ICMパートナーズ
  • 10Sep
    • 視察③技能実習生採用面談見学の画像

      視察③技能実習生採用面談見学

      こんにちは9月に入り少しずつ涼しくなってきたように感じます。季節の変わり目ですので体調崩さない様に注意して下さいね。今回のブログでは技能実習生送出し機関アンダマンエイト視察時に見学させて頂いたミャンマー実習生の採用面談についてお伝えします。まず、外国人労働者には3パターンあります。外国人労働者の種類技能実習生 3年間の実習完了後、技術試験を受けて2年間延長が可能 3年間の実習完了後、特定技能1号への移行も可能 受入企業を変更することは不可特定技能 2019年4月に改正があり、 技能実習生の3年間実習完了後に移行することが可能 1号で5年間、2号で10年間(家族滞在も可)日本で働くことが可能 受入企業を変更することも可能高度人材 専門分野において学歴、職歴などのポイントが非常に高い優秀な人材であり、 研究者、医者、弁護士などの幅広い企業で働くことが可能 受入企業を変更することも可能この中で今回は 高度人材 の面接が行われました。見学にご協力いただいたのは中古自動車部品販売企業様です。募集条件は正社員として5年以上勤務できる高度人材です。今回は5名の面接が実施されました。面接の流れ自己紹介↓面接企業側から質問↓実習生から企業側へ質問(日本の就職面接と同じ様な感じですね)実際にどのような質疑が交わされたのかも少しピックアップしてご紹介します面接企業側から質問Q.日本で働いた上で将来の目標はありますかA.実兄が結婚し日本で生活している為、 自分も日本で働き、結婚を目指したい。Q.なぜ日本で働きたいのですかA.日本人は仕事に対して熱心であり、非常に協力性がある為、働きがいがある。実習生から企業側へ質問Q.日本の職場に早く慣れる為に準備しておくことはありますかA.日本で走行している車の種類やパーツの知識を少しでも付けておいた方が良いです。Q.日本語の機能と性能はどのように違うのでしょうかA.日本人でも説明することが難しい言葉が沢山存在する為、 その都度共に考えていきましょう。機能と性能の違い、、日本語はひらがなカタカナ漢字と覚えることが多い上に、似た意味の単語も多くありますから難しいですね面接の後に企業側が採用したい方を選び、合格となります。今回見学させて頂いたのは高度人材ですが、技能実習生の場合は合格後に研修と自宅訪問なども行います。そちらもまたご紹介します

  • 29Jul
    • 視察②ミャンマー建設現場視察の画像

      視察②ミャンマー建設現場視察

      こんにちは。暑い日が続きやっと夏を実感してきました海外技能実習生の面談の記事をアップする前にミャンマーの建設現場の視察にも行っていたのでその様子を少しお伝えしたいと思います。ヤンゴン市内8階RC構造建設現場ミャンマーの郊外の建設現場では、サンダルやTシャツの軽装な作業員、ノーヘルメットの重機運転手、足場架設には竹を使用しており、決して安全とはいえない環境で作業をしています。機械設備よりも人海戦術で対応している様子でした。ミャンマーの気候は年間を通して夏の陽気で特にヤンゴンは湿度も高く蒸し暑いのが特徴的であり軽装が故に安全に対する意識が低いことがわかります。日本でこの様な現場を目にすることが無いので日本の安全対策に感心すると共にミャンマーが発展途上であることを実感します。日本の大手ゼネコンが管理している現場にも視察に行きました。日本人監督が6名ほど在中している現場でしたこちらの現場ではヘルメットや安全靴、ビティ枠足場等の安全設備が充実していました。現場によって全く異なる建設現場環境のミャンマーですが、日本に来て下さる実習生の方々には少しでも安全について学んでもらえたらうれしいですねちなみにミャンマーでは車の所有率は5%程と低いのですが、ほぼ全員がスマートフォンを所有しているそうです発展途上といえども情報伝達スピードは先進国に引けを取りませんねそれではまた次のブログでICM 広報

  • 20Jul
    • 視察①技能実習生送り出し機関アンダマンエイトの画像

      視察①技能実習生送り出し機関アンダマンエイト

      こんにちは連日雨の日から晴れの日が増えてきましたね本日は海外技能実習生受入についてご紹介していきますICMでは技能実習生受入を検討するにあたり昨年に実際にミャンマーへ視察に行っておりました。名古屋からミャンマーまでは直行便がないのでベトナム ハノイで乗り継ぎ約7時間半ほどのフライトでミャンマーへ着きます初日は技能実習生送り出し機関であるANDAMAN EIGHT(アンダマンエイト) の学校視察へアンダマンエイト外観です!アンダマンエイトは400人程の技能実習生を日本に送り出した実績があります。実習先が決定した実習生(20~35歳くらい)120人(男性50人、女性70人)程が施設内と施設のすぐ近くの寮で共同生活をし、日本語や実習研修、習慣やマナーの勉強を行っています。朝礼の様子授業中の様子生徒が寝泊まりする寮の部屋には2段ベッド完備日本のマナーが掲示されていますこのような充実した設備や日本の暮らしを考えた研修内容の中で実習生のみなさんは6ヵ月間研修を受けていきます。次のブログでは実習生の採用面談について書いていきたいと思います。

  • 08Jul
    • ICMパートナーズとはの画像

      ICMパートナーズとは

      はじめまして。ICMの広報担当よりブログを開設することとなりましたのでまずはICMパートナーズ協同組合についてご説明していきたいと思いますICMパートナーズ協同組合のI C Mとは、Innovation of Construction Management の略で革新的な施工・管理を意味しています。協同組合に発注をすることで、余分な経費・一般管理費などを圧縮して工事を施工設計管理・コスト管理・施工管理までを統括してアドバイス当組合員をゼネコンの下請けとして斡旋することにより業者の活性化本来下請け業者の集まりである当組合が、事業主様、ゼネコン様に対して様々な形態でお手伝いすることにより、顧客満足度を最大限に引出すことができるのがICMのビジネスモデルです。新築工事から内装・外装リフォームとあらゆるニーズにお応えしますそして、本年より新たな事業として海外技能実習生斡旋事業に取り組んでいますミャンマーからの海外技術実習生を多くの企業様に斡旋・派遣し、建築業界の人材不足問題を少しでも解消できるよう努めていきます。技能実習生の情報はこれからこのブログを通して情報を発信していきますのでよろしくお願いします