村上 誠のSEOマスターへの道

Amebaでブログを始めよう!
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

これからのSEOを語る前に

YahooとGoogleの提携の話題も少し落ち着いてきたように感じる。

SEOに関わる人間にとっては、Yahooのアルゴリズムがどうなるのか?という

部分だと思うが、これについては現時点では明らかにされていない。


GoogleのSERpがそのまま使われるという意見、そうでないという意見。


ネット上のブログなどでは、両者入り交じった記事が飛び交っている。

鼻息荒く、いかにも“真実“のように書かれたブログが多数見受けられる。

このブログで書いている内容もそうだが、これらの情報はあくまで

“予想”または“期待値”である。

本当のことなど、今回の提携話のようにふたを開けてみなけらば分からない。

このブログの読者も、その点に留意して読んでいただきたい。


正直、どのような状況になろうと対策に変わりはない。


SEOの基本はYahooだろうがGoogleだろうが変わりないのだ。

現在すでに両方で上位表示をしている事実が

顧客にはそれをご理解頂くと同時に証明している。


最近やたらと目に付くようになってきた「Google対策」をウリにした

SEO業者の広告も別に反対もしないし、私には関係ないことだが虚しさを覚える。

「弊社では以前からGoogle対策が得意でした」なんていう謳い文句は特に信用できない。


ということはYahooはダメだったということか?


まったくいい加減である。

これでは、SEO業界がグレーに見られるのも致し方ない。


これからのSEO対策について。

しっかりとノウハウを持っているSEO業者は、今回の提携の件で

今までより社内コストが上がることを理解されているだろう。

逆に、今まで「とりあえず買い漁ったオールドドメイン」に適当なコンテンツを入れて

ワンパターンなリンクで商いをしていた“なんちゃってSEO業者”はこの先辛くなる。

淘汰されるか、しっかりしたノウハウを構築するかのどちらかしかない。


もちろんGoogleだって神ではないので抜け道はある。

どのような対策をされるのか、またどんな業者に依頼するのか

いま一度、再検討する良い機会だと思う。

Yahoo=Googleだと誰が言った?

先日のYahooとGoogleの提携発表は、まだまだ話題性が高く


日々、その進展についての情報を求めるSEOマスターたちもいるだろう。



だが、今回の発表においてその意図をくみ取ろうとせず


早計な判断をすれば、自分の首を絞めることになる。



そもそも、今回の提携話は米Yahooがマイクロソフトと提携することにより


YSTの開発が止まることに起因している。



日Yahooは検索エンジンを持たないポータルサイトの位置づけを強調しており


検索エンジンについては、開発・維持コストを考えれば他社のものを


使用をしなければ続けられない状況だ。



そんな中で、目を向けたのが世界最高峰の検索エンジンGoogleな訳だ。


しかし、それをそのまま使えばまさに“独禁法違反”とされる訳で


そこにYahoo独自の“オリジナル性“を加えるという条件により公取からOKをもらっているとされている。



いくらSERPに、知恵袋やニュースを盛り込んだとしてもWeb検索結果そのものが


Googleとまったく同じだったら恐らく問題になったのではないだろうか?


もちろん、提携初期の段階では致し方ないとしてもずっとそのままではないだろう。



アルタビスタしかり、米Yahooしかりだ。


つまり、日Yahooにおいて独自のフィルターがかかることは


予想しておいた方が良いということだ。


今までより圧倒的にSEO対策がしやすくなると感じるSEOマスターも多いと思うが


Yahoo=Googleのようなつもりでいると、思わぬしっぺ返しを喰らうだろう。


本質のSEOはYahooであろうとGoogleであろうと変わらない。


検索結果に違いがでるのはコンセプトの違いなのだ。

YahooがGoogleを採用する本当の理由とは?

本日、SEO業界に激震が走った。

YahooJapanが検索エンジンにGoogleを採用するとの発表が正式にされた。

【Yahooプレスリリース】
http://pr.yahoo.co.jp/release/2010/0727a.html

『Bingではなかったのか・・・!?』

そんなSEOマスターの声があちこちから聞こえてきそうだ。


日本国内の検索エンジンシェアにおいてYSTとGoogleが手を結べば、実に90%以上のシェアを

握ることになりまさに独占状態となる。


すでにBingとの統合に向けてテストが行われている米Yahooだが、日YahooにおいてもBingの

アルゴリズムと思われる動きがいくつものキーワードで見られていることを確認している。

ここまで動いてきたBing(マイクロソフト)にとって、この状態を黙って見過ごすとは考えにくく

“独禁法違反”を盾に反撃することは容易に想像がつく。


一体何があったのだろうか?

ここからは、あくまで個人的推測であることをお伝えしておきたい。


YahooJapanの姿勢は、現在のYSTについてあくまで『ポータルサイト』と位置付けており

検索エンジンではない。

もともとマイクロソフトとの統合において、米YahooがBingと統合してしまえば日Yahooは独自でYSTを

維持しなければならずコストの負担増は避けられない。


そのためには、他の検索エンジンとの統合が手っ取り早い。


しかし、Bingとの統合にはいくつもの調整が必要となりそのためのコストはすべて

日Yahooが負担するわけだが、以前に利用したことのあるGoogleなら話は早い。


また、Googleの検索エンジン“カフェイン”の精度は誰もが認める折り紙つきだ。

クロールとほぼ同時にインデックスするなんて芸当はBingやYSTには到底できないことだ。


コストを抑えて優秀な検索エンジンを手に入れる。

実にソフトバンクらしいやり方だ。


ただ、Googleを採用してもYSTオリジナルのアルゴリズムは残るとされているので

この辺りは引き続き注視していきたいところだ。

SEO業界に携わる人間にとっては、圧倒的にSEO対策がしやすくなるという反面

よりパワーゲーム的な要素が強くなるのではないだろうか。


それでも、今までGoogleを利用したことのないネット初心者にとって『検索する』という行為が

今よりネットを楽しむ機会へとつながることになることを期待せずにはいられない。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>