サカモトリュウ~今夜は泡風呂ぐ~

サカモトリュウ~今夜は泡風呂ぐ~

クズ男の哀愁と綻びを織り交ぜた
スパイシーなブログ。



さて、
そろそろ新しいMVを公開します!




それに伴い、シンプルな
ホームページが完成すると思われます。




それに伴い、僕のツイッターの
バイオグラフィーの欄に、
今までブログのURLを載せてましたが、
そこがHPのURLに変わると思われます。



それに伴い、アメブロを、閉鎖します。
というのは嘘です。




それに伴い、HPからblogへ飛ぶ
リンクページをちゃんと作りましたので、
今後はHPを経て、ここのblogまで
辿り着いて欲しく思う次第です。




それに伴い、今までより手間をおかけする分、更なるオモシロ爆笑抱腹絶倒気絶寸前記事を書き殴ろうという気概に満ち溢れております。





それに伴い、よろしくお願いします。





分かりやすく説明したものが
こちらです。↓




この、黄色く塗ってる所のURLが
HPのURLにもうすぐ変わります。


そしてそのHPに飛んで頂き、
そのメニューバーに、

blogのリンクをちゃんと
用意したから、
今度からここから飛んでね!!
ベイビー!!



という事です。



よろしくお願いします。






例えば100万円ポンって渡されて
1日これ好きに使っていいよ
と言われるより
5000円とかをポンって渡されて
これを如何に上手く使うか
みたいな事の方が僕は
脳のアドレナリンの放出量が違うし
やり甲斐とか生き甲斐を
見つけられるんですよ。


豊かなのは前者ですけど
それが発想を豊かにする事と
比例しない。
あ、僕の場合はね。


もちろん大多数の人は
100万円!ラッキー!!

って感じだし、いやまぁ僕も
欲しいですよ。うん。欲しいけど。


でも多分、ギター買って機材揃えて
服を買って、寿司食って、
終わりなんですよ。
それ以外思いつかないし。
それってただ、等価交換で
物に変えて、この世界の
規律が何一つ乱れてないんですよね。



でも5000円だとどうでしょう。
どうゆう工夫をして何をしてやろう。
どうすれば、ワクワクするか。
この、5000円プラスアルファ、
等価以上のものを期待出来るのは
圧倒的にこっちな気がするんです。



多分、クリエイト、創作って
そういう事なんですよね。


金がものを言わない世界が
芸術や創作には広がってる。



だから多分僕は
そっちの世界に魅せられたんだろうな。


本当の本当に、昔から
モテたいから、とか
ゆくゆくは六本木ヒルズで豪遊したい、
とか、プール付きの家に住みたい
とか、本当にないんですよ。


売れたい理由はただ一つ

自分の曲が今の100000000倍広まったら
とても素晴らしい!!


これだけなんです。
自分の曲が評価されたり
何かに起用されたり
誰かを勇気付けたり、
そんな魔法のような事にずっと
魅了されてるだけ。


昔から今までずっと。



今まさにそういう状況なんです。
相も変わらず金はねぇ。
必死に節約して浮かせた金で
MV撮影してます。

メジャーアーティストのような
超絶華やかな演出は
結構予算的に限界がある。
というかほぼ無理。
少なくても50万はかかる。


それの5分の1の金額で、
この限られた予算で
監督と話し合って
少ないギャラで出てくれる共演者と
色々アイデアを考えて、
いかに華やかに見せるかとか、
どうすればセンスよく見えるかとか、
そういった事を考えてる瞬間が
とても有意義で楽しかったりする。


その人生に重きを置いている
アドレナリンとかがね、大金と
直結しないんですよ。どうにも。



ただやっぱりお金は大事だし、
いざという時に絶対に必要なものだから
そういう面でもやっぱりしっかり
売れなきゃいけないと思う。



こんな事を思ったキッカケは
この前スタジオ終わりに
楽しくなってしまって
マーボーとサポートメンバーと
磯丸水産で飲んでたんです。
途中から河内REDSが来て、
なんかもう、全てが愛おしくなって。


昔からの友達含む仲間、
この何処にでもある大衆居酒屋、
やっすい酒。


これでいい。


これがなんか、
もし叙々苑やったら
違うなーーって思ったんです。



いや、うん、食べたいよ!
叙々苑。売れた証やし、
そりゃ売れたら食べたいけど、
でもなんかちゃうやん。
おもんないやん。



俺らは磯丸水産でいいやん。

どれだけ売れても。




そんな事を思う。




(こんな事言っておいて
10年後にたらふく叙々苑行ってたら
ごめん。
その時はこのブログを読み返して
初心に返る。笑)









