インフルエンザになっても家族にうつらない“健康住宅” | 健康一番の家 主婦の住み心地体感ブログ・住まいブログ

健康一番の家 主婦の住み心地体感ブログ・住まいブログ

山口県で、【健康住宅】外断熱・二重通気工法の『健康一番の家』に住んでいる主婦です。
我が家の住み心地、実際にお住まいのOBの先輩方の生の声を公開しています。

明治維新胎動の町で住宅維新が始まる!!

 

 

 

こんにちは!

住み心地こだわり体感オバサンこと、今福佳子です♪

 

 

一つでもお役に立てば心

 

 

この時期一番の、“健康住宅”は

家の中で24時間、

温度差を感じる所のない暖かい家

というだけではありませんらぶ1

 

 

確かな換気が大切!!住環境アドバイザーより

 

 

この家は一年中毎日、

家中の空気を二時間に一度

完全に入れ替える換気システムがあります。 

 

 

黄砂や花粉・PM2,5をも

ほぼ100%シャットダウンする

高性能フィルターが備わっています。

 

 

 さらにそれは、この時期特に嬉しい

熱交換機能も備わっていて、

外の冷たい空気を暖めてから家の中にいれているのです。

 

 

『換気』・・・確かな室内空気の入れ換えがあれば、

カゼ・インフルエンザなどは高い確率で防ぐことができるのです。

 

 

もし家族の誰かかが外でインフルエンザにかかったとしても

個室扱いにすると他の家族にはうつらないのです。

拡散を防ぎ、その人のみで、終えるからです。

 

 

でも、そこで大事なのが、給排気の位置です。

そして各部屋に排気口を設けてあるかが大切。

 

 

今までは、誰か一人風邪を引けば、

いつのまにか家族みんなにうつってしまっていた事も多かったけど

この家に住みだして、インフルエンザになっても

「お陰で一人ですみましたよ!!

との声もよくお聞きします。

 

 

さらに

「換気口を設けることにより臭いがなくなりました。」

 

 

これは今月2月10日

山口県萩市で、公演をされる

東京都管轄NPO法人健康住宅普及協会の副理事長、

住環境アドバイザー上郡清政氏のお話。

 

 

私には95歳の母がいます。臭いがあります。でもこの対応により高齢者独特の拒否感がやわらぎます。

 

 

もう一点、いくら優れた熱交換型換気といえども100%の熱交換はないでしょう。

 

 

すると給気口からは室温より低い空気が入ってくる計算になります。

 

 

結果、室温は下がると思います。

 

 

仮に100%熱交換だったとしても、空気の流れは体感的に寒く感じるはずです。

 

 

給気を排気に位置替えする・・・暖かさのメリットが生まれます。

 

 

ところで、

このおばあちゃま、

なんと一年中素足で暮らしておられるんですって!

もちろん、今年の極寒日も

我が家と同じ健康一番の家にお住まいの年配の方も、素足でお暮らしの方多いですが、

さすがに95際はスゴイですよねらぶ1

 

 

ではここで又々、

上郡副理事長さんのブログより

 

 

《いい家を、つかむコツ》

 

 

1、既にお住いされているお客様宅で体感させてもらうこと。

 

 

2、自ら知識武装をして、ごまかされないこと。

 

 

『大盛況だったTANBA未来フェス』

 

 

この写真は、二日目のプレゼンすべてが終わったときの様子。

 

 

 

 

 

この後に記念撮影が行われました。

 

 

私はプレゼンの10分間の中で、

 

 

「この会場の空気は、どこから入ってきていますか?

 

 

そしてその空気は、どこから出て行っていますか?」

 

 

と皆さんに尋ねてみました。

 

 

続いて、

 

 

「この会場の暖房はエアコン。

 

 

もしカゼ・インフルエンザにかかっている人がいて、咳をすればどうなるでしょうか?

 

 

あなたのご家庭に於いても、誰か一人がかぜをひけば、いつしか家族全員がうつってしまっていたってこと、ありませんか?」

 

 

と申しました。

 

 

すると会場は、一瞬静かになりました。

 

 

皆さん身に覚えがあるのでしょうね。

 

 

来る2月10日。私は山口県萩市の萩・明倫学舎でも講演させていただきます。

 

 

萩・『住宅維新実行委員会』様からのご依頼です。

 

 
 
 

この日はたっぷり時間を取っていただいています。

 

 

講演後、質問をお受けする時間も設けています。

 

 

さらに翌日には、すでに相談依頼者もあるそうですが、帰路時間いっぱいまでご相談を受けさせていただくつもりです。

 

 

あなたも参加して健康に暮らすためには何が必要かを学んでください。

 

 

その知識武装を使って、あなたのご家族みんなを護ってあげてください。

 

 

 

この講演会、私もとても楽しみにしていますらぶ1
 
 
山口県北浦地区の皆さま
今日2月1日の新聞折り込み見られましたか?
 
 
北浦地区で人気の地域情報誌「北浦うぇぶ」でも、
記事として取り上げられていました。
 
 
 
 
どうぞ確かな健康住宅をお探しの方に届きますように・・・心
この講演会でお逢いできますように・・・
 
 

今日も最後までお読み下さいまして、ありがとうございました心


 大切なのは、健康・住み心地かもしれませんね
 

 

 

参考
どこにも無かった誰も知らなかった『健康一番の家』
一乗建設ホームページ    はこちらから!!

 

 

【お知らせ】

 

 上郡清政氏 講演会

 

東京都管轄NPO法人健康住宅普及協会の副理事長 来萩!!

 「家は人を救い護るもの」…

 家のあり方で防げる病気があります。

 病気になる原因を減らし、自己免疫力を高める家づくり。

 今こそ、家のあり方が問われている時ではないでしょうか? 

 今住んでいる家でも、工夫や努力次第で今よりずっと

 健康的で病気になりにくい家をつくることができます。

 健康で暮らせる家とは何かを15年間のデータを使いながら

 分かりやすく解説。

 

 住宅と健康との関係性・暮らし方を知る事で

 より快適で健康な暮らしを

 

明治維新胎動の町で住宅維新が始まる……

 

日   時 : 2018年 2月10日(土)  午前10時~
場   所 : 萩明倫学舎 2F展示映像室
        山口県萩市江向602番地

テーマ  : 「家があなたを病気にする」

 

人  数  : 40名限定
参加料 : 無料

 

主催:住宅維新実行委員会

 

 

『病気にならない家 

               6つのルール』

 KKベストセラーズから昨年10月20日発売。

全国の主たる書店に並んでいます。

価格 ¥1,512  (本体¥1,400)

 

 

 東京都管轄NPO法人健康住宅普及協会の副理事長、

住環境アドバイザー上郡清政氏著です。

 

「病気は家で治せ!」に引き続き

第二弾がいよいよ発刊!!

 

病気にならない家6つのルールの詳細は一乗建設ホームページをご覧ください

 

住みごこちこだわり体感オバサンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス