ある母親が話してくれたことです。

3月にソフトプラスチックの刀を父親に買って貰いました。何日か後に、息子(7歳)はそれを持ってある銀行に何回か出入りしたそうです。銀行はそれを黙認して居たようです。何回か銀行に行ったとき、息子は「銀行強盗ってどうやってやるんですか?」と行員に声をかけたそうです。その後、銀行の別の部屋で2人の行員の方々と2時間くらい話をしたそうです。行員さん達は息子の話を丁寧に聞いてくれたそうです。
息子は自分の身元を明かさなかったので、その後、警察官が呼ばれ、その警察官のスマフォを借りて、息子が電話をかけきました。銀行まで迎えに行って、警察官からいろいろと注意をされて、息子と一緒に帰りました。

現実離れした話しですが、今でもこのようなことをする子どもがいるのですね。今頃の子どもは親にしっかりと管理されていますから、このような行動に出ることは無いでしょう。それでもいたことに驚きです。
この男の子がなぜ父親にソフトプラスチックの刀を買って貰ったのか、分かりません。しかしこの男の子なりに意味があったはずです。その意味からそれを持って銀行に行っています。
それにしても自分から銀行強盗の話を持ち出していることから、何かの理由で銀行強盗をする事に興味を持っていたのだと思います。それもその男の子なりの興味で有り、一時的で有り、大人になって銀行強盗をすると言う意味ではありません。
銀行からも、警察からも、両親からも、この男の子のした事を強くとがめられていません。常識的には、強くとがめて(子どもを叱って)、二度とこのようなことを考えない様に、しない様にするのでしょうが、それは大人についての話しです。この男の子にとって、とても良い経験になったと思います。この男の子なりに社会を知ったでしょうし、同じ事を二度としないでしょう。
私がこの話に興味を強く持った理由は、この男の子の発想力と実行力です。それを否定しないで認めてくれた親や、関係した人々が本当にありがたいです。この男の子はこの能力を、きっと発展してくれると思っています。

>8歳のお子さんが自分で自分を縛るのですね。。。辛いです。
>縛る物としては、人目、学校の時間帯は外出を避けるように親に言われる、学生や制服を街で見て辛くなる、昼に外出していることで学校にいっていないことを改めて自覚してしまう、外出はできるのに学校には行けないということを自分で葛藤してしまう、、などでしょうか。
>まだ大人の常識から抜け切れていないですかね…。


>8歳のお子さんが自分で自分を縛るのですね
私の説明が不十分で申し訳ありません。

>縛る物としては、人目、学校の時間帯は外出を避けるように親に言われる、学生や制服を街で見て辛くなる、昼に外出していることで学校にいっていないことを改めて自覚してしまう、外出はできるのに学校には行けないということを自分で葛藤してしまう、、などでしょうか。
不登校などの心が辛い子どもでは、これらの事柄で(情動の回避系である事、つまり子どもが嫌と感じる事で子どもを操作する=罰を与える)子どもの行動を操作、制限すると、かえって不登校問題の解決を難しくします。

子どもがその行動を制限されることを喜ぶ様な形での、子どもの行動操作です。
つまりその行動をしないとご褒美を貰えると言う意味です。子どもにはある行動をするとご褒美をあげると言う形と、ある行動をしないとご褒美をあげると言う形があります。その後の形を用いようという意味です。

このご褒美として何か子どもが喜ぶ物をあげると言う方法もありますが、それを繰り返すとご褒美に依存を生じて、ご褒美がご褒美で無くなってしまいます。つまりいくら子どもに与えても子どもが依存をしない物で無くてはなりません。

それは子どもと母親との信頼関係です。子どもは母親からの信頼感を感じていると、母親の嫌がる様なことをしなくなります。もちろん母親で無くても良いのですが、母親以外の人で子どもを無条件で信頼するのは難しさがあります。子どもの方でも、母親以外の人に母親と同じ信頼感を感じるのは大変難しいです。

 

ある母親からの質問への返答です。

不登校引きこもりで荒れる子どものありのままの姿を認めるとは
子どもの姿を
子どもを母親の知識から評価しない
母親にとって良いことでも、悪いことでも、それをそのまま認めて対応をする
子どもがしていることを今この子どもが必要としているとして対応をする
子どもへの対応について、母親は無心で対応をする
無心には、母親の持つ常識、知識から反射的に対応をするのでは無くて、
母親の持つ母性から反射的に対応をすると言う意味
 

>子供はもっと賢いと思います。
そうですね。子どもも自分の一生がかかっていることを意識はしていませんが、一生懸命成長をしていますから。

>無理して学校や習い事に行くとどうなってしまうのか、きちんと系統立てて説明してあげる事が大切なのではないかと思います。
それが出来るお子さんですから、本当にすてきなお子さんをお持ちですね。

>頑張ると無理するの違い
>休む事の大切さ
>学校にどんな理由があって行く必要がないと母は思っているのか
>そういった事を我が子に説明していました。
この説明がお子さんに届いて、お子さんはとても楽になったのでしょうね。

>そしたら娘は、自分でまだ習い事を始める時期ではないと判断し、その後自分のタイミングで習い事を再開し、軌道にのりました。
>学校も、娘が行きたいと言い出したタイミングで行かせましたが、それから半年、停滞はすれど少しづつ改善もし、後退はしていません。
きっと不登校の分類の2の形のお子さんだったのだと思います。

>娘の判断に任せましたが、それで我が家は上手く行っています。
>娘は自分で、休むべきときと頑張るべき時の判断力を磨き続けています。
>学校も、無理だと判断したら自分でちゃんと休みます。
>自分で判断することは、娘の生きる力や自信に繋がっています。
それを認め支えてくださる御母様がいらっしゃるから、おこさんも自分の意思をしっかりと出せたのでしょう。

>子供は思っているより賢いので、知識さえ教えてあげれば、後は子供に任せるのが1番だと私は娘を見て感じました。
お嬢さんに関して、とても良い判断をして頂きました。

>もちろん子供によって差はあるかもしれませんが、こういう家庭もあります。
もちろんその様な経過のお子さんもいらっしゃいます。子どもの心に沿った対応をする必要があることの一つの例だと思います。
 

母親はしっかり逃げ道を作っているので、 良い子を演じているわけでもネットの大人から急かされているわけでもないと思います。
もしそうなら、元気がないとか荒れるとか、辛いサインが出るはずです。

また、暇つぶしに勉強をしているとも考えにくいです。
暇つぶしではなくて、勉強をしてみたら楽しかったんじゃないでしょうか?
ネットのつながりの中で、勉強のことが出たんだと思います。
そこにお子さんの「楽しい」があったんじゃないですか?
ゲームはその後、もうしてないんでしょうかね?
もしそうなら、ゲームを卒業したのかもしれませんね。
ゲームを好きなだけしたら、必ず卒業して新たに好きなことをするでしょうから、それが今は問題集を解くことになり、ゲームをしていたときと同じようにお子さんにとっては楽しいこと、まるで遊びと同じほど楽しいことなんじゃないかと思います。
 
とても良い姿だと思います。