ユンのブログ

こんにちは。

ホームデコ松江店 尹(ユン)です。

夕やけが大好きで「夕やけ想い」と名づけました。

活動時間が終わる夕やけ時に一日を振り返り、感謝し、翌日に向けて気持ちを一新する。

そんな時間帯を大切にしています。

お客様とじっくり話し合って夢をカタチにしていきます。

よろしくお願いします。


私の紹介をします。

松江市宍道町在住(雲南市木次町出身です)。

趣味は幼少期から続けている書道。

スポーツ観戦大大大好き!(特に野球野球 球団がある都市に住みたい…夢)

好きなアーティスト スピッツスピッツ 好きな色ブルー。

マイカーへの妥協許さず!もちろん青い車に乗ってますくるま。


高校を出てから10年、ソウルに在住していました。第二の故郷です。

松江の宍道湖の夕やけはもちろん、