婚活、恋活の目的は?

テーマ:
こんばんは照れ


今日は暑かったですね〜。

真夏日のような暑さ。

これから梅雨に向かってすぐに夏。

夏の暑さを乗り切る体力作り

欠かせません照れ


さて、

カウンセリングで承るご相談に

婚活や恋活でのお悩みがあります。


なかなか上手くいかない。

上手くいかないから焦る。

焦るから自己否定をしてしまい

又、

他者の成功体験や幸せなSNSなどを見て

自己憐憫に陥り、

結果、

婚活や恋活を断念してしまう。


婚活や恋活だけに限らず、

何事も、なかなか上手くいかず

前に進まない時は苦しいし、

自分の器量や技量にどうしても

自信を失くし、

諦めてみたり、後回しにしてみたり、

僕たち人間は実に脆いメンタルです。

かと言って、

脆いメンタルを認めず、

強くならなければ、強くならなければ、

前に出なければ、前に出なければ、

ずーずーしく爆笑積極的に前向きに、

ポジティブシンキング、引き寄せの法則!!

などなど。

実にしんどいことを私たちはしちゃいます。


やるだけのことはやる!!


この発想で行くならば、

そりゃあ何がしかの結果は出るでしょう。

でも、

結果の後には日常が待っている。

結果が出たことに安心して、

何故?何のために?が抜け落ちてしまう

ってことがある。


そうなると、

本末転倒となり、

結果を出したんだから、

その結果を前提に生きないとなんて、

これまた現実が伴わない場合、

自分の選択を肯定するが為に、

多少の不具合は我慢をし、

苦しくなる。辛くなる。


こんなはずでは笑い泣き


私が選んだ限りは!


ってやつ。



自分の幸せってなんだっけ?

自分を生きるってどういうこと?


ある意味、

婚活や恋活は、

その意味を知る為のものかもしれません。
(結ばれたパートナーとの関係性において)


反面、

忘れがちなのが、

パートナーとの関係性において、

幸せを感じる。

生きがいを感じる。

にあたり、

パートナーの人生を歩んでしまう

ってことがよく起こったり、

又、

その後、

子どもに自分の人生を預けてしまう

ってことがよく起こったりして、

後々に、

問題が顕在化することもよくあることです。
(私の場合、カウンセリングで
最も承るのがこの問題)


私の人生って何だったの?

私はこの先、どうして生きていけばいいの?


この大きな壁を乗り越えていくのも

又とても辛いこと。


だから、


パートナー選びは慎重に

なんて安易なことでは結びませんし、

先をあれこれ考えても意味のないことかも

知れません。


でも、


これだけは、

ハッキリと言えることだと思います。


それは、



一人でいられる能力をしっかりと磨く。



シンプルにこれ。



一人でいられる能力とは?


「一人で幸せになれる力」と言っても

いいかもしれません。


僕たちは、

繋がりが希薄な時代だからこそ

繋がりを大切に生きています。

でも、

繋がること自体が幸せって概念から

脱却しないと苦しみは続きます。


人間って、

誰もが自分のことは自分で決めたいと

思っていて、

でも、

繋がりに安住した瞬間に、

その本能が薄れていってしまう。


つまりは、


一人

だからこそ、

誰かと有機的に繋がれる。


平たく言えば、

自分で自分を充たすことが出来るから

相手を充たすことが出来るのであって、

誰かに充してもらうことが繋がりではない。

又、

だからこそ、

パートナーは他者であり、

他者だからこそ尊重出来、

尊重出来るからこそ

お互いの相乗効果で、

より幸せは増加する。


一人での幸せの能力は自己完結。

二人以上の幸せの能力は共創原理。


このあたりが腑に落ちると、

殊更に

構えたり、繕ったり、落ち込んだり、

比較したり、羨んだり、焦ったり、

ってのがかなり減ってくると思えます照れ


話が大きくなっちゃいましたが、

婚活、恋活で上手くいかなかったり、

辛い想いで苦しんでらっしゃる方は、


先ずは、一人でいる能力を磨き、

幸せの自己完結を試みて、

そして、

幸せの質が又違うパートナー探しを

諦めたり、開き直ったり爆笑せず、

自分の

より幸せの為に進んで頂きたいなって

ホント願います。


疲れたら、

これ、


私の大好きなこの詩を贈ります。


余り疲れたら
しばらくのあいだ
路傍の石に腰をおろして
行き過ぎる人を眺めてみよう
君が休んでいるあいだも
彼らがそう遠くには行かないこと
がわかるであろう。

ツルゲーネフ


あなたはあなたの良さがあり、

私には私の良さがあります。

誰が認めようが認めまいが

良いところも

悪いところも

嫌なところも

駄目なところも

自らが全て認めればいい。

自らが全て認めて受け容れればいい。

自分のことは自分で決める。

勇気と覚悟が最後の最後に自分を救う。


これは僕の詩爆笑


素敵な夜をおねがい



本日の生き塾ブログは、


感情の顕在化←こちら







ココロテラス

津村健司