20年以上前のこと、わたしはある女性からとても助けられた。



子育てのことでたくさんの情報やヒントやアドバイスを頂いた。



その方のことは本の中にも書いていたりするが、とにかく大恩人なのだ。



しかし、神戸から引っ越してから年賀状だけのやり取りになった。



彼女はいつも達筆で簡単に近況を書いてくれていた。



ある年からその年賀状が届かなくなり、こちらからの手紙にも返事は来なくなった。



気にはなりつつも月日は流れた。



それから5年か6年経ったある日、彼女の娘さんからメールが届いた。



かなり苦労して、ようやくわたしへ連絡できたようだ。



そこには彼女が難病を患い、亡くなったと書かれていた。



彼女は徐々に身体が動かなくなり、話すことが出来なくなり、呼吸が難しくなり‥



そんな中でも娘さんはお母さんのことを、「母は最後まで母でした」と書いておられた。



ほんとに凛としたステキな方だったので、娘さんの言葉で彼女のことが鮮やかによみがえった。




それからまた、月日は流れてつい数日前のこと、彼女からのメッセージがあることが分かったので伺ってみた。



彼女の思いを伝えたかったというより、私たちのために話してくれているのが分かった。



なぜなら、彼女は自分の人生にとても満足していて、今も幸せだった。



わたしのためにメッセージを伝えてくれたのだ。




ひとつだけ、分かち合います。




「愛と感謝と信頼は天からもたらされました」




わたしに子育てのことでたくさん教えてくれた彼女が、このことをはっきりと伝えてきた。




子育てする上でとても大切なこと。




愛も、




感謝も、




信頼も、




それは天からもたらされたもの。




天からの恵みということ。




このことを彼女は知ってほしかった。



天からもたらされたものはパワフルだ。




天の助けを借りて、子育てしなさい。




愛と感謝と信頼で‥