pandaの活動と日記

pandaの活動と日記

埼玉県登録団体
彩の国動物愛護推進員
動物取扱業二種届出済
Hope to Life チームZERO公式ブログ





同じ意味合いの言葉が沢山あります
 
題目の「心情、感情、気持ち」
日頃、何気なく使って居る言葉
 
 
猫さんに関わる活動で
何度か...何度も考える時があります
 
 
例えば
TNRに入るとき
 
 
お外にいる猫さん
いつ何が起こるかわからない状況下に居る
 
 
TNRの際にずっとご飯をあげている猫さん
繁殖制限、ワクチンやノミ・ダニ駆除、駆虫を
お願いすると
 
 
決まって「野良猫」だからと
そこに居る猫さんを確認すると
人馴れして居て
 
 
室内で家族の一員にして下さる
里親募集が出来そうな猫さんが居ます
 
 
「野良猫」とおっしゃるので
家族にすることは難しいとおっしゃるので
 
 
保護させて頂き
里親募集をさせて頂けませんか?と
伺うと
 
 
これも大体、決まって
可愛がってるからとおっしゃいます
 
 
ですが、手術やその他の措置は
こちらで、と言うのが大半です
 
 
これは
可愛がっている猫さんを思う
 
 
「心情、感情、気持ち」
なのでしょうか?
 
 
繁殖制限を施し元の場所にリターンした
猫さんが何頭も
車に轢かれて亡くなったと
 
 
お外で生きる事で
可愛がっていると言う目の前の猫さんの
安全や安心は担保されますか?
幸せになる可能性は?
 
 
「心情、感情、気持ち」って
目に見えないもので
確かなことがわからないのですが
 
 
その時の判断
人の「心情、感情、気持ち」が
優先されることにより
 
 
身の危険を回避することも出来ず
 
 
難しいです
可愛いって何ですか?
 
 
 
自分に置き換えて考えます
 
今日のちゃいろです
可愛いです
可愛がってると言うよりは
お外でごめんねと思いながら
出来る限り大切にして居ます
 
 
黙って何処かへ連れて行かれるのは
悲しいし、心配ですが
 
幸せにしてくれるだろうと
思える方がもし現れたら
 
私は、きっと
ちゃいろが好むご飯などを準備して
家族の一員にして頂くと思います
 
 
絶対的な条件、お願いは
「野良猫」と言われるお外の暮らしより
過酷なことに陥らないこと
 
 
 
可愛がって居るから幸せ
 
お外で
数分後、明日
何が起こるかわからないお外で
 
本当に複雑な思いで関わってます
 
ですから
自身の「心情、感情、気持ち」を
抑えて猫さんの幸せを優先して
下さる方は
 
 
動物愛護に携わって居るからではなく
誠実さが感じられ
こちらも誠実に真摯に向き合わないとと
改めて襟を正します
 
 
色々なことを考えると
動物に関する意識の向上
 
 
フラットな所からのスタートではなく
もっと、もっと
「心情、感情、気持ち」を
掘り下げないといけないことなのかと
感じました
 
出来る事なら
また同じ方に関わるとき
この意味を少しでもわかって頂けたら
大成功なのか
 
 
本当に複雑
この言葉が全てに当てはまる
 
#関わる人で運命が決まる
 
 
リモートでも良いので
ディスカッションしたい
意見交換で理解し合うことが出来るなら