お金は使えば入ってくるという真っ赤な嘘! | サードアイ 本音をずばり! powered by Ameba 

サードアイ 本音をずばり! powered by Ameba 

あなたの人生に奇跡を起こします!

復縁復活、恋愛、複雑愛、夫婦愛、婚外恋愛、略奪愛、人生全般等の問題を解決します。

7万件(私一人で)を超える実績の鑑定!脅威の的中率!脅威の願望成就率!を誇ります。真言密教 朱雀流気功 朱雀流行法 朱雀流秘術 霊視・霊感鑑定


テーマ:

 よく、「お金は使えば入ってくる」と言われますが、これは真っ赤な嘘です。使ってもお金が入ってくるのは、その人にまだお金が入ってくる気の流れが残っているからです。過去に金運を無意識か意識的か育んでいるからです。その人に金運(お金が入る流れ)が無くなってしまった時には、忽ち、お金に困る事態に陥ります。

 これは、普通に多くの方を観察しただけでなく、その方々の気の流れを観察した結果よく分かります。急にお金が入らなくなった方は、お金が入る流れそのものがなくなっています。

  逆にどんどんお金を貯めれば、金運が良くなるかと言うと、必ずしも、金運そのものが良くなった訳ではありません。元々、金運とはお金が入る流れを言いますので、誰かにお金を貯めなさいと言われていやいや貯めていたとしたら、入る流れよりさせられている意識の方が強くなり、お金が入る流れが起きません。金運そのものが良くなることはありません。

 また、何かを買う目的が中心にお金を貯めている場合は、入る気のエネルギーの意念は、目的が達成された時点でその効力がなくなります。

 いついかなる場合も、一生を通じてお金を集めるんだ、と言う意識を持って、そのために仕事を熱心に行い、コツコツでも毎月貯め続けることにより、本当の金運が育っていきます。同様に、例え一円であっても大切にできる気持ちをもつことが大切です。

 一つの会社を例にとりますと、その会社の社長に金運があり、浪費癖が無く堅実であるならば、その会社の金運に恵まれ発展し、その会社は将来有望な会社になります。

しかし、もし会社を構成する役員の大半の人に浪費癖がある場合は、会社にお金が貯まるどころか、衰退に向かうことは必至です。それはお金が外に向かう流れがあるからです。就活では社長や役員、重役の人となりがどうであるかも観察しておくと今後役立ちます。

霊能者 朱雀さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント