ふいに

幼馴染の声を聞きたくなり。

電話〜テルテルテル〜 プッ

 

ゆう「おう!」

 

幼「おう!」

 

この「おう」だけで

なんとなぁ〜く互いの調子が透ける(笑)

なにせ小学からの付き合い

 

たいてーそっから

どーでもいい話に〜ペーラペラ

 

そんときは・・・

途中で「楽しさ」の話に。

 

ゆう「楽しいって思うことってさ

その時に、しなくって、1年後したら

楽しくなくなってることあるよねー」

 

幼「おーよ あるある

そん時やから、楽しいんや」

 

ゆ「やんな〜 旬、あるよな〜」

 

幼「旬すぎたら、楽しないわ」

 

ゆ「ホンマ、ホンマ。

ほんで、その時その時の旬の

楽しいのやってくと

なんか ツナがってくんだよね〜

ホンマ おもろいわ〜」

 

幼「おっ!

ゆうのいつも言ってる

“ 今を生きるやな ”」

 

ゆ「うおっ ホンマや。 はははっ」

 

幼「やろ。わはははっ」

 

 

「したい」ことって

「その時にしたい こと。

 

今、同じことをしても、

その時と

同じ熱量で、できない!!

旬が過ぎちゃった

 

チャンスの神様に後髪はない

今を生きる

旬のモノを食す

などなど

 

いろんな言葉が

ツルツル〜とつながっちゃいます(笑)

イェーイ♡

 

「したい」ことすると、妙に楽しい。

 

無条件に、楽しい。

役立つ or 役立たない 関係なしに、楽しい。

 

その楽しさの

「小さな1つ1つ」が

つながりあって、道が造られてゆく。

そうやって今に(笑)

 

ホント「楽しい」は人生の羅針盤だなぁ

〜〜〜〜〜〜〜〜

3つの「したい」

〜〜〜〜〜〜〜〜

◉ “頭の” したい

◉ "感情の” したい

◉ “心身の奥からの” したい

 

3つの「したい」がある。

 

⚫︎頭の「したい」は・・・

したい「理由」がある。

義務や常識の「しなければ」

損得勘定の「した方がいい」がある

 

頭の食欲「お昼だから食べなきゃ」

「ご飯食べないと健康にならない」

CMやテレビ映像の刷り込みのニセ食欲。

 

 

⚫︎感情の「したい」は・・・

気分や周りの状況で、簡単に変動。

影響され、揺れ動き、すぐなえる。

 

感情の食欲「イライラした時、食べたら楽」

食物を体内に入れ消化エネルギーを使うと

ボーーと頭が働かず、余計なこと考えない。

その経験から、

体に不要でも何かを食すクセがつく。体に負担。

 

 

⚫︎心身の奥からの「したい」は・・・

奥から淡々と湧き上がるマグマ。

する理由が「ない」のに「したい」

あらがえない。

 

理屈で考えると

「いらない」と思えることも

なぜか?「わけもなく したい」が

フツフツ静かに湧き上がる

 

湧き上がる「したい」をすると

スッゴク楽しい。

 

ちょっとした日常の

小さな湧き上がる「したい」を

行動してゆくと・・・

 

どんどんツナがってゆく。

思ってもない道が拓ける

そんな話を2018年にも書いてました。

より具体的エピソード。

 

どうぞ〜ウインクラブラブ ええ記事です。

チョードキドキ おすすめ〜チューチューチュー合格音譜

 

 

 

気分転換に「東京03」のコント音譜爆  笑爆  笑爆  笑音譜ワハハハ