ホスピタリティマインドトレーナー 菊地麻衣子のブログ
  • 26May
    • 【菊地麻衣子を紹介していただいてます】講演のマネジメントをしてもらっている株式会社シーレ...

      この投稿をInstagramで見る 【菊地麻衣子を紹介していただいてます】 講演のマネジメントをしてもらっている株式会社シーレイズの鬼頭さんがyoutubeで私の紹介をしてくださいました🤗 正式に数えたことはないのですが、講演だけで年間60本から80本くらい?をスムーズに務めることができているのは、シーレイズがきめ細やかなサポートのおかげです✨ 私に興味がない方も、どういう経歴で講演依頼があるの?とか、コンシェルジュってどんな仕事?ということも知れると思います✨ https://youtu.be/7ZjuR3fsqLc ・ ・ ・ #講演会 #講演 #研修 #講師 #客室乗務員 #cabincrew #コンシェルジュ #concierge #接客 #ホスピタリティ #hospitality #ホテリエ #hotelier #菊地麻衣子 Maiko Kikuchi(@michaelchang220)がシェアした投稿 - 2020年May月25日pm11時51分PDT

  • 12May
    • 【ベトナム語版が発売されます】約1年前に出版された「誰からも好かれる さりげない気遣い」...

      この投稿をInstagramで見る 【ベトナム語版が発売されます✨】 約1年前に出版された「誰からも好かれる さりげない気遣い」がベトナムで出版されることになりましたー☺️👏🏻 ・ ベトナム人は一緒に働いた時にも日本人と感覚が近いところがあるなぁと思っていましたが、まさか自分の本を読んでもらえることになるとは😳 ・ 現地には日本流のおもてなし学校も次々と出来ており、実は講師に誘われたことも!一年駐在という条件の為断念しましたが、こんな形でまたベトナムとのご縁が繋がりました😊 ・ せっかくならベトナム語版で読むわという猛者がいれば、連絡ください。笑 ・ ・ ・ #出版 #著者 #本 #本好きな人と繋がりたい#客室乗務員 #コンシェルジュ #ホテリエ #ホスピタリティ #おもいやり #おもてなし #気遣い #ベトナム #ベトナム語 #book #books #bookstagram #booklover #page #pages #paper #instagood #cabincrew #concierge #hotelier #vietnam #vietnamese Maiko Kikuchi(@michaelchang220)がシェアした投稿 - 2020年May月11日pm6時59分PDT

  • 10May
    • 【私は幸せなはず。で苦しまないで】出産や昇進などの周囲から見ておめでたい変化の後も、実は...

      この投稿をInstagramで見る 【私は幸せなはず。で苦しまないで】 出産や昇進などの周囲から見ておめでたい変化の後も、実はメンタルを崩しやすい状況の一つ。その理由を私は自分の出産で実感した。 妊娠をした時も出産をした時も育児中の今も「みんなが欲しくても持てるわけじゃない子供を授かってあなた幸せでしょー!文句なんて言っちゃいけないわ!だって恵まれてるんだから!」という目に見えないプレッシャーを感じることが増えた。育児中の今も愚痴を言いたくなるくらい大変なことはあって、でもその愚痴がなんとなく言い辛い。なぜかと言えば、社会的に私は幸せなはずだから。 この、「あなた幸せでしょ?」の圧力が結婚や昇進や出産後のうつを招いている一つの原因ではないかと思う。 そしてそれと同じくらい「私は幸せなはず」という自分への暗示も大きく存在しているのではないかと。 「辛い」時に「辛い」と言うことは決してネガティブなわけではなく、健全な姿のはずなのに。 今コロナ禍で、みんなが「自分は恵まれている方だ。医療従事者や感染している人や仕事を失った人だっている。愚痴なんて言っちゃいけない。楽しまなきゃ。」と自分を鼓舞し続けていると思う。その一見ポジティブであろうとする考え方、日本人としての慎ましさが、もしかしたら、自分を追い詰めてしまっているかもしれない。 「辛い」かどうかは条件や環境じゃない。大変な人と比べなくて良い。自分が辛いと思ったら、辛いと言って良い。 子供の前で明るくいようとするお母さんも子供を抱きしめて「不安だよね、ママもお友達に会いたいよ」と弱音を吐いても良いと思うし、一人暮らしで親に心配をかけたくない人も弱音を吐いた方が親は本音を話してくれて安心するかもしれない。 そして何ともない人は「辛い」と言っている人を非難したり無理やり前を向かせたりしないで、ただ心で寄り添ってあげて欲しい。 辛いけど幸せ。 幸せだけど辛い。 どっちかじゃなくて良い。 私も4カ月に入った娘が睡眠退行と言って夜中に8回10回も起きるようになっちゃって、朝はうんちのついた衣類の手洗いから始まって、トイレも食事もまともに取れない日もあって、幸せだけど、うー!!めちゃくちゃ辛い!!と言いたい日もある。でもやっぱり幸せ😆それで良いかなと😊 自粛の延長でメンタルヘルスの大切さもようやく注目され始めた今だからこそ、カウンセラーとして、そして周囲の頑張っている友人たちを見て、伝えたいと思ったことです。 ・ ・ ・ #産業カウンセラー #メンタルヘルス #ストレス解消 #ストレス #ワーママ #育児 #子育て #ママ #講師#カウンセラー #産後うつ #マインドフルネス #meditation #コロナに負けるな Maiko Kikuchi(@michaelchang220)がシェアした投稿 - 2020年May月9日pm9時20分PDT

