株式会社ハウスピース・フィールドのブログ

株式会社ハウスピース・フィールドのブログ

株式会社ハウスピース・フィールドのブログです。

□■□メインサイト□■□



http://www.housepeace.com



□■□所在地・連絡先□■□



〒166-0003 


東京都杉並区高円寺南4-27-17恒陽サンクレスト高円寺301


TEL 03-5305-5020 FAX 03-5305-5021
E-mail info@housepeace.com

この度、法人化致しました。

事務所名を「株式会社ハウスピース・フィールド」にしました。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

新年を迎えまして新たに、新サービスとして既存建物の法令調査図作成を開始しました。

 

市場に出回る物件の中で、検査済証の取得がなく法に則した状態か分からない物件は数多くあります。

 

中でも戸建てについては検査済証の取得が無い物件は相当な数があり、その点は購入者の方々にとっては心配の種にもなっているかと思います。

 

当該物件が法に則した物件なのかどうかを、明らかにすることで購入者の方々が安心して物件購入に踏み切れるようにしていきたいと思います。

 

そして、法令調査箇所を図面化することで誰が見ても分かりやすいような成果物を提供していきます。

 

建物調査において、一般的には調査報告書だけを提示しますが、建物のどこの部分に問題があるのか、一目見ただけでは分かりにくいものでした。

 

図面化することで、一目瞭然に分かりやすい物を作成していきたいと思います。

 

それではまた次回に続きます。

事務所を移転しました。

新住所は、「東京都杉並区高円寺南4-27-17恒陽サンクレスト高円寺301」です。

尚、郵便番号、電話番号、FAX番号、Eメールアドレスの変更はありません。

今後とも宜しくお願い申し上げます。

使用されていない空き物件は意匠図、設備図の他に構造図まで含めて図面復元を行うという選択肢もあります。

 

構造図の復元では、耐火被覆の無い鉄骨造倉庫等を除いて、構造調査の為に多くの場合で内装の解体が必要になります。

 

その点では使用中の物件では内装解体が難しく、使用されてない空物件の方が構造図復元をやりやすいでしょう。

 

買い手の心理としては、構造図も復元してあれば安心感が増しますし、使用する前に全種類の図面を手に入れておきたい所でしょう。

 

構造図まで復元しておくことで、物件を売却する場合の価値が更に高まります。

 

図面復元を検討中で、物件が空物件であり、内装解体も可能な場合は構造図を含めたフルセットの図面復元を視野に入れておいても良いと思います。

 

それではまた次回に続きます。

先日、意匠図、設備図、構造図のフルセットで行った図面復元が完了しました。

 

物件は建築後40年ほど経過した、共同住宅3階建ての壁式RC造で、延床面積は1140㎡程でした。

 

この物件は共同住宅では珍しく、全室空室なので大掛かりな調査が可能でした。

 

ただし遠方にあるので移動も考慮して対応する必要がありました。

 

住戸数はやや多いのですが、複数の同一プランが連続している形式なので、その点を抑えながら作業を進めました。

 

構造図の作成では全室空室の為、室内の部分解体が可能だったのでオーナー様の方で解体していただいて、建物躯体の調査を行い、構造図作図という流れになりました。

 

このように全室空室で解体が可能な場合、構造図まで含めたフルセットで図面復元を行っておくと良いと思います。

 

それではまた次回に続きます。