7月に入って、一つのフリースクールの見学に3回見学に行きました。

以前、かんもくnetのおしゃべり会で知り合った、来年度、同じ中学に来る女の子Aちゃんが、そのフリースクールに通っているので、あみが乗り気になったのです。


あみとAちゃんは、散発的に郵便で手紙のやり取りをしていたので、仲良くなれるだろうと、あみも私も期待していました。

「あみのほうが年上なんだから、あみから話しかけてあげないとね」

なんて話しながら、その日を心待ちにしていました。

見学の3回目がAちゃんが通っている金曜日でした。そして、7月17日(金)、フリースクールの最寄り駅で待ち合わせて、一緒に歩いて行きました。

初めて会ったAちゃんはとても緊張していて、私達の方に顔も体も向けることができませんでした。

あみは、初めての人からは話しかけてほしい(たぶん、その時にその後話せる相手かどうかが決まる)と思う子です。だから、同じようなつもりでAちゃんにも、往路で一度、休み時間に一度、帰り支度をしている時に一度、話しかけてみました。でも、まったくの無反応だったので、。少し戸惑いました。

無視したつもりはないはずです。

その子によって話しかけられたいかどうか違うということについて思い至らず、三度も話しかけたのはまずかったかもしれません。お母さんに後でLINEで「話しかけすぎたかな?」と聞いてみたら、「そんなことないよ」と返してくれましたが、文面通りに受け取っていいのかどうか、わかりません。

Aちゃんと別れるとすぐ、
「無理……」
あみは言いました。まあ、そうだよね。
「Aちゃんのママも無理……」
えええ?そこ?
「お母さんはAちゃんに話しかけてたのに、Aちゃんのママはボクに話しかけてくれなかったし、ボクのほう見てくれなかった」

なるほど。そういえばそうでした。私はAちゃんとあみの仲を取り持ちたい一心だったので気づかなかったのですが、確かにAちゃんママは、私としか話していませんでした。

あみはかなり傷ついたようです。

そこでハッとしました。

Aちゃんからなんの反応もなかった時、私が戸惑ったのは、傷ついていたからだったのです。場面緘黙については、誰よりも知っていなければならないの、それでも、微かに傷ついてしまっていたのです。

「嫌な子」なんて、もちろん思いません。ただ、嫌われたのかな?悪いこと言ったのかな?と、場面緘黙でない子が同じ反応をしたら感じるであろうことが、一瞬、頭をよぎったことに、あみの言葉で気づきました。

「そうかぁ。そうだね。嫌だったよね。Aちゃんも緊張してたんだよ。あみは話しかけてもらうか相手から興味を示してもらわないと難しいから、緘黙同士は難しかったね」
と一旦あみの気持ちは受け止めたあと、続けました。
「ねぇ、あみも学校や放課後等デイサービスの一つでは話せないでしょ?それでも、あみが場面緘黙だということを理解してもらって、うまく配慮してもらっているから、まぁ、話せなくても、ちゃんと意思疎通はできるし、自分でも、嬉しいとか楽しいとかいう気持ちは表現できてるみたいだから、今のところは、誰かを傷つけたりはしていないと思う」

「ただ、場面緘黙のことを知らなかったりよくわからない人と初めて会ったらどうかな?その人はAちゃんと同じような感じになるよね?今、あみが感じているような気持ちになるんだよ?話せるようにならなくてもいい、わかってくれる人にわかってもらえればいいとか言ってたよね。自分はそれでいいかもしれない。でも、あみに話しかけて返事をしてもらえなかったり、反応が薄いと感じたりしたら、その人は、今のあみと同じように傷つくよね。そういうことも考えないとね」

あみも、ハッとしたような顔をして、うなずいていました。(内心、反発してくると思っていたので、その反応は意外でした)

今まで、こんな視点で考えたことはありませんでした。話せるようになるまでは、理解してもらう、配慮してもらう、そのためにはどうしたらいいか、そればかり考えていました。もちろん、それはどうしても必要で、お願いするしかありません。でも、話しかけたりした時、ごく当たり前の反応を得られなかったら、「感じ悪い」「変なやつ」「嫌なやつ」と思われるだろうと考えていましたが、たぶん、そう思う前に、返事が返ってこない、無視されたと感じて傷つくいたからそうなる場合も多い気がします。そのことに、やっと気づきました。

それに気づいたからといって、話せるようになるわけではないのですが、知っておくべきことだと思います。話せないことで、自分も嫌な思いをすることが多いけど、他の人にも嫌な思いをさせているということは心に留めておいてほしいと思います。

Aちゃんとうまく行かなかったのは残念でしたが、また時間が経てば何か変化があるかもしれません。来年度は同じクラスですし。

そのフリースクールは、通信制高校の名古屋学習センターの建物の一室にあります。フリースクールの見学のついでに、高校の教室を案内してもらったり、アニメ・アートゼミの体験もさせていただきました。でも、高校はどうもあみが思っていたのとは違っていたそうです。私も違う気がします。

フリースクール自体もイマイチでした。パンフレットには、「単なる居場所ではなく学校です。その子のペースに合わせて学習もします」とありましたが、どう見ても普通に居場所でした。

居場所なら、なごやフレンドリーナウに申し込んでいるので、そちらで受け入れられれば、そのほうが助かります。環境も設備も整っていますし、なにより無料ですから。(笑)

フリースクールは他を当たります。塾もまた考えるつもりです。