ウッドショックいつまでつづくのか | 酒井設計ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

酒井設計ブログ

酒井利美
建築設計、確認申請、検査
民泊セカンドハウス

ウッドショックで住宅価格は上がり続けています。

工務店やビルダーは材料の値上げに苦戦しています。

現在では材木だけで1.5倍から2倍に上がっています。

金額で言うと100万円以上変わってしまいます。

この値上げはいつまで続くのかを考察してみます。


コロナで、トイレや給湯器、照明器具なども品薄になっています。


「材木価格は当分下がらない、まだ上がる」


というのが私の見立てです。