  • 03May
    • 【自粛中のストレスケア 怒りを感謝で塗り替える】「アンガーマネジメントの講師をしている...

      この投稿をInstagramで見る 【自粛中のストレスケア 怒りを感謝で塗り替える】 「アンガーマネジメントの講師をしているくせに。」散々父と主人から言われた言葉。笑 だから、アンガーマネジメントは怒らなくなる学びじゃないの!!と言い訳(また怒ってるし。笑)するけれども内心はちゃんと反省しています😓 育児中は寝不足もありイライラしてしまうことが増えました。赤ちゃんを守ろうとする防衛本能らさいからといっても、自分が一番辛い。 色々な方法で気持ちを切り替える方法を試してみて自分が実感を持ってオススメしたいのはこれ。 Day3.怒りを感謝で塗り替える。 子供や一緒に暮らすパートナーに対する怒りは、後悔というストレスとして自分に返ってきます。そこで、後悔しないようにやってみたいのが「1人になって、感謝できることを探してみる」ということ。 人は怒りながら感謝することは出来ないし、感謝しながら怒ることは出来ません。 目の前にいると気持ちを切り替えたくても、どうしてもイライラしてしまうこともあるはず。外に出られなければトイレでも良い。ベッドに潜り込んでも良いので、その人に対して感謝できることを探してみましょ。 感謝することがないなんて人はいないはず。一生懸命探してみると、当たり前になってしまっていることの中に必ずあります。 するとスーッと怒りが消えていくのを実感してもえると思います✨ 夜間の育児を私がするのが当たり前になっている主人に対しイライラしたまま布団に入る日がありました🤫でも、と感謝を探すとあるわあるわ。 朝快く変わってくれるよなぁとか、夜早く寝られるように家事やってくれてるよなぁとか。考えてるうちに焦ってきて、布団からありがとうLINEなんかしちゃったりして🤣 家族との距離が近すぎる今だから、家の中にいても出来る方法を紹介してみてみました🤗 ・ ・ ・ #産業カウンセラー#怒りのコントロール #イライラ #アンガーマネジメント#メンタルヘルス#ストレスケア#ストレス #ワーママ #育児 #ママ #講師#カウンセラー #マインドフルネス #meditation #コロナに負けるな Maiko Kikuchi(@michaelchang220)がシェアした投稿 - 2020年May月2日pm10時19分PDT

  • 02May
    • 【自粛中のストレスケア お知らせ機能をOFFにする】会いたい人にも会えなかったり、みんな...

