ほろしり山遊記Ⅱ

ほろしり山遊記Ⅱ

健康の為に始めた登山でしたが
いつの間にかどっぷりと山にはまり、かけがえのない
山仲間とともに共有する時間はこの上ない人生の喜びです
所属するシニアの登山サークルの山行中心に、個人山行も少し
織り交ぜながらアップしています

<悪沢岳3141m・赤石岳3120m>日本百名山

 縦走2日目

<7月30日>晴れ ②

 

小屋でエネルギーを補給して次のピーク、小赤石岳へ歩みを進める

小屋からいきなり急登になったがすぐに歩きやすいトラバースの道となる

 

森林限界超えると大聖寺平、ここから緩い登りになる

 

イワカガミとアオノツガザクラのコラボ

 

小赤石岳の肩への登りでKoさんがライチョウに気づく

ヒナを三羽連れています、親鳥の後を追ってよちよち歩く姿に疲れも半減です

 

親鳥

 

小赤石岳の肩まで急な登りが続く

 

肩から展望の良い稜線を行くと小赤石岳山頂 13:50

 

椹島分岐でザックデポ、空身で荒川岳に向かう

 

分岐から少し下って山頂へ

 

朝千枚小屋を出て長い行程でしたが、素晴らしい天気に恵まれて

お花と展望を楽しみながら目標の赤石岳に立ちました 12:55

 

立派な赤石岳山頂避難小屋、ここに泊まる人が多かった

 

ここからまだ赤石小屋まで3時間、あまり長居は出来ません

 

分岐まで戻り急斜面を下ります、小屋までの高低差500m

 

急斜面も花が多く、特に白山フウロが綺麗でした

 

北沢の源頭から下って来た方向を見上げる

ここから富士見平まで道が狭く、岩場のヘツリ、危ない梯子など

今日のルートでは一番歩きづらい道でした、10時間以上歩いて疲れもピーク

標高下がって暑さも加わりバテバテ

 

360度展望の良い富士見平

あまりの暑さに長居は無用、小屋まで後30分ようやく今日の終わりが見えてホッとする

 

富士見平から樹林帯を下り今日のゴール、赤石小屋到着 16:05

 

千枚小屋から500m登って500m下るを2回繰り返すアップダウンの長い長いコースでしたが

天気に恵まれたことで、花と大展望を楽しみながらあまり辛くなく歩くことが出来ました

距離:14.4Km  行動時間:⒒時間10分

 

<7月31日>晴れ 

縦走最終日、椹島ロッジまでの下山

モルゲンロートの赤石岳をしっかり目に焼き付けて下山開始 5:00

 

小屋からは鬱蒼とした樹林帯をひたすら下る

 

尾根筋からジグザグを繰り返しながら下り

飽きるころ鉄の階段を下りて林道に出る やったぜ笑い泣き

 

バス乗り場のレストハウスにゴール、3日間の縦走を無事終える  8:10

距離:4.9Km  行動時間:3時間10分

 

台風の影響で入山が遅くなったので、少し無理した余裕のないギリギリの行程で歩きましたが

天気に恵まれて念願の荒川三山~赤石岳縦走を果たすことが出来ました

同行のお二人さん、本当にお疲れ様でした