葉蓋と洗い茶巾

テーマ:

茶道のお稽古で四条畷へ。

盛夏のお点前は、

水の音、梶の青葉、瑠璃色の茶器で涼を求めて。

 

 

ご挨拶をし、冷房がしっかりと効いたお茶室に入り、

床の間のお軸「平常心是道」を拝見し、茶花を愛でてホッと一息。

 

主菓子は宗家 源吉兆庵の水沫柑という生菓子、

涼やかなガラスのお皿に冷えたレモンの和菓子は

ほのかな苦みのあるレモンピールと白あんの爽やかな羊羹です。

 

梶の葉を蓋に見立てた水差しを使って、

洗い茶巾の薄茶、濃茶のお点前をお稽古しました。

 

 

夏らしいガラスの器に水を張って、

お客様の前で茶巾をしぼって、水の音で涼を感じてもらう

夏限定のお点前です。

 

 

今回は茶花が2ヶ所に。

桔梗も水引草も優雅に咲いていますが、

薄桃色の秋海棠が元気よく花器に収まっています。

 

 

◆◆◆
山口晴子(食の研究家・野菜ソムリエ上級プロ)のホームページは
こちらをクリックしてください。

よろしくお願いします(^^