2022年1月16日:パート2

 19時30分。高崎の自宅にいる。夕食後のお茶を飲みながら、パソコンの電源を入れた。

 今晩の夕食は、群馬の豚を使った生姜焼き。生姜焼きというか、生姜煮(?)みたいな不思議な料理だった。(苦笑)が、これはこれで、かなり美味しかった。え?生姜焼き定食には定番のキャベツも、たっぷり食べた。もちろん、群馬県産だ。

 さて、群馬県はこれまで政府の新型コロナ対策を一貫して支持して来た。知事の会見で政府の対応に関する評価を聞かれる度に、次のような発言を繰り返して来た。

 「過去に経験したことのない未曾有の状況だ。何をやっても批判される難しい空気の中で、政府には、精一杯の対応をしていただいていると思う。その見方は、岸田内閣になっても変わらない。県に対する国の様々な支援には感謝しているし、評価している。」

 「知事としての基本姿勢は、政府に文句を言うことではなく、政府と力を合わせてコロナを封じ込めることだ。県単独では出来ないことも多い。引き続き、国との連携を重視していきたい!」

 こうした県の基本方針は、今後も変わらない。岸田内閣の手腕にも、大いに期待している。が、そのことを断った上で、現場のプレーヤーである知事として、「岸田首相に強くお願いしたい2つのこと」を率直に書かせてもらう。

 NHKが毎日、更新している「直近1週間の人口10万人あたりの感染者数」を、改めてチェックしてみた。最新の数値だと、群馬県は全国で14位。思ったより時間を要しているものの、(全国の感染状況を考えると)今週中には、20位前後まで後退する可能性が高い。群馬以外の地域でも、より急激なペースで感染者が増加しているからだ。

 昨年の12月、その群馬県で(前述したNHK発表の)人口比の感染者数が全国最多になっていた時期があった。全国的な感染者数が急減していた時期とはいえ、群馬より人口や経済規模が大きい上に、ワクチン接種率が群馬より低かった多くの都道府県の数値を、20日近く(?)上回っていたのだ。

 もちろん、当時の1日あたりの感染者数や病床稼働率等から見て、県内の医療提供体制に影響を及ぼすようなレベルではなかった。直ちに「警戒度」を上げるような窮地に陥っていたわけではない。が、そうは言っても、暫くの間、「人口比の感染者数が全国で最も多い」状況が続いていたのだ。

 知事として、「県民の皆さんに少しでも不安を与えていたとしたら、申し訳ない!」と心を痛めていた。ここから、感染の急拡大に繋がることも心配だった。

 様々な角度からの分析を試みたものの、「なぜ、群馬県の人口比の感染者が東京より高くなっているのか?」に関して、明確な原因は掴めなかった。が、ひとつ明確なことがあった。それは、より東京に近く、外国籍住民の比率も高い東毛地域(群馬県東部)の感染者数が突出して多い傾向が続いていたことだ。

 こうした流れを踏まえ、群馬県のモデルナワクチンの在庫を使って、1日でも早く群馬県東部地域の住民の方々に、3回目のワクチン接種を受けてもらうことが重要だと考えた。知事として、県民の生命と健康、暮らしを守るための最善の策を模索するのは、当然のことだ。そうでしょう?!

 そこで、厚労省に対して、次のようなお願いをした。担当部局のみならず、副知事からも、丁寧に説明してもらった。

 「新型コロナの第5波は、全国的に収束しつつある。にもかかわらず、群馬県での人口比の感染者数が全国で最も多くなっている。特に陽性者が東部地域に集中している。感染の急拡大を抑えるために、この地域の住民に対する追加接種の間隔を1ヶ月でも前倒しして、ワクチンを打つことを認めていただけないだろうか?その際は、群馬県の持つモデルナワクチンの在庫を活用させていただきたいと考えている。」

 

 その時期(昨年12月)に群馬県で起こっていたことは、必ず遅れて他の地域でも発生すると確信していた。複数の専門家から、オミクロン株による全国的な感染急拡大の可能性も指摘されていた。「先ずは打てるところから、打っていく方がいいに決まっている」と思った。

 

 この要望に対する厚労省某幹部の反応(発言)の報告を聞いて、愕然とした。というより、とても悔しい思いをした。

 え?自分はこの幹部の意見が、政府全体の見解だとは考えていない。新型コロナ対策に必死に取り組んでいる厚労省を批判するようなこともしたくない。が、この人物の発言だけは、この「ちっちゃな発信装置」に書き残しておく。

 さあ、そろそろ運動しないと。この続きはその②で。

追伸:NHKが先週、発表した2022年1月の世論調査によると、岸田内閣の支持率は57%、不支持は20%となった。やっぱり、NHKの数字が最も体感に近い。

     <知事とJA群馬幹部(各地の農協)との意見交換会>



<ニューイヤー駅伝2位という快挙を成し遂げたスバルチームが来訪>