投資アドバイザー/IFA変更相談所 - IFA Switch

投資アドバイザー/IFA変更相談所 - IFA Switch

ロイヤルロンドン(RL360°)、ハンサード、フレンズプロビデント、インベスターズトラスト等の商品を契約されている投資家の方をサポートします。IFAと連絡が取れない、積み立てを停止・減額したい、IFA変更(移管)。。。何でもご相談下さい


eブックのサンプルは【こちら】からダウンロード出来ます。

本記事は、毎月発行の弊社メルマガに掲載しているものです。メルマガにご登録頂くと最新のマーケット情報を毎月お届けします。

 

 

香港のデモが日増しに暴徒化していくにつれ、私どもの身の安全を案じてくださるメッセージが届いている。一部交通が麻痺したりしているものの、中心部である中環や金鐘以外の日常は平静だ。TVを見ていると香港中が催涙スプレーで満たされてるかのような印象を受けるがデモ隊と警察が衝突しているのはごく一部、数百メートル四方の中の出来事である。

 

個人的に政治信条については思うところはあれど、生まれも育ちも香港で香港以外に逃げ場のない香港人と違って、私どもは自分の意志で香港に移住している。いざとなれば日本に住む場所がある身。したがって私どもがデモ隊に加わることはないので怪我をする心配もない。

 

デモ隊の目的は犯罪人を中国に引き渡す条例(香港では送中法と言われる)の審議をやめさせ、かつ送中法の提案自体を引っ込めさせお蔵入りさせることにある。本稿執筆時点では審議は遅れてはいるものの、法案提出自体をやめるという話にはなっていない。仮にやめるとすると、香港政府(そしてそのバックにいる中国政府)が市民の力に負けたということであり「中国共産党が主導する政治」という建前が失われることになる。30年目を迎えた天安門事件のようになったとしても香港中国はデモ隊を鎮圧し法案を通すであろう。通っても通らなくても香港の魅力が失われることは間違いない。

 

そして米中貿易戦争。もうすでに冷戦状態に近づいてきているため貿易戦争という言葉が当てはまらなくなってきている。自由と民主を根本理念とする西側諸国と、中国やロシアを中心とする自由のない独裁国家とがぶつかっており、どこかで小競り合いがあってもおかしくない状況だ。こういった記事が信憑性を増しているように思える。

 

[クーリエ・ジャポン]
米中戦争勃発の可能性は「16分の12」だ! 500年間のケース分析は警告する

 

これだけ世界が緊密な網の目となっているのに、戦争なんて考えられない… と僕たちの平和ボケした脳みそは考えてしまうわけだが、戦争が起きるか起きないかは合理性では測れない。中国はここ数十年で経済力をつけて自信を深め、150年間欧米にいじめられ続けた積年の屈辱をいつか晴らしてやろうと虎視眈々と狙っている。アメリカはかつての日本のように、市場を開放させアメリカ企業を儲けさせてやろうとしていたが改革は思ったように進まなかった。それどころか太平洋の西側の覇権を握ろうとしているのだ。米中が衝突しない、と考えるほうがおかしいのかもしれない。

 

さて香港の政治闘争はいったん横に置いておくとして、積立している資産はどうなるのか。今後のまずは弊社で取り扱う商品の商品籍を改めて確認したい。

 

Friends Provident International – マン島
Utmost(旧Generali) – ガンジー島 (チャネル諸島)
Hansard International – マン島
Royal London 360 – マン島
Standard Life(Asia) – 香港

 

マン島やガンジー島籍の保険会社であれば香港の政争は全く関係ない。これらの会社の商品を香港で購入したとしても、香港はあくまでサービス提供地であって契約当事者はマン島なりガンジー島の保険会社となる。すなわちマン島やガンジー島のルールには拘束されるものの香港の事情には影響されない。

 

Standard Life(Asia)自体はすでに中国資本が過半数を占めておりむしろ中国企業と言ってよい。ここからが問題なのだが、仮に米中貿易戦争が激化し西側経済と中国ロシアなど東側経済がブロック化してしまうことがあれば西側諸国に住む日本人の保険証券は保険会社のほうから解約されてしまう可能性が高い。

 

香港ではかつてアメリカ人は保険を簡単に買えたが、アメリカの税務交換の仕組みであるFATCAができてから急激に難しくなったばかりか、保険会社によってはコンプライアンスリスクを恐れて既にある契約も解約する自体となった。同じようなことが起こる可能性はなきにしもあらず、である。

 

ただし香港の金融界は20%近くを占め、しかも6割が外国からの投資金の流入である。もし香港のオープンな金融環境が失われると香港経済に甚大な影響が及ぶためよほど極端な状況にならない限りは最悪の事態、すなわち保険会社が主導する一方的な解約などは起こりえないだろう。

商品籍がどこなのかを気にするよりも、ファイナンシャル・アドバイザーが誰なのかを気にしたほうがいいということになる。

 

 

HSBCの口座開設が以前に比べてハードルが上がっているのはこのブログでも何度かお伝えしています。具体的には、銀行員と英語(もしくは中国語)でコミュニケーションが取れるかどうかというのが重要なポイントになっています。 

 

弊社には今でもHSBC口座についてご相談される方が時々いらっしゃいます。ついこの間も、お客様でHSBC口座開設を希望されている方の同行サポートをさせて頂きました。その時にお客様が仰っていた言葉で非常に気になったのが、 

 

「香港独特の英語の訛りを学ばなければ口座作れませんよね」 

 

