セラピストサポート宝塚: eclat「エクラ」

セラピストサポート宝塚: eclat「エクラ」

もうひとりで抱え込まないで。
セラピスト15年、オーナー歴10年のサロンマネジメントの
ノウハウをすべてお伝えします。



テーマ:

こんにちは

坂井玲子です。

 

 

 

梅雨が明けてセミの鳴き声が聞こえてきましたね。

 

 

まぶしいくらいに照りつける太陽光が容赦なくお肌にダメージを

与えているようです。

 

 

 

 

 

うっかり日焼けもしっかり日焼けもケアを始めるのは

できるだけ早い方がメラニンの生成をおさえることができます。

 

 

 

蓄積されたメラニンは後からシミとなってお肌の表面に表れてきます。

 

 

 

メラニンの蓄積を防ぐには、とにかく紫外線を受けたらすぐに消炎成分が

配合された化粧品で火照りを抑えて、しっかりと保湿することを

おすすめします。

 

 

少しでもお肌が乾燥したらすぐに消炎と保湿を繰り返すことで

シミを防ぐことができます。

 

 

 

もうすぐ夏休みですね。

 

 

バカンスの予定もあるかと思いますが紫外線対策は

しっかりと行ってシミのもとになる蓄積ダメージを軽減してください。

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

この度の豪雨で被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。

一日も早い復旧をお祈り申し上げます。


テーマ:

こんばんは

坂井玲子です。

 

 

 

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

最近お肌のことや化粧品成分を再度猛勉強中です。

 

その中でよく出てくるキーワードはやはりアンチエイジング。

 

 

 

 

若いころのお肌はなんにもしなくても綺麗ですよね。

 

 

その頃に戻ろうとしてもやっぱりそれは無理なこと。

 


でも年齢を重ねたシワはその人の人生そのものだと私は思っています。

 

 


「加齢」と「老化」同じようでもちょっとちがいます。

 



加齢のスピードは皆同じで一年に一つ年をとります。

老化のスピードは人それぞれで老化を抑えてエイジングをコントロール

できるのはその人の努力のみ!!

 



何となく顔色がくすんでいるかなと感じるときはまずくすみ対策

少しカサつくなと思ったら乾燥対策と、その時々のお肌の状態に

合わせてケアをして良い肌状態を保つ努力をすることが大切だと思います。





その人が歩んできた功績が顔に現れるといいますが、きちんと

お手入れされたお肌はそれだけで素敵です!

 

 

 

夏の紫外線対策は必須です。

 

 

 

今回の豪雨で被害にあわれた方に心からお見舞いを申し上げます。

一日も早く日常が戻りますようお祈りいたします。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 

 


テーマ:

こんばんは

坂井玲子です。

 

 

昨夜からの大雨で避難勧告の出ている地域がたくさんありますが

皆様の地域は大丈夫でしょうか?

 

 

 

家にも土砂崩れの避難勧告が出ておりますが暗い中動くよりも

家の中の安全な場所(2階建てだと2階部分の山と反対側)に

いる方が良いそうです。

 

 

 

 

避難場所で不安な夜を過ごされる方も多いと思われます。

 

 

 

 

 

大阪北部地震に続く大雨と、自然の猛威を改めて恐ろしく感じています。

 

 

 

これ以上の被害の拡大が起こらないよう祈るばかりです。

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

 


テーマ:

こんばんは

坂井玲子です。

 

 

 

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

 

真夏のような厳しい暑さと照りつける紫外線に

クラクラとなる一日でしたね。

 

 



シミのもとといわれる紫外線はお肌の表面と内部にダメージを

与えるだけでなく水分も奪っていきます。




水分が不足したお肌はかさかさと荒れてしまって、そこからまた水分が

蒸発していきこの繰り返しで乾燥が進んでしまいます。

 



だから、お肌にもしっかり水分を与えてあげてくださいね。

 



でも、化粧水をたっぷりではないんです。

 



洗顔でお肌をきれいにしてからにつける化粧水はお肌の表面(角層)を
潤すだけでお肌の内部にグングン入っていくわけではありません。

 



お肌の水分は化粧水の水分ではなくからだの中がしっかり水分で

満たされて初めてお肌も潤います。

 




それに今日のような暑さでは熱中症対策でも

水分補給はとても大事ですね。



一日1.5~2リットルとよく聞きますが、この量はその人の

体格によって一概には言えません。




理想の水分摂取量は自分の体重×0.035



例えば・体重50㎏だと
50×0.035=1.75で一日1.75ℓでこの量を一日で摂るといいです。



ただ、一度にがぶがぶではなく一日のなかでこまめに補給が良いです。

 

 

水分が大切とわかっていてもなかなか摂れていない
方が多いと思います。

 



お肌のため、熱中症対策のため、細胞の活性化のため
がんばって水分補給してくださいね。

 

 

冷たいものの摂り過ぎにもご注意を。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 


テーマ:

こんばんは

坂井玲子です。

 

 

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

 

 

梅雨真っ盛りのムシムシした日が続いていますね。

 

 

 

 

 

湿度の高い日は特にむくみが気になりませんか?

 

 

からだの約65%を占める水分の代謝が湿度が高くなると低下してしまい

むくみが加速されます。

 

 

気圧の低さも血管を膨張させて血流が悪くなってしまうのも

むくみの原因になってしまいます。

 

 

 

むくみをそのままにしておくとからだにさまざまな不調が現れます。

 

 

 

血流の滞りで顔色が悪くなってくすみが現れたり老化が

早まったりとなにもいいことがありません。

 

 

 

むくみがおこりやすいのが心臓から遠く離れた足、特にふくらはぎです。

 

 

 

 

普段シャワーだけの方も湯船に浸かってからだを温めその後の

セルフマッサージがおすすめです。

 



セルフマッサージでの大切なポイントがあって、これをするかしないかで

効果が全然違ってきます。

 



たとえば、ふくらはぎだけをマッサージしてもたまった老廃物が

流れていく先の太もものつけ根のリンパ節が詰まっていたら、

リンパはうまく流れてくれません。



また、太もものつけ根から鎖骨(全身のリンパが集まるところ)

へとリンパは流れていくので、ここも詰まっていたら

うまく流れてくれません。




つまり、老廃物が流れていく元をしっかりゆるめておかないと

つらい部分だけをマッサージしてもあまり楽にはならないのです。



ふくらはぎをマッサージするときにはまず左右の鎖骨下のくぼみに

指2本くらいをあてて鎖骨の内側を7~8回さすります。

 



そして、太もものつけ根(そけい部)も左右同時に7~8回さすります。



その後足首からひざ裏にかけてあまり強く圧をかけずに

流すようなイメージでさすり上げるとすっきりしますよ!

 

 

 

夏のすっきりとした暑さが待ち遠しいですね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。