令和初の終戦記念日〜群馬県戦没者追悼式の式辞の中で訴えた「戦争の惨禍」を2度と繰り返さない覚悟 | 山本一太オフィシャルブログ「山本一太の気分はいつも直滑降」Powered by Ameba

山本一太オフィシャルブログ「山本一太の気分はいつも直滑降」Powered by Ameba

山本一太オフィシャルブログ「山本一太の気分はいつも直滑降」Powered by Ameba

2019年8月15日

 本日は令和になって初の終戦記念日だった。

 午前9時40分から県護国神社と龍廣寺の慰霊参拝を行なった。参加したのは知事、県議会議長、国会議員、高崎市長、遺族会関係者。護国神社の本殿で記帳、参拝した後、海外引揚物故者慰霊塔に献花。続けて旧陸軍墓地(龍廣寺)で献花。短い挨拶もあった。

 午前11時50分から13時まで戦没者追悼式に参列。知事として冒頭の式辞を読んだ。戦争の惨禍を繰り返させないことが今を生きる国民の責務だ。そのことを改めて心に固く誓った。

 追悼式終了後は地元秘書の車で新盆を迎えた数件の支持者宅を訪ねた。新盆回りは出来なかったが、どうしても足を運ばねばならない場所もあった。

 16時。県庁の知事室で郵便局長会幹部の表敬を受けた。県と局長会の新たな連携のアイデアを出した。まだ構想の段階だ。が、何が出来るか、真剣に検討してみたい。

 その後は再び地元秘書と行動。さらに数件のお宅を訪ね、遺影の前で手を合わせた。

追伸:
1.20時ちょっと前に危機管理監から電話があった。「台風による雨のピークは午前3時頃になる可能性が高いと思われます。何か緊急のこと(大きな被害等)があれば夜中でも連絡しますが、そうでなければ明朝、ご報告したいと考えています」とのこと。

 「分かりました。何かあったら何時でも電話してください!」とお願いしておいた。

 緊急の避難所を開設した渋川市の高木市長、桐生市の荒木市長には(こちらから)電話をかけた。「県庁でも災害警戒本部を立ち上げています。必要な時は連絡を取り合いましょう!」と伝えておいた。

2.8月11日の2本目のブログに記した日航機事故の慰霊登山と追悼慰霊式の過去の記録(国会議員の過去の参加実績)に関して、不正確な記述があることが判明。担当課(?)から手渡された資料の情報が不十分だった。(ごめんなさい!)次回のブログで訂正したい。
 

   <群馬県戦没者追悼式。知事として初めて式辞を読んだ。>

 

<護国神社と龍廣寺を慰霊参拝。旧陸軍墓地では献花と挨拶>

 

<群馬県郵便局長会の幹部が来訪。黒岩会長は草津町の郵便局長!>