お灸をしよう! 441回 | はりとお灸の豐春堂のブログ

お灸をしよう! 441回

おはようございます(‐^▽^‐)

 

ほうしゅんどうの西山です(。-人-。)イツモカンシャ

 

日に日に寒さが増してくるのを感じる夜明け前でありました夜明け前夜明け前夜明け前

 

今日は予報で、

 

いよいよ雪が降るようなことを言っておりました雪

 

これまでが天気よすぎたこともあり、

 

いつ降ってもおかしくない状況ではありましたが、

 

とりあえず大雪にならないことと、

 

少しは乾燥した空気に潤いが出れば

 

というところでありますごちそうさま

 

そんな中、

 

昨日は青色申告会にて確定申告をしてきましたパソコン

 

予め準備していた分、

 

スムーズに無事終えることが出来ました照れ

 

これで去年のことも一区切りつきましたので、

 

気持ち新たに進んで行かねばというところでありますニコニコ

 

 

そうした中、

 

こちらの「お灸をしよう!」のツボ紹介も、

 

昨年暮れに足掛け9年半ほどで

 

一通り全部のツボを回り終えたということで、

 

暫くは以前紹介していたツボを

 

今一度おさらいするということで

 

行こうかと思いますニコニコ

 

 

 

ではでは、

 

今日もお灸を据えていきましょうビックリマーク

 

今回据えるツボは

 

「梁丘(りょうきゅう)」

 

であります(°∀°)b

 

場所は大腿付近となりますドラの手

 

また、

 

こちらは2010年9月9日

 

に紹介したところでありますグッド!

 

 

梁・・・橋。はし。家屋のはり。

柱の間にさし渡して、桁やそれにのせ垂木など、屋根全体の重量を支える。

はり。うつばり。川の中に仕掛けて魚を捕る堰のような仕掛け。やな。

物体または靭帯の隆起して弓形になっている部分。古代九州の一つ。梁州。

戦国魏の都が大梁(今の開封)に移した後の国名。王朝名。

南朝の一つ。蕭衍(しょうえん)が建国。蕭梁(しょうりょう)。

五代の一つ。朱温が建国。後梁(こうりょう)。

橋を架ける。

 

丘・・・小さな土山。おか。大きな墳墓。はか。廃墟。

人々が群居するところ。村落。孔子の名。

周代の耕作地の区画単位。四里四方。

大きい。年かさの。空(から)のさま。

 

(漢辞海より)

 

ツボの位置が大体前面にあり、

 

ちょうどその形が盛り上がった丘のように

 

なっているというところからの由来となっておりますふともも

 

効能としましては、

 

神経性胃痛、胃けいれん、腹痛、下痢、膝関節痛、

 

坐骨神経痛、足腰の冷え、乳腺炎、リウマチ

 

などに良いとされております1

 

 

では場所の説明に入ります(^-^)/

 

位置関係としましては、

 

こんな感じであります(°∀°)b

 

モデル:トヨハル君

 

 

まずは膝を伸ばし、

 

太腿にグッと力を入れますと、

 

太腿前面の外側に溝が出来ますマッスル

 

その溝に沿って、

 

膝のお皿の上より

 

人差し指中指薬指の指3本分3ほど

 

上がった付近が今回のツボとなります(σ・∀・)σ

 

 

 

では場所が決まりましたら



 

いつものように



 

お灸を据えてみましょうビックリマーク


 

 

レッツおグッド!

 

 

雪が降るのではという予報のある中、

 

万一積雪した時など、

 

今年初雪雪にて慣れぬ足取りで転倒して、

 

思わぬ怪我にも繋がりかねません転んだ

 

お出かけの際は、

 

時間に余裕をもって行動するように

 

心掛けていきましょうニコニコ

 

 

 

お灸をしよう!442回目はこちら

 

 

 

 

はりとお灸の豐春堂のブログ-めがね猫

 

 

 

はりとお灸の豐春堂ホームページはコチラ

 

スマートフォン対応ホームページはコチラ

 

twitterはコチラ

 

facebookはコチラ

 

Instagramはコチラ


 

ほうしゅんどうLINE@

友だち追加


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 清瀬情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東久留米情報へ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 新座情報へ

 

もし今回の記事がお役に立てましたら、上のお好きなところに投票を

お願い致します(。-人-。)