運転免許の更新に行った。



免許更新というイベントは、
この世の面倒くさイベントランキングで
常に上位である。

ちなみにこの世の面倒くささイベントランキングのほかの上位組は
大人数の打ち上げなどで全員に
乾杯して回らなければならないやつ。
かなり面倒くさい。

そんなカチカチカチカチ
グラスを交わさなくても、、
と思うのだ。


あとあんまり外に出なかった日のお風呂。


今日、入る必要あるか...??
いやでも少なからず汚れゲージは
溜まってるよな...
入らずしてこの汚れゲージを
明日に持ち越したら
明日の汚れゲージが普段の
汚れゲージよりも上回ってしまって
そんな日に限って急用が出来たら
どうしよう...
そういうクソみたいな葛藤が生じるし、
面倒くさい。





話は免許更新に戻りますが、
本当に面倒くさいんですよ。

光明池にまで行かないとダメなんです。

ましてや僕のような車に普段乗らない
免許証が身分証としての体を成している
ペーパードライバーからすると、
その面倒くささレベルは跳ね上がる。


例えるなら
普段全く使わないテニスのラケットがあるとして、今後も恐らく使わないであろう
そのラケットを何故か3年に1度
入念に手洗いしないといけないのだ。

ものすごく強力な洗剤で、
凄まじく泡が立つスポンジで。

そしてそのラケットを持って
隣街に住んでる変な審判みたいな奴に
見せて、
『網目の所、まだ汚れてる!!』と
恫喝されてまた洗い直す、
そんなイベントである。







※全然違います。






それにしても免許更新に行かないと
常に頭の片隅にモヤモヤとこの4文字が
浮遊する。
特上のステーキを食べている時も、
ものすごく可愛い女の子と
話している時にもだ。
差し当たってそれは
小学生の頃に味わった
夏休みの自由研究のようなもの。


あまりにも煩わしいので
いっそのこと更新に行かない選択を取り、
免許を失効するのも趣きがあって
いいかもしれないな ♪なんて思ったが
その数秒後に、『なにがやねん』と
セルフツッコミが入ったので、
これはもう遂に行くしか術は
無くなった。脳が正常に働いてる。

と言うわけで
片道1時間かけて免許センターに行ったんですけど、

こんな平日にも更新に来てる人は
わんさかいる。


オッサン、オッサン、若い女の子、
おばさん、お兄さん、
オッサン、オッサン、オッサン、
大方こういった割合でいる。

やはりオッサンというのは
なにかと免許を更新しがちなのだ。



免許センターに入ると、
殺伐とした空気が広がっている。
これは結構マジだ。
あの免許センター独特の
殺伐としている具合は凄い。
免許の持ってない方も、
あの殺伐具合だけ知って欲しいので
行ってみて欲しい。

もしそこで職員に
『何しに来られました?』
と聞かれたら
殺伐具合を観察しに来ましたが、
なにか?


と言おう。その完膚無きまでに
洗練された強い意思によって
職員もおし黙るはずだ。



あと、自分を含む更新者は
もれなく目が怖い。
間違えてハンター試験に
来てしまったと思うくらい
全員が全員を睨んでいる。

その理由はきっとこうだ。

免許センターで働いている
職員のオッサン達は
毎日毎日、来る人来る人に
同じ説明をしているせいか
セリフが脳に組み込まれ
アンドロイド化しているため
感情などは勿論なく、そして
9割が早口だ。
なので耳をそばだてて
聞かなければならない。


一対一ならまだしも
途中で3階に集められ、
集団に向けて職員が今後の
行程を説明するフェーズがある。
それを聞き逃したら
一貫の終わりなのである。
次の行程が分からずその場で
立ち尽くし、
そのまま朝を迎える事になる。


聞き逃し宿泊コースだ。


それだけは絶対に避けたい。
言わば免許更新というのは
サバイバルゲーム。

そんな理由から、免許更新に
来る人は全員、目が怖い。
集中をしているのだ。







※聞き逃し宿泊コースなんて
とち狂った制度は
存在しないのでご安心を。




さっきから免許更新においての
全てを脚色しているのは、
全くといっていいほどハプニングや
面白いエピソードが
生まれなかったからである。



少しくらいそういう場面があれば、
最高の調理をして記事にしてやろう
という気概でいたのに、
驚くほどスムーズに終わった。



強いてゆうなら
最後の講習が終わり、
今まで持ってた免許証と
新しく出来た免許証を交換する
最終フェーズで、
突然後ろの席にいた
おばさんが急に鞄をゴソゴソして
ブツブツ独り言を言い出した事くらいだ。

確実に後ろのおばさんは
免許証を紛失している。




と言うわけで、
次の更新は5年後らしい。