前と同じような雰囲気のものを選んで、貼り換え。

 

トイレなどの設備機器は節水含め、

今の機能的なもののほうが使いやすいです。

落ち着いた雰囲気の素敵なトイレになりました。

 

使えるものと使えないものの選択があることも

リノベーションの面白いところでしょうか。

 

 

工事後の外観です。

今回のリノベーション工事では、主に断熱性能の向上と、耐震性の強化を目的に、工事を行い、

長期優良住宅化リフォーム推進事業を利用しました。

様々な要件はありますが、全体的にリノベーションを行うのであれば、補助事業は利用したほうがお得です。

工事前の外観です。サッシを交換し、

壁の量を増やして、耐震性も断熱性もUPです。

立派な鉄骨のデッキは補強かけて床板をはりかえ、

バーベキューもできるデッキとして生まれ変わりました。

 

 

 

 

 

今回のリノベーション工事では、

1台のエアコンと換気を組み合わせた全館空調を採用しています。

カウンター下にエアコンを設置し、床下に吹き出し、

換気のダクトを利用して、

全館へ冷房も暖房もまわします。

築40年の住宅も断熱をしっかりすると、暖房も冷房も効きが全く違います。