お灸をしよう! 248回目 | はりとお灸の豐春堂のブログ

お灸をしよう! 248回目

おはようございます(‐^▽^‐)

ほうしゅんどうの西山です(。-人-。)イツモカンシャ


本日はスッキリしない一日となりそうであります

東の空11/6

 

昨日も一日あちこち動き回っておりました

とあるラジオの中で、

こうしたときは忙しいと思うと、

忙しいとは「心」を「亡くす」となりますので、

充実していると考えるといっているのを

聞きまして、

確かにと思った次第であります(°∀°)b

 

ではでは、

 

 

今日もお灸を据えていきましょうビックリマーク
 

 

 

 
今回据えるツボは
 
「地機(ちき)
 
であります(^-^)/
 
こちらは、

前回の「漏谷」に引き続き


下腿の内側付近となります(°∀°)b


地・・・大地。地球。つち。陸地。おか。土地。田畑。
国土。領土。くに。地上。

機・・・弩(=はじき弓)の弦を引っかける爪と引き金からなる
発射装置。装置。器械。しかけ。からくり。はたおり機。はた。


このツボのあります経絡は

足の太陰脾経
でありまして、

五行で言いますと

木火土金水


「土」にあたります(°∀°)b 

こちらのツボは、

脾経の経絡を器械のように調節する

意味合いのところといえます
φ(.. )

別名「脾舎(ひしゃ)」


脾・・・五臓の一つ。脾臓。胃の下にある楕円形、
赤褐色の器官で、白血球を造り、老廃した赤血球・
白血球をこわす。もも。ふともも。
【説文】(五行において)土に配当される臓器。「肉」
から構成され、「卑」が音。
【釈名】「脾(ひ)」は「裨(ひ)」である。胃の下にあって、
胃の気を裨助(=補助)し、穀物を消化することをつかさ
どる。
 
舎・・・宿屋。旅館。やど。家屋。すまい。いえ。

(以上、漢辞海より)

効能としましては、

むくみで食が喉を通らない、小便が出づらい、

腰痛で前後に曲げられない、精力減退、泥状便、

女子の下腹のしこり、生理不順、股から膝にかけての痛み、

腹や脇が腫れぼったいなどに良いとされて

おります(・ω・)/

 

 

 

では場所の説明に入ります(^-^)/

 

 

 

 

位置関係としましては、

 

こんな感じであります(°∀°)b

 

モデル:トヨハル君
 

地機①

膝のお皿の下から
 

地機②

 


指4本分
 

 

 

 

地機③

 


更に指3本分下がりました
 

地機④

 


スネとふくらはぎの境のライン上に

こちらのツボがあります(σ・∀・)σ
 

地機⑤

 


ちなみに今回のツボより、

指4本上がったところ付近には、
 

地機⑥

 


2014年1月23日に紹介しました

「陰陵泉」というツボがあります(^-^)/
 

地機⑦

 

 

では場所が決まりましたら



 

いつものように



 

お灸を据えてみましょうビックリマーク


 

レッツおグッド!

 

寒さも増してきますと、

冷えというものが気になってきます
(((゜д゜;)))

手足やお腹は冷え予防などをしておりますが、

首筋というものは、

意外と疎かになっていたりします
(・ω・)/

パソコンやスマホなどで、

首を酷使することが増えてきている

今のご時勢でありますので、

お風呂の時にお湯で温めたタオルを

首に当てたり、

寝るときに湯たんぽなどで

しばらく首を温めたりして、

出来る限り凝り固まって血行の悪くなった

首筋をケアしてあげましょう
(^-^)/

お灸をしよう!シリーズ249回目
http://ameblo.jp/housyundo/entry-11950903838.html






はりとお灸の豐春堂のブログ-めがね猫    


 

はりとお灸の豐春堂ホームページはコチラ

 

スマートフォン対応ホームページはコチラ  

 

twitterはコチラ

 

facebookはコチラ

 


     

 

 

もし今回の記事がお役に立てましたら、上のお好きなところに投票をお願い致します(。-人-。)