      この投稿をInstagramで見る 【自粛中のストレスケア お知らせ機能をOFFにする】 会いたい人にも会えなかったり、みんなが何しているのか気になったりする時期。そんな時期はつい、SNSやLINEのお知らせに飛びついてしまいがちですよね😌 ただ、ストレスケアを考える上では、自分のペースで過ごすことが大切。SNSやLINEや、様々なアプリのお知らせ機能を思い切ってOFFにしてみてはいかがでしょうか✨ ・ Day2.携帯のお知らせ機能をオフにする ・ 私たちの脳は一つのことに集中することによってリフレッシュしますが、現代では様々なお知らせ機能がそれを邪魔します。邪魔されている、それがストレスになっていると感じないのが恐いところ。 常に何かにペースを乱されている状態が普通になっているかもしれません。 LINEの返信はまとめて決めた時間にするのでも遅くないはず😊自分からアクセスするタイミングを決めれば良いのです。 これを読んで私のLINEやDMの返信が遅い理由はこれか!!と怒っている方もいるかしら。私の携帯は仕事のメール以外お知らせの音もポップアップも出ません🙇🏻‍♀️悪しからず。笑 全部OFFにすると最初は気になって何度も見てしまうかもしれませんが、一度その「間」になれてしまうと「あれれ?こんなにスムーズに色々進むわ。」と心地よくなるはず✨ せっかくの#おうちじかん くらい、第三者にコントロールされずにいたいですね😊 ・ 〈追記〉 写真は#kenzo のデザイナー高田賢三さんのパリのアトリエ。 私の理想の書斎。(@precious.jp よりリポスト。) ・ ・ ・ #産業カウンセラー#メンタルヘルス#ストレスケア#ストレス #ワーママ #育児 #ママ #講師#カウンセラー #マインドフルネス #meditation #コロナに負けるな Maiko Kikuchi(@michaelchang220)がシェアした投稿 - 2020年May月2日am12時34分PDT

  • 01May
    • 【自粛中のストレスケア ゆるーくルーティンを作る】STAY HOME期間にも慣れ、自分の...

      この投稿をInstagramで見る 【自粛中のストレスケア ゆるーくルーティンを作る】 STAY HOME期間にも慣れ、自分のペースが出来てきた頃でしょうか😊 それとも、ようやくと思っていたゴールが伸びてガクンときてしまっている人もいるかもしれません。 子供がいる方は1人の時間が持てない辛さ、一人暮らしの人は孤独の辛さなど、それぞれの環境の辛さがありますよね。 私も周りから心の相談が増えてきています。 そこで明日からすぐ出来るワンポイントメンタルヘルスケアを伝えていきたいと思います✨ Day1.緩やかにルーティンやタスクを作る *毎日メリハリがない生活で何も達成感がない。 *こうありたいと1日のルーティンを組んでいるのに、出来ていない自分を責めてしまう。 人がメンタルを健全に保つためにはある程度の目標や達成感も必要ですが、それがガチガチすぎると出来なかった時の罪悪感が生まれてしまいます。 そこでオススメなのは、ルーティン(1日の流れ)やタスク(作業)をゆるく決めること。 例えば、何時に起きて何時までにコレとコレを終わらせて、食事は必ず全員で〜なんて「こうあるべき」「こうありたい」をルーティンにしてしまうと自分を苦しめてしまいます。出来なかった時にイライラして周りに当たっちゃうこともあるかもしれません。 だからルーティンは最低限の内容でOK!!時間の縛りも厳しすぎない方がオススメです! 例えば、 ・1日の中で一度は子供をだきしめる ・ストレッチをできる時間にする ・午前中に洗濯を終わらせる みたいな感じ。これを何となくではなく、決めておく(書き出しておく)ということが大切です。そして寝る前に出来たことを振り返る。今日はこれもできた。あれも出来たと。当たり前になっていることの中にも改めて決めることで、十分自分を褒めてあげられることはあります。 本当にそれだけで、日々にハリが出たり、自己肯定感が上げられます。 私も自粛期間中は娘も保育園に行けなかったり、主人が家にいられる日が増えたりとかなりペースが変わりました。だから新たに決めたルーティンの一例は、 ・午前中は私の仕事時間(主人が娘番) ・午後は主人の自由時間(私が娘番) ・朝ごはんは各々簡単に! ・昼、夜は私が用意して一緒に! とザックリしています😄 ただ、これを決めて共有したことで三食作るストレスも、自由時間が無いと感じてしまうストレスも無くなりました✨ 「こうあるべき」じゃなく、「これならできるよね」でゆるーく。でも改めてルーティンやタスクを決めて、毎晩反省ではなく自分を褒めて眠りたいものですね😌 ・ ・ ・ #産業カウンセラー #メンタルヘルス #ストレスケア #ストレス #ワーママ #講師#カウンセラー #コロナに負けるな Maiko Kikuchi(@michaelchang220)がシェアした投稿 - 2020年Apr月30日pm9時49分PDT

  • 24Apr
    • 【言葉の力】2月に講演控室にいた時のこと。ある女性が私の著書とペンを持ってサインを求めに...

      この投稿をInstagramで見る 【言葉の力】 2月に講演控室にいた時のこと。ある女性が私の著書とペンを持ってサインを求めに訪れてくれた。「辛い時に菊地先生の本に救われた。今日会えるのを楽しみにしていた。」と涙ぐみながら話してくださった。 本を出して良かったと思うのはそんな時。 最初の本を出した時、まさかそんな言葉をいただけるとは思ってはいなかったけど、自分の失敗談も取り繕うことなく全て書いていこうと考えていた。 写真のような本当に有り難いDMをいただいたくこともあって、いくら読んで良かったと思っても、それをきちんと著者に伝える方々は素晴らしいなと感じる。自分ならそこまで出来るかな? 私は自分がいつか書いた言葉で、動いていない時も人に何かしらの影響を与えることができ、「良かった」と発してくださる読者の言葉に励まされる。 この言葉たちは口にしなければ、なんの影響も互いに与えなかったはず。 今この未曾有の事態で、家族との距離は近すぎたり、会いたい人の距離は遠すぎたりする時だからこそ、いいねと思うときに「いいね」と口にしたり、ありがとうと思うときに「ありがとう」と口にすることが、本当に大切だと思った。 言葉を口にすること=人に影響を与えることは、素直にならなければいけないし、勇気のいることだけど、その力を知らされた出来事でした😌 ・ ・ ・ #今こそありがとうを口にしたい #言葉の力 #出版 #著者 #執筆 #講師 #コロナに負けない #ありがとう #いやこじ #本物の接客 #さりげない気遣い Maiko Kikuchi(@michaelchang220)がシェアした投稿 - 2020年Apr月23日pm8時41分PDT

  • 22Apr
    • 【エモい歌。育児と日本語】私は育児中によく歌っている。普段は自作の変てこな歌とかポップ...

      この投稿をInstagramで見る 【エモい歌。育児と日本語】 私は育児中によく歌っている。 普段は自作の変てこな歌とかポップスが多いんだけど、そういえばと小さい頃に母が歌ってくれていた「おぼろ月夜」を思い出し、歌詞を調べてみた。 そしたらその歌詞の美しさに引き込まれた。なんて情緒的で想像力を働かせる素晴らしい歌詞なんだろうと感動してしまった。 娘の名前には「詠」という字が入っている。うたとも読めるその時に込めた想いは『美しい日本語を話す人になって欲しい』『語彙力と感性の豊かな人になって欲しい』ということ。 この菜の花畑の情景を最近の子が見たら「エモい」で済んでしまうんだろうな、それはとても残念なことだなと、オバサンくさいことを感じてしまった。 今国語の文章読解力が年々低下しているそうだ。想像力の欠如は人を思いやる気持ちの欠如に繋がらないか心配でならない。 語彙力=感情表現の幅 アンガーマネジメントでも怒りっぽい人は語彙力が少ないという。 言葉は使わないと忘れる。 昔は良かったとかそういう話じゃなく、今でもこんなに美しい日本語があって、それにハッとしたということは私も使えていないのだなぁと痛感した出来事でした😌 久々に谷崎潤一郎でも引っ張り出すか。いや、その前にあたしンちが読みたい。笑 お休みはまだまだ楽しめそうです😄 ・ ・ ・ #おぼろ月夜 #エモい #日本語 #語彙力 #歌 #詩 #詠 #育児日記 #コミュニケーション #読解力 #想像力 #おうちじかん Maiko Kikuchi(@michaelchang220)がシェアした投稿 - 2020年Apr月21日pm6時53分PDT

  • 21Apr
    • 【zoom講演をしてみて気付いたこと】先週、半年以上前から講演依頼をしてくださっていた、...

      この投稿をInstagramで見る 【zoom講演をしてみて気付いたこと】 先週、半年以上前から講演依頼をしてくださっていた、あるクリニックさん向け#zoom を使ってオンラインで講演を行いました! 本来なら、入社式にお邪魔しての講演でしたが、安全を最優先に考えて、苦渋の決断で#zoom での決行となりました。 今回初めて#zoomを使用して気付いた点をまとめるので、少し長いですが、同業の方や研修を検討している企業さんの参考にしていただきたいです😊 準備するものはこちらを参照してください。 https://youtu.be/ueCvlJhsFKc 私のマネジメントもしてくれているシーレイズの鬼頭さんがわかりやすく解説していますよ😉 まず・・・ 〈今回の受講方法〉 いくつかの部屋に分かれて、PCやスクリーンの前に集まって、数名〜十数名ずつでご覧頂いた。 〈メリット〉 ・zoomはアカウントが不要なので、受講者側の設定が楽。 ・リアルタイムでの講演研修が可能なので、録画再生とは違う臨場感がある。 ・パワーポイントなどのスライドと講師の両画面を写せる。 ・複数の画面やスマホと接続が出来るので、大きな会場を用意する必要がない。 ・マイクのON,OFFをして貰えれば、会場と講師のやりとりも可能 〈デメリット〉 ・受講者側に画面の切り替え、マイクの切り替え等お手伝いいただく方が必要 ・受講者の顔や反応までは見えないので、理解度が分かりにくい。※好き/嫌い/拍手などのフィードバック機能はあり。 ・対面よりも丁寧にハッキリ話さないと音声上も伝わりにくい。※その為、時間が2割増しくらいかかるイメージ。 ・講師としてはカメラにひたすら話し続けるので、笑顔や感情を乗せにくい。(練習でカバーできるかな) 個人的な素直な感想としては、まだ慣れてないせいかやりにくかった〜🤣 慣れというよりも、私の講演スタイルのせいですかね。 私は講演も接客の延長だと思っていて、目の前の受講者さんの反応や表情によって、話すペース、内容を変えているんです。 あ、飽きているなと思ったら、ちょっとアウトプットしてもらう時間を作ったり。そういった、講演を生き物として変化させていくことが出来ないのが残念な点でした。 でもそれは、#zoom の中のフィードバックツールなんかを駆使しながら乗り越えていきたいと思っています😉👍🏻 私はアフターコロナは講演業界も接客業界も大きく変わると思っていて、画面上でも伝わる話し方や表現方法を身に付けることは必須になってくると考えています。 私も模索しながら、画面上のコミュニケーションについてもお伝えできたらなと思います✨ 追記: 今回互いに不慣れな中、一生懸命メモを取りながら集中して聞いてくださったクリニックの皆さまには心より御礼申し上げます。 ・ ・ ・ #本当は現場が大好き #それでも今出来ることを #講演 #研修 #講師 #コミュニケーション #zoom #zoom講演 #オンライン講演 #話し方 #ホスピタリティ #人材育成コンサルタント #cabincrew #客室乗務員 #ホテリエ #hotelier #コンシェルジュ #concierge #菊地麻衣子 #アフターコロナ Maiko Kikuchi(@michaelchang220)がシェアした投稿 - 2020年Apr月20日pm10時39分PDT

  • 19Apr
    • 【今開いているお店が今日からできること2】衛生観念について。今、飲食店や美容室ではアル...

      この投稿をInstagramで見る 【今開いているお店が今日からできること2】 衛生観念について。 今、飲食店や美容室ではアルコールでのテーブル、扉等の拭き取りを神経を張りながら徹底されていると思います。 以前のサービス業界(コロナ前)では、清掃はお客様の前では行わないことがスタンダードでしたが、今はその逆。あえてお客様の前ですることで安心感が生まれるはずです。 まだコロナが静かだった頃、ビニール手袋をしながら、お客様が立ってすぐのテーブルや、ソファシート、メニュー、扉の取手をアルコール消毒しているスタッフを見かけて「ここは安心して使えそうだ」と感じました✨ お客様が不安や不信を抱えている状況下でのポイントは、実際に衛生努力をしているかどうかよりも、「衛生努力をしている」と目に見えて感じさせることです。 また、身嗜みは清潔感に今まで以上に気を遣うのと共に、大切なことは「マスクや髪の毛などを不用意に触らない」ことではないでしょうか。マスクをしているのに、気になるのか付け直して手を洗わずに接客に戻る店員さん、いつもの癖で髪の毛を触っている店員さんを散見します。こういう方は無自覚なのでスタッフ同士の声がけが必要です。 とにかくいつも以上に見られている意識が大切。お客様はいつも以上に見ています。 マスクをしながらの接客、客前での清掃等、以前では考えられないことがスタンダードになってきています。#本物の接客 でも書きましたが、接客は生き物。時代やお客様のライフスタイルが変われば変わっていくものです。いかに柔軟に変われるかが問われる局面ですね😌 写真はコロナのコの字もない頃、友人と朝ごはんを食べに行った#サザンビーチカフェ ☕️清々しい接客のスタッフ、ゆったりと座れるシートの気持ちが良いお店でした。嗚呼すっかり昔のことのよう😅また、安心して子供を連れて行ける日を楽しみにしています。 #コロナ対策 #頑張れ接客業 #コロナに負けるな #接客 #接客業 #飲食店経営 #美容室 #人材育成コンサルティング #本物の接客 #衛生 Maiko Kikuchi(@michaelchang220)がシェアした投稿 - 2020年Apr月18日pm6時47分PDT