プロ野球の世界に入るのは、東大に入るよりも、政治家になるよりも狭き門です。

その狭き門を、親子兄弟で潜るという凄腕の家族が存在します。

先に紹介した松沼兄弟がそうでした。

 

調べていると、茨城県出身で「兄弟選手」と不思議な縁のある選手がいました。ちなみに本人は違います。

 



今回はこの選手

 

大野久(おおの ひさし)

 

{ABFFB9C0-C9D6-4343-BC67-5C2097BD5114}




茨城県取手市出身

外野手

右投げ両打ち

 

取手二高→東洋大→日産自動車→阪神→福岡ダイエー→中日

 

1977年、高校2年のとき、5番センターで甲子園出場。

翌1978年、連続出場。このときは4番投手でした。

 

甲子園では2年時に2回戦、3年時には1回戦で敗退してしまいました。

 

その後、東洋大へ進学。

取手二から東洋大へ進学したのは西武ライオンズに在籍した「松沼兄弟」と同じ進路です。

 

東都大学リーグではベストナイン2回。

1982年春期リーグ優勝、全日本選手権準優勝の成績でした。

 

このとき東洋大のエースだったのが、後に中日ドラゴンズに入団する「二村兄弟の弟、二村徹」でした。

 

大学卒業後は日産自動車に進み、都市対抗で優勝も経験し、アマチュア選手権日本代表にも選出されました。

この時、なんと代表20人中12人が日産自動車の選手でした。

 同じく選ばれた三菱自動車や富士重工の選手、肩身が狭く無かったのか心配になりますw



1984年ドラフト5位で阪神タイガースに入団。

ドラフト1位嶋田章弘、ドラフト4位嶋田宗彦の「嶋田兄弟」と同期入団になりました。

 


ちなみにこの年の阪急ブレーブスのドラフト1位は「白井兄弟」の兄、白井孝幸でした。

弟は、後に日本ハムへ入団する白井康勝。

 

プロ入り1年目でいきなり「阪神フィーバー」と言われた1985年の優勝を経験。

大学、社会人、プロで日本一を経験するという運の持ち主です。

 

徐々に頭角を現し、主に「1番センター」で試合に出場しました。

打率ランキング7位になった年もあります。

 

しかし時は阪神暗黒時代、チーム事情が悪いとトレードや補強を頻繁に行います。

当時主力だった大野にもトレードの波が押し寄せ、1990年オフに4対5の大型トレードで福岡ダイエーへ移籍となりました。


この時、交換要員に「右田兄弟の弟、右田雅彦」がおりました。



 

移籍した1991年、大野は開幕から9番センターで起用され、後に2番や1番を打つようになります。

この年全試合出場を果たし、盗塁王のタイトルまで獲得する活躍を見せたのでした!!

茨城県出身のタイトルホルダーって、少ないから貴重なんです・・・・。

 

その後1994年に戦力外通告を受け、中日へ移籍します。

ここで「大豊、大順兄弟」の大豊と一緒…は言い過ぎかな?

( ̄▽ ̄;)


しかし移籍後も目立った活躍が出来ず、1年で引退となりました。



通算成績は

打率.259 本塁打23 盗塁138

16本の3塁打を記録しています。



引退後は2年間、中日の外野守備走塁コーチを務め退団。


引退後の彼の活動には驚かされます!!


しばらく名前を聞かないと思っていたら、茨城県の「東洋大牛久高」の教員になっていました。


東洋大時代に教員免許を取っていたと思っていたのですが、なんと引退後に大学へ入り直して取ったそうです。



教員となった後、もちろん野球部の監督に就任!!

プロ野球選手のセカンドキャリアとして、安泰の生活を手に入れました。


…と思ったら何と10年程で退職し、2014年から野球の指導のためオーストラリアへ渡ってしまいました。

現地で高校のコーチを務めていたとか?


帰国後、2016年に侍ジャパンU15コーチを務めております。


指導者として異色のキャリアを積んでいる大野久、今後の活躍も見届けたいと思います。

(⌒▽⌒)


最近はFacebookに現れ始めましたw



最後に…

どうせなら、大野久の兄弟がどうなのかも知りたかったのですが、調べても出て来ませんでした……。


 

12月に入ってからのファイターズは、金子千尋の電撃獲得、トンキンのリリース、そして王柏融の契約合意で紙面を騒がせました。

日本ハム本社が台湾に進出不可能なため、ファイターズの王柏融獲得は意外でした。
しかも4年契約!

親会社の経営とは離れた所での獲得のようです。
それとも、何か思惑があるのかな??
とにかく楽しみです。

それだけでなく、金子千尋がファイターズと合意するとも思っていなかったので、こちらの方が驚きは大きかったです!

まさか、増井がオリックスに入り、金子千尋がファイターズに入るとは…。
2年前までは予想もしませんでしたw




………鵜久森は何してる??