ぎっくり腰になりました

テーマ:
ブログ更新がとんでもなく久しぶりになってしまいました  m(_ _)m

読者登録をして下さっている皆様お久しぶりです。 私は元気で仕事をこなしておりました。

久しぶりの投稿なんですが、実は先日ぎっくり腰になりました!

睡眠不足や日々の仕事の疲れから年に1~2回なることがありますが、私は全て自己療法で改善してきています。

一番ひどくて脚に激痛が走るほどのレベルで2週間ほど、脚は平気でも骨盤が割れるくらいの痛みを感じるレベルで3~5日ほどで良くなります。

その間一度も仕事を休んだこともなく、患者さんにぎっくり腰だということを気づかれた事もありません。

つい先日のぎっくり腰は、朝目覚めてリビングのソファへ腰掛けた瞬間、骨盤の後ろにギャッ!となるほどの痛みを覚え、それから立つことも歩くことも出来なくなりました。

とりあえず這いつくばって畳の部屋へ移動し、いつものストレッチメニューをやってみます。

とても硬い! 痛い! ツライ!(T ^ T)

疲れてる時や、具合の悪い時は柔軟性がかなり低下しているので、私は日々の体調チェックにも利用しています。

私は40代にしては柔軟性が高く、開脚をして座り前屈すると、普段は床に胸が着くほどなんですが、ぎっくり腰をやった直後なので体を前に倒すなんてとてもできやしません。

しかし私はそれでもやるのです。
じっくりと時間をかけて、少しづついつもの柔軟性を回復させるための各動作をやっていくのです。

1時間もやったでしょうか。
痛いながらも立って歩けるようになっていました。 そこからはしばらく体をいじりません。 休ませて回復の時間を与えるのです。

夕方には3割程回復したので、歩いて往診に出かけられました。

夜は寝る前に同じメニューを軽めにこなしてから眠りましたが、翌日はベッドから起き上がる時の痛いこと! ツライこと!

まあ、ぎっくり腰というものはそんな感じです。長くある姿勢を続けたあとは体勢を変える時がしんどいものです。

しかし、動き始めると昨日よりだいぶ楽になっていました。 朝のストレッチメニューをこなし、夕方には6割回復していました。

前屈後屈はまだキツイものの、歩くのはサッサと歩けるレベルです。

このような事を繰り返し、3日目には9割以上良くなりました。

今回のぎっくり腰の原因は、忙しさから日々のストレッチをサボってしまってたり、睡眠不足が続いた為のものでした。

いつもの柔軟性を保っていれば、そう簡単に腰なんて壊すものではないと私は経験から知っているのですが、忙しいとついついサボってダメですね。

毎日少しでもいいから柔軟性を高めるストレッチを行うことをお勧めします。

もちろん何処か痛めている時は専門家に相談してくださいね。
私は自分のぎっくり腰の状態を観察した上でストレッチメニューを組み立てていますので、これほど早く治る訳です。

やり方によっては悪くなる動作もあるので、素人判断や素人からの助言は聞かないでおきましょう。

井土ヶ谷均整院へご来院の方には、ご希望があれば症状に合わせた体操を設計してお教えしています。

めんどくさいから施術だけでお願いしますという方にはそうしています。

体操と並行して施術をしていくのがやはり早く改善するのですが、気分が乗らない事を無理にしなくても早期改善させるのが私の腕の見せ所だと思っていますので、決して無理強いはしません。

筋肉、骨、内臓など、あらゆる不調に対して改善法を心得ています。

ご不調の際には、井土ヶ谷均整院の施術もご検討頂ければ幸いです。

ではまたいつか気が向いたらブログ更新いたします。

最後まで読んで下さってありがとうございました(*^^*)