「 お早うございます!

長きに渡りお世話になりました

本当に有難うございました(^-^)

 

" 渋さもまたよろし "

 

最近の阿寒湖は少し反応が渋く、ガイド釣行も苦戦を強いられておりますが、この状況を打破したのはやはり " 阿寒春ゼミ " でした (^-^)/

 

今回はディアヘアの刈込系を使用してみました~

 

 

ライズもボイルも何も無い、フラットな水面へ春ゼミをアプローチして、ルアーもフライも同じように、湖面に堕ちた春ゼミをイメージして " 動かす " と、あら不思議 💦

それまで沈黙していた水面を割って、ドバッ!っと姿を見せてくれたのは、金色に輝く57cmのアメマス♪

 

時折現れるクルージングライズは、オーバーハングのある岸から3m以内の超浅瀬なので、静かに待っていることがキモ (^_-)

 

なかなか厳しい状態ではありますが、渋さもまたよろし♪ですね(*´-`)

 

ガイドのサムライズ児島でした(^-^)/       」

 

 

 

 

 

「 今日は頑張って早起きして5時渡船。相棒はしまちゃん。阿寒湖に来て絶好調のしまちゃんのアドバイスでヤイタイ島へ。

今年初上陸なので白龍神社に参拝してからスタート。まずしまちゃんのクーパーにアタックあるもフッキングならず、その後直ぐに私のクーパーに出ました。幸先良し!でも後が続かず島一周へ。

 

そしてしまちゃんのお気に入りポイントでしまちゃんが立て続けに2本。1本は60弱のレインボー。数日前にも同じようなサイズを釣っています。フライはヒゲフライでビーズヘッドなしのタイプでした。

 

その後あたりもなくなったので移動決意。晴れ間が見えたのでセミでやろうという事になり大島セミポイントへ。いい感じでしたが連日攻められているせいか超渋!何とか1本だけ取れました。しまちゃんには何回かアタックはありましたがゲットならず。15時まで粘りましたが劇渋のためギブアップしました。餌(ワカサギ、モンカゲなど)が少ないため厳しい釣りが続いています!この状況が変わればいいなあと思っていますが、、、次回は水曜日出撃予定! 

                              相 澤 」

 

 

 

 

 

「 朝イチからヤイタイ島へ

相沢氏は早々にクーパーでアメマスがヒット。私も続きたかったのですが2回ヒットせず、地合を逃しました。

 

場所を変えて再度チャレンジ。今度は引っ張りでアメマスをゲット❗さらに一昨日に続き60㎝級良型ニジマスがヒット❗これで勢いに乗るかと思いましたが、その後は沈黙。大島へ移動することにしました。

 

大島ではセミフライで釣り始めると、いきなりドカンと相沢氏に良型アメマスがヒット幸先良いスタートでしたが、その後は何回か反応はあったものの型を見ることはできませんでした。

                        島 田 」

 

 

 

 

 

毎年、年に数度お越しの小笠原さまから春の釣行報告が届きました。

 

「今年も阿寒湖へ行って来ました。 コロナの影響で飛行機は欠航続き、何とか名古屋から阿寒湖へ行きました。

 毎年この時期、モンカゲでの阿寒湖にチャレンジしてますが、中々厳しかったんです。

それでも1匹のアメマスに会えると愛しいものですね 頬擦りしたくなります(笑)。

 

 

 

 さて釣果はと言うと、初日3時からやって坊主、2日目アメマス4匹、ウグイ4匹、最終日お昼まででアメマス4匹、ウグイ2匹でした。

 フライはドラワカ、モンカゲフローティングニンフ、モンカゲニンフ、セミ、マラブーと他種多彩、それがまた良かったです。

 

 

 

 色々場所変え、 釣り方を変え、試行錯誤。 それもあったので時間が早く経ち過ぎました。勿論ホテルの朝食は食べずに5時から渡船、あっという間の三日間でした。ご一緒した皆様お疲れ様でした。

                              小笠原  」

 

 

 

                        

この時期にいつも阿寒を訪れるお二人。

釣れても釣れなくても、いつもにこやかにフライフィッシングを楽しんでいます。

そんなお二人から釣果報告が届きました。

 

 

「 お世話になります。

今年は初日から厳しい阿寒湖になりました。

状況が好転したのは3日目から、午前中に大島前の馬の瀬付近でモンカゲのハッチと共にライズが始まりました。

そこで3匹、最大は49センチの太ったアメマスでした。

4日目最終日も午前中小雨パラつく中、それなりの量のモンカゲハッチと共にライズも目の前で始まりますが、これがなかなか難しい。

すっぽぬけやバラシが多発、結局2匹だけですが金色アメマスを釣り上げ、大好きなモンカゲの釣りを満喫出来ました(笑)。

また、来年も楽しみに来たいと思います。 K.S 」

 

 

「 17日から阿寒湖に参戦してましたが、今年は特に厳しい状況でした。

最終日にやっと自慢の報告をすることができます。

今日、大島前でモンカゲのハッチとライズがあり、4尾のアメマスと出会えました~!

 

来年もがんばって阿寒湖に参戦します。 H.Y 」

朝一番5時にヤイタイ島に渡ったしまちゃん。

早々のラインで ”坊主免れました!” と60センチクラスの雨鱒とレインボーの写真が届きました。

さすがベテランの彼は、昨年も釣りまくり。今年もやりそうです。 

 

 

 

その後も順調に釣りあげる彼のタックルは、 K-BULLET スナイパー10ft 6番 フローティングラインに3xリーダー BHヒゲフライ#6 です。

 

 

午後一時に合流して小島へ。

ここでも好調ぶりは変わらず、厳しい釣りが強いられる中でも一人釣りまくりました。

1週間のご滞在、最後までお楽しみください。

 

そうそう、今日の締めくくりは初めてだというモンカゲロウダンでの50超えプリプリ雨鱒。

最初から最後まで彼の独壇場となった一日でした。