2019年10月14日:パート3

 

 23時過ぎ。高崎の自宅で本日3本目のブログを書き始めた。

 午前中は県庁で勤務。午前10時からの災害対策本部会議の後も、知事室で関係部局の説明や幹部との打ち合わせが続いた。明日の午前中、富岡市内の被災現場を視察する。出来れば避難所にも足を運びたい。

 昼12時半に退庁。知事が夕方までいたら、関係部局の職員が帰宅出来ない。そうでなくても、休日返上で頑張ってもらったのだ。

 13時過ぎ。高崎駅構内のフードコートで昼食。久々にモスバーガーを食べた。モスのCEOを務める大学時代のクラスメイトに対する応援だ。昭和村産のレタスも、相変わらず新鮮だった。

 休日の13時ということもあり、フードコートは満席。チーズモスバーガーを注文してから食べ終わるまでの葯20分の間に、10人くらいの人たちから、次々と声をかけられた。子供連れのご夫妻から高校生、サラリーマンまで、年代は様々だった。

 「あの、山本一太さんですよね?握手してください!」「あれ、山本知事じゃないの。頑張ってね。とても期待しているわよ!」「群馬県をもっと盛り上げてくださいね!」

 県民の人たちの生の反応だもの。スゴく嬉しかった。(ニッコリ) ご期待を裏切らないように頑張ります!!

 話題は変わるが、昨日、ある新聞記者から秘書課に電話があったそうだ。対応した秘書課のスタッフによると、色々なことを聞かれたらしい。会話の内容は書かないが、その執拗とも言える意地悪さ(?)に驚いた。(苦笑)

 この記者が、知事と県の災害対応に関して、とにかく1つでも問題(アラ)を探そうと躍起になっていることは、幹部の間でも、ちょっとした話題になっている。知事とマスコミとの関係については、改めて(もう少し詳しく)書きたいと思う。

 さて、知事に就任して以来、約20人の県議と朝食や夕食を共にした。星名幹事長を含む5名の県議団執行部メンバーとは、すでに2回、朝食を食べながら意見交換している。

 自民党県議団で最も人数の多い当選1期のグループとも、どこかで又、朝食会をやりたいと考えている。早い段階で知事選での山本支持を鮮明にしてくれていた有志グループ(真の同志とも言うべき人たち)とも会食した。ぜひまた誘ってください!

 義理と人情の「伊勢崎サムライ県議団」とは、近々、ご飯を食べたいと思っている。現時点では自民党に所属していない保守系の3人の県議とも懇談した。

 大切な友党である公明党の3人の県議との関係も重要だ。少し落ち着いたら、どこかでゆっくり話をしたい。秋の補正予算案に賛成してくれた他の会派の県議の人たちとも、落ち着いて議論出来る空間があればいいなと感じている。

 ただし、今後、どの県議と何回、会合や食事をしようと、知事として協議や調整、交渉を行うべき最大会派(自民党県議団)の窓口は、あくまで星名幹事長を筆頭とする5名の県議団執行部だ。

 事実、先般の豚コレラ対策に関する県議団からの要望は、星名幹事長(+重鎮の中沢丈一県議)から受け取った。

 そりゃあ、そうだろう。星名幹事長は、県議団の民意で選ばれた代表なのだ。念のために言っておくが、そこらへんの筋を軽んじるつもりは一切ない!県政にとって幸運なのは、知事と今の県連幹事長の間に信頼関係があることだ。

 自民党県議団の皆さん、これだけはぜひ、頭に置いておいてください。知事と県連幹事長の間に「いつでも話し合える」関係があることは、県政をスムーズに進める上で極めて重要なことなのです!!

 さあて、と。運動もやったし、最後のブログも書き終えた。これから熱いお風呂に浸かって、布団に倒れ込む。