1月23日(日)晴れ      メンバ:Tuさん夫妻 Smさん

<橘湖までスノーハイキング)>カルルス温泉~

 

この頃比較的良い天気が続いています

放射冷却のせいか毎朝厳しい冷え込みです、日曜朝もマイナス13℃になりました

Yuさん夫妻が橘湖まで行きたいと言うのでお付き合いをさせてもらう

お隣さんを入れて4にんのメンバーです

朝から良い天気になりました、カルルス方面はマイナス4度まで気温上がる

予報なので絶好の登山日和になりそうです(私等は登山?)

 

カルルス温泉入口の駐車場から、神社の境内を抜ける

 

神社裏の籔を登る

 

やがてサン・スポーツランドからの道と合流する

先を行くTuさん相変わらず足取り軽い(恐るべし78才)

 

案内板がある、ここから左へと進む

 

一旦大きく下って沢を渡る(スノーブリッジ)

 

沢からはずっと緩やかに登って行く

 

湖の外輪山までもう少し、この辺りが少しキツイ登り

沢まで先行者のトレースあったが途中で引き返していた

その後はまっさらの雪面、ずっとラッセル(疲れますが気持ちが良い)

 

稜線に出ると雪庇は大きく張り出していて中々夏道へ下りれない

 

稜線を少し登って雪庇の低い所を探して湖面へ下りる

 

湖面付近でカマクラ?(倒れた木の根に雪が積もっていました)

 

トラバースして湖面に下りる

 

散策路の看板

 

湖面に降り立つ、楕円形

橘湖は日本で唯一の私有湖とあります

会員制で釣りが行われていたと言うが現在は分かりません

湖面も雪の下で何も無い静寂そのものです

 

湖から急斜面を稜線までよじ登り、後は来た道を戻り

ジグザグに登って来た道を一直線にショートカット

風の無い陽だまりで食事、マイナスでも陽が射すと寒さ感じない

ここでTuさん眼鏡落としたことに気がつくも、場所が分からない

フワフワの雪の中に落ちたら発見は難しいので諦めて下山しました

 

神社まで戻って来ました

 

神社から向かいのサンライバスキー場(一番高い所が来馬岳)

 

オロフレ峠(右奥にオロフレ山山頂が見える)

 

アクシデントもありましたが良い天気に恵まれて楽しいスノーハイキングでした

他の山に行った皆さんも良い天気で山満喫したようですね

私も膝痛さえなければどんどん歩きたいのですが、軽く今日位が限度です

 

オミクロン株も怖いので、又しばらく巣穴でおとなしく冬眠です