というものです。これには正直、首を傾げてしまいました。確かに、香港人の英語は独特かもしれません。私も香港に来た当初は苦労した記憶があります。相手が言っている単語を聞き取れない。酷かったのは「コレディッカ!コレディッカ!」という言葉。これ、「クレジットカード」です。支払い方法の話をしていたのにも関わらず最初は何のことか本当にわかりませんでした。広東語ではカードの事をカーといいます。その為、カードの発音もカだけでとまってしまう事があります。これが香港訛りというやつなのかもしれません。 

 

このように、香港人には自分たちの言葉の影響を受けて英語も少し変化している部分があり、確かにコミュニケーションが取りづらい部分があるのは否定できません。しかし、「香港訛りの英語を学ばないと口座が作れない」というのは正しくないと思います。 

 

銀行員が求めているのは「英語を喋れる事」ではなく、「コミュニケーションが取れる事」です。聞き取れなければ聞き返して意味を確認すればいいのです。それは香港英語であろうがネイティブであろうが関係ありません。相手の言っている事がわからない時に、固まって何も喋れなくなってしまうことが良くないのです。わからなければ聞き返す、こういう事ですか?と確認する、それがコミュニケーションです。 

 

ですので、英語に自信が無いという方は、香港英語なんて気にする事なく、まずは普通の英語でコミュニケーションが取れるようになってください。普通の英語が出来れば、必ずコミュニケーションがとれます。香港人は少し発音に特徴があるだけで、正しい英語を喋っているからです。 弊社ではHSBC口座開設のサポートは本来のサービス範囲外ですが、ご相談があれば出来るだけのことはするようにしています。英会話が心配な方はHSBC口座開設に特化した英会話集等もございますので気になる方はお問い合わせください。

 

投資のコントロールを取り戻す!無料メルマガ配信中!

IFAスイッチでは、IFA業界、香港金融業界のニュースや今月のお勧めポートフォリオなど、投資家の皆様に役立つ情報を無料で配信しています。メールアドレスのみで登録可能ですので以下よりお気軽にどうぞ。

今なら、無料eブック「海外投資にまつわる5つの誤解と真実、その対策」を全員にプレゼント!

 

 

ブログランキングに参加しています。以下のバナーより応援クリック宜しくお願い致します!




IFAスイッチのウェブサイトはこちらです。あなたの投資をコントロールし、時価評価額を1%以上アップさせる為のお手伝いをします。



IFAスイッチのFacebookページはこちらです。

 

 

 

オフショア投資をされているお客様で、 「誰にいくらお金を払っているのか分からない」 「契約年数が分からない」 「いったい自分が何をやっているのか分からない」 という方は意外にも結構いらっしゃいます。お金に関わる事で、このような不安な状態は精神衛生上大変よくありませんので、自分の契約情報はいつでも確認できるようにしておきましょう。

契約情報の確認方法は6つ

自分の契約情報を確認する方法は全部で6つあります。

IFA(アドバイザー)に問い合わせる

IFAを通して商品を契約している方であれば、そのIFAのアドバイザーに問い合わせるのが一番です。IFAは全ての顧客情報を把握していますので、すぐに教えてくれるはずです。

IFAの顧客専用ページにアクセスする

大きなIFAであれば、顧客専用ページで情報が確認できるようになっています。ログインIDとパスワードが分からない場合は再発行してもらいましょう。

証券原本を確認する

実はこれが一番手っ取り早い方法なのですが、証券原本は契約時に必ず自宅に送られているはずですので、それを必ず保管しておきましょう。もしも証券原本が送られてきていない場合、ちゃんと契約がなされているかどうか確認した方が良いかもしれません。

紹介者に確認する

紹介者経由で商品契約した方もいると思います。その場合、紹介者が契約情報を把握している場合もります。ただ、紹介者はあくまで仲介人ですので、紹介者が全ての情報を把握しているという状態はあまりよくありません。自分で確認する手段を身につけておきましょう。

プロバイダーに直接問い合わせる

あなたと普段やり取りしているのがIFAであろうが紹介者であろうが、契約主体はプロバイダーとあなたです。証券名義人であるあなたがプロバイダーに直接問い合わせれば、プロバイダーは必ず情報を教えてくれます。
もちろん問い合わせは英語で行う必要があります。

プロバイダーの顧客専用ページにアクセスする

RL360、ハンサード、インベスターズトラストなど、大手プロバイダーは大抵顧客専用ページを用意しています。そこでログインすれば契約情報は確認できます。ログインIDとパスワードが分からない場合はプロバイダーに直接聞くか、IFAを通して再発行してもらいましょう。
 

気軽に相談して下さい

契約情報や運用情報、つまり投資金額やリターンの確認は投資家の義務です。よくわからないからといって放置するのはよくありません。無料コンサルティングをお受けしますのでお気軽にご相談下さい。
 

投資のコントロールを取り戻す!無料メルマガ配信中!

IFAスイッチでは、IFA業界、香港金融業界のニュースや今月のお勧めポートフォリオなど、投資家の皆様に役立つ情報を無料で配信しています。メールアドレスのみで登録可能ですので以下よりお気軽にどうぞ。

今なら、無料eブック「海外投資にまつわる5つの誤解と真実、その対策」を全員にプレゼント!

 

 

ブログランキングに参加しています。以下のバナーより応援クリック宜しくお願い致します!




IFAスイッチのウェブサイトはこちらです。あなたの投資をコントロールし、時価評価額を1%以上アップさせる為のお手伝いをします。



IFAスイッチのFacebookページはこちらです。