2018GWの三浦半島

テーマ:

こんにちは、イノウエ農商事、井上です。

 

本日の三浦半島は晴天の一日でした。

日中の気温は24℃。

お天気、気温ともに最高のゴールデンウィーク初日と言った感じですよね。

私の仕事の拠点でもあります、ここ三浦半島も観光スポットとして人気のある場所の一つとされています。
三浦、横須賀、逗子、葉山、鎌倉…ドライブも良いけど、せっかくなら電車などを利用すれば、海や陸の幸を食べつつ、お日様の下でビールも飲めちゃう…いかん、いかん、そんな妄想している場合じゃない、私はまだ仕事中だった(苦笑)

 

…さて、本題にもどります。
三浦半島のイチゴ栽培もいよいよ終盤。
5月で本年度のイチゴは終了となります…とは言っても、農業の現場では来年度のイチゴ苗作りは既にスタートしているので、イチゴの果実の時期は終わりますが、イチゴ栽培に関わる仕事が終了という事は一年を通してないんです。

こちらは、現在のイチゴのハウスの様子です。この時期は気温も高くなり、すぐに過熟となってしまうため、美味しいイチゴを食べてもらうためには、お客様が来る前に熟し過ぎたイチゴはどんどん外していかないとなりません。こちらのハウスではその作業を終えたところです。これもとても手間のかかる作業です。

皆さんのご来場に合わせて、食べごろの真っ赤なイチゴ達がたくさん実っております。…あれ?やっぱりGW繋がりの話しになっちゃいますね…仕方ありません。なんて言ったって、今日はGWの初日です(笑)
皆さんもぜひ三浦半島今年最後のイチゴ達に会いに来てくださいね。

 

そしておまけで…

わたくし今年もパシフィコ横浜で開催されておりました2018日本フラワー&ガーデンショウへお手伝いに行っていました。

今年のショウのテーマフラワーは「あじさい」

私の家にもあじさいはありますが、これだけボリュームがあるあじさいは圧巻ですね。

この庭を約一日で作り終えてしまうんですから凄いですよね…撤収は2時間程度なのでもっと凄い。

そして、私が受け持ったコーナーはこちら。


今年は天候の影響や急きょの内容変更で、私の想像していた苗よりも小さな苗が届き、子供たちにはがんばって植えて貰ったけど、非常に難しい小さな苗たち…上手に育ってくれているかな?

…三浦半島の地から手を合わせ「子供たちに力を貸して~」と農業の神様にお願いしてまーす。子供たちの努力が実を結び、きっと上手に育つはず(笑)

 

今年のGWは長い人だと9連休とか。

事故やケガには気を付けて楽しい休日をお過ごしください。

 

お仕事の方は明日もまた頑張って行きましょうね!

 

 

株式会社イノウエ農商事 神奈川県三浦市初声町高円坊578
井上秀樹 毒物劇物取扱者 グリーンアドバイザー
Copyright:C 2008-2018 INOUENOUSYOUJI All Rights Reserved

 

【ブログ執筆ポリシー】

◇国内の農家をはじめ、多くの野菜を作る人と、それに携わる人
そして、国産の野菜や果実を食材として料理する人と食べる人々のプラスになる明るい農業情報の執筆を心がけます。
◇守秘情報は執筆致しません。
◇当ブログは著作物です。文章、画像、内容の引用や転載の際はご一報ください。