平塚さとみの「子育てはガマンしない」

平塚さとみの「子育てはガマンしない」

ブログの説明を入力します。

子育てはガマンしてするものでなく、

その日々も自分の大切な時間。

子どもと共に、毎日を楽しみながら過ごせたら

どんなに素敵なことでしょう!!

頑張るママ達に、肩の力を抜いてもらえるような

ホッとするブログです♥

コーヒーブレイクと共に、お立ち寄り下さいね!!

子育てアドバイザーの

平塚さとみです。


今朝、ふと思ったことを書きます。


末っ子が就職し、3人の子が、この春から全員社会人になりました。


我が家では、3人が中学受験をし、私学に行きました。


1番上の長男が私学に行くと決まった時に、

公立に行かせている先輩ママとか

公立に行かせることになっている先輩ママとかに


『男の子が、私学とかに行かせちゃうと、ヤワな子になるわよー!だからウチは男の子は公立‼️』


こんな言葉を何回掛けられたことかー。


我が家の選択は、子供を弱くするのか?


初心者マーク🔰のママだった私は、

心が乱されました。


しかし、子育て終了した今なら、

それは根拠のない話だったことが

わかります。


だって、その人は、私学に行かせたことがないんだから。


そんな事言ったら、全国の私学に行った人は

全員ヤワなのか??


ですよね。


でも、その時は、そんな風に考える余裕もなく


私の選択は間違っているのか⁉️


と、落ち込みました。


なので、もし、子育て中のママに、

あそこの学校はやめた方がいいよ!

あの習い事しても意味がないよ!


などと、

ネガティブな情報をくれる方がいたら、


ありがとうございます!


とだけ言って、


あとは、独自に調べればイイ。


そして、ちょっと広い視野を見るために

1メートル後ろに下がって見てみるー!


子育てママには、これが必要です。


何故なら、子育てに正解はないから。


東大に行っても、引きこもりになってしまう方もいれば、


中卒でも、明るく楽しく人間関係に恵まれて働いている人もいる。


また、受験の時に、

塾の先生は、色々とアドバイスしてくれますが、

ちょっと下がって見ると

塾も経営企業。


この学校は良いですよ〜‼️と言われて、

実際に見に行ったら、そうでも無かったことも多々あり。。


そ●たくなどもある感覚でした。。


ですから、まずは、子どもたちの意向、親の感覚を優先させることが重要。


ウチの子どもたちを見ていると、

それぞれ、同じ時代を過ごした仲間たちと、

今でも楽しい関係が続いているようです。

それぞれのタイプに合った学校?なのか、

学校に馴染んだのか?わからないけれど、

全員、あー我が母校❣️と、

明るい思い出になっているのが

幸いです!


これは、子育てだけでなく、

仕事や人間関係でも同じ。


ネガティブに言い切る人には

適当な距離を持って

話を聞いた方がイイ。


幸せに、満たされた毎日を送っている人は、

バランス感覚があるので、


絶対やめた方がいい!

とか、

言わないはずです。


私はこうだったけれどねー。

みたいに話す人なら


耳を傾けてもいいでしょう❣️