法瀧庵-祟りはないと知ってほしい霊能者のブログ-

霊能者であり、密教の修験者である沖田法瀧(おきたほうりゅう)のブログです。
お墓のお花はどちらに向けて備えますか? すべてが生きてる者の自己満足。それを知ってほしい。
「祟り」という言葉にどれほどの人が騙されてきたのか…そんな涙はもう見たくはないのです。

※アメンバー、ペタ返しは行っておりません。アメンバー限定記事も書きません。読者登録をこちらから行うこともありません。相互登録ご希望の方はご了承ください。


でも、いいね は、嬉しく拝見しております。

いつもありがとうございます。励みになります。


☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚**:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


クローバー鑑定についてクローバー


詳細はこちらへ!   http://houryu.o.oo7.jp/ (移転しました!)

●対面鑑定 30分 3千円(回数券システムあります)

 日・月 毎月18日 休み
場所 大阪府茨木市  阪急茨木市駅より徒歩5分


電話鑑定 30分 5千円 19時以降

受付  070-6516-3239

※日曜日は受付はお休みさせていただいております。
※鑑定のご依頼はお電話でお願いします。

※電話に出られない場合には、着信を拝見して、非通知でない方には折り返しております。

  (ワンコールや数秒の着信では折り返しはいたしません)

 また折り返す際には「沖田です」と名乗ります。よろしくお願いいたします。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


●かやの実、お清めの塩、御守など

収益では、みなさまの災厄をはらい、ご多幸をお祈りするよう、法瀧が参加する護摩焚きの際に護摩木を購入することになっております。護摩木を購入することによって、沖田法瀧が霊感を頂いている京都北白川 不動院にお布施をし、去年の台風で起こった不動院の落岩事故の工事費に充当いたします。

北白川不動院 落岩の件についてはこちらで す。

http://ameblo.jp/horyu1215/entry-10980328903.html



法瀧庵-祟りはないと知ってほしい霊能者のブログ--お念珠 ★画像のお念珠は一例です。

各御依頼者さまを鑑定し、法瀧が石をひとつずつ選びますのでデザインなどはお選びいただけません。

また作成後は21日間ご祈祷いたします。

お届けには一カ月ほどかかりますのでご了承ください。




作成には一カ月以上かかることもございます。

そうした事情はこちらの記事をご覧ください。

http://ameblo.jp/horyu1215/entry-11380046188.html

●京都北白川不動院 御守 厄除けセット、電話鑑定など

(クレジット決済をご利用いただけるようになりました)

http://homepage2.nifty.com/horyu/


テーマ:

こんにちは。

いつもありがとうございます。

 

またしても続きです。

よろしくお願いします。

 

前回   土地とのご縁 7

http://ameblo.jp/horyu1215/entry-12295654793.html

 

賃貸に出そうと思いつつ、見つけた遺書など捨ててはいけないものをまとめてRさんに送りました。

 

初回は様子を見るだけにとどめ、一晩だけその家に泊まってみました。

 

大阪に帰った日の夜、わたしは夢を見ました。

夢の中には、宿泊した四国の家が出てきたのです。

 

眠っていた部屋のふすまがすっとひらき、首をぐっと持ち上げた蛇が2匹、ものすごく怒っていました。

1匹はもう枯れてしまっていて、ほとんど生命力を感じられませんが、もう一匹はすごい剣幕でシャーシャーとこちらを威嚇していたのです。

 

目がさめて思い至りました。

Rさんは、今回わたしが家に入ることを施設におられるお母さんに話してらっしゃらないんだ。

 

あわてて末娘に電話をして、Rさんに見た夢を伝えてほしいこと。お母さまにひとこと話を通しておいてほしいこと。

 

そのときに、誰も使わないと家がどんどん悪くなるので、「家を生かすために」少し手を入れさせてもらうね、という言い方をしてほしいとお願いしました。

 

家を生かすために。

 

この言葉を強調した私に、末娘は不思議そうに「そんなに家って大事なもん?」と聞いてきました。

 

住まいに執着のない彼女には、Rさんのお母さんのお気持ちはピンときません。価値観の違いを感じつつ、この夢の話を伝えることで、娘の心の成長にもつながるのだなと考え至りました。

 

わたしの言葉をそのまま、わかりやすく変えたりせずに意識して伝えると、Rさんの顔色が変わったそうです。

 

お母さんには、確かにひとこと言っておくべきだわ。

Rさんは、その夢の意味がよくわかるとお答えになって、家にこだわりのある人の心を、娘に教えてくださったのです。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

大阪での鑑定の受付はお電話かラインにて承っております。

070-6516-3239

 

ラインによる鑑定のご依頼は
070-6516-3239
こちらをご登録して検索ください。
【沖田法瀧鑑定受付】と出てくるとおもいます。

 

対面鑑定 30分 3000円

お電話鑑定 30分 5000円

 

鑑定所  大阪府茨木市竹橋町6-12

https://goo.gl/maps/7rneTeK64v72

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。沖田法瀧です。

 

今日も暑いですね。

 

前回の続きです。

http://ameblo.jp/horyu1215/entry-12295428549.html

 

 

四国の家のドアを開け、導かれるように部屋に入りました。

家の中にあるものはすべて処分して良い。捨ててしまっていいと言われていたので、どこから片づけようかと思っていたのですが、こっちこっちと呼ばれるように感じました。

 

気になる方に行くと、そこには遺書が置いてあったのです。

それは、いま施設におられる、この家の鍵をくれたRさんのお母さんの遺書でした。

 

次々に気になるところに足を向けると、紛失したと言っていた2階のカギが出てきたりと、捨ててはいけないものが最初にすべて見つかりました。

 

やっぱりこれは導かれたんだなと思いつつ、同時にこの家は、片づけて賃貸に出すしかないなと考えていました。

 

 

ひとだんらくついたところでRさんに電話を入れました。

 

「これは2年あっても、あんたじゃ片づけられへんな~」と言って笑うと、Rさんも笑って、そうなんです、私じゃ片づけられないんです、と。

 

この家の持ち主の「念」がこびりついたこの家は、持ち主に対して愛情のある彼女には重く、締め付けるような拘束感を与えていたはずです。

 

また町の名士である親戚に、家のことを相談すると、静かに無視されたりもしたそうです。

自分では片づけられない。

東京に生活があるので住むこともできない。

この家を売ることで生まれるわずかなお金を狙う親戚がいる。

その親戚には何も渡したくない。

 

彼女は八方ふさがりで、数日に何度かこの家のことを東京の空の下で思い出し、憂鬱になっていたのでした。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

大阪での鑑定の受付はお電話かラインにて承っております。

070-6516-3239

 

ラインによる鑑定のご依頼は
070-6516-3239
こちらをご登録して検索ください。
【沖田法瀧鑑定受付】と出てくるとおもいます。

 

対面鑑定 30分 3000円

お電話鑑定 30分 5000円

 

鑑定所  大阪府茨木市竹橋町6-12

https://goo.gl/maps/7rneTeK64v72

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

沖田法瀧です。

 

今日は少し時間が空いてしまいましたが

以下の記事の続きになります。

土地とのご縁 その5 占いフェスから四国へ続く

http://ameblo.jp/horyu1215/entry-12290824180.html

 

 

知恵を貸してくれと言われて赴いた四国の家。

家の前に立つなり、来る前に思い描いていた計画は頓挫しました。

 

実際に拝見する前には、お遍路さんたちの宿坊にしたらどうだろうと考えていたのです。

ちょうど定年がきた、宿泊施設で働いておられた方から

「次に何をしたらいいかな」

というご相談を受けていたところだったので、その方にお任せしたらどうだろうかと思っておりました。

 

この家を宿坊にして、定年を迎えた方に任せれば、その人の生活費も出るし、この家の持ち主であるRさんにも、賃料としていくらかお渡しできるんじゃないかと思っていたのです。

 

けれど、この家は道をひとつ入ったところにあるため、実際に歩いてお遍路をしている方には厳しい場所だなと思いました。

お遍路は本当に過酷で、一日中歩いたあとに、道一本奥まったところだと、迷子になったら悲惨なのです。

 

ということはこの家は、あの定年の方のためのご縁ではなかった。

 

こういう家を譲って譲られて、という不思議な展開のときには、必ず強烈なご縁を持った人が存在しています。

今回は誰のご縁なのか、気持ちが振り出しに戻った状態で家の鍵を開けたのでした。

 

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

 

大阪での鑑定の受付はお電話かラインにて承っております。

070-6516-3239

 

ラインによる鑑定のご依頼は
070-6516-3239
こちらをご登録して検索ください。
【沖田法瀧鑑定受付】と出てくるとおもいます。

 

対面鑑定 30分 3000円

お電話鑑定 30分 5000円

 

鑑定所  大阪府茨木市竹橋町6-12

https://goo.gl/maps/7rneTeK64v72

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)