お灸をしよう! 233回目 | はりとお灸の豐春堂のブログ

お灸をしよう! 233回目

おはようございます(‐^▽^‐)

ほうしゅんどうの西山です(。-人-。)イツモカンシャ


夜のうちに一雨あったようであります

東の空7/17

 

昨日の休診日は、

早盆のお墓参りへ行って来ました(。-人-。)

いつものようにお墓の周りの掃除や

植木の剪定などをしておりますと、

植え込みからブ~ンと大き目の蜂が

遠巻きに竹ぼうきで植え込みをはたきますと、

10数匹の蜂が出てきました

どうやら植え込み奥に

巣を作られてしまったようでありました((((((ノ゚⊿゚)ノ

これはいかんと、

家の石材屋さんに取り急ぎ連絡を取りまして、

どうにか巣を駆除してもらいましたが、

まだ巣自体が小さいうちで助かりました(;^_^A


 

ではでは、

 

今日もお灸を据えていきましょうビックリマーク
 


今回据えるツボは

「内庭(ないてい)

であります(^-^)/


こちらは、

足の人差し指と中指の間となります(°∀°)b


内・・・うち。ものの内側。内部。へや。家の中の奥座敷。
内臓。おさめる。いれる。


庭・・・広間。建物の中心をなす大広間。門から正殿の階段
までの平地。にわ。役所。家庭。家内。いえ。

(漢辞海より)

ツボの位置が、

ちょうど庭に入る時に一番早く地面に着くところであり、

先週紹介しました「厲兌」というツボの「兌」は、

「口」の象徴でありますので、

入口から庭という流れの意味合いもあります(・ω・)/

足指を広げますと、

指先から足の水かき部分が

パッと庭のように広がっているようにも

見えたりする場所でもあります


効能としましては、

胃腸の弱り、腹が張る、下痢症状、食あたり、手足の冷え、

瘀血、喉の痛み、鼻血、歯痛、顔面神経麻痺、足膝の痛み、

こむらがえり、瘧、汗が出ない、人の声を聞くことを不快に思う

などに良いとされておりますφ(.. )

 

 

 

では場所の説明に入ります(^-^)/

 

 

 

 

位置関係としましては、

 

こんな感じであります(°∀°)b

 

モデル:トヨハル君
 

 

 

内庭①

足の甲より、

人差し指と中指の間にあります
 

内庭②

 


水かき部分の先付近が

今回のツボとなります(σ・∀・)σ

 

 

内庭

 

 

 


また「裏内庭」といいまして、

2009年12月3日に一度紹介した

ツボがあります(・ω・)/

足の人差し指の裏側の根元のシワより

 

 

裏内庭①

 

 

 


僅かに下がった所にありますツボは、

 

 

裏内庭②

 

 

 


食あたりや急な腹痛、胃痙攣、つわりなどに良いと

されているツボでありますφ(.. )

 

 

 

 

では場所が決まりましたら

 

 

 

 



 

いつものように



 

お灸を据えてみましょうビックリマーク



今の時期は、

水分補給をまめに行っておりますが、

ただ水ばかり飲んでおりますと、

湿度の高いときなどは

あまり美味しく感じなかったり

するものであります(-。-;)

そうした時は、

お塩をほんの少し入れてあげると

飲みやすくなったりします

加減は人の好みによりますが、

ホントに塩味が感じるか感じないか程度で

良いと思います

今は少なくなったかもしれませんが、

麦茶にお砂糖を入れてあったりなどということも

ありました(°∀°)b

暑さ続く中、

色々と工夫しながら

こまめに水分を補給して、

熱中症にはくれぐれも気をつけていきましょう(^-^)/


お灸をしよう!シリーズ234回目
http://ameblo.jp/housyundo/entry-11898448563.html


 



 

レッツおグッド!



はりとお灸の豐春堂のブログ-めがね猫    


 

はりとお灸の豐春堂ホームページはコチラ

 

スマートフォン対応ホームページはコチラ  

 

twitterはコチラ

 

facebookはコチラ

 


     

 

 

もし今回の記事がお役に立てましたら、上のお好きなところに投票をお願い致します(。-人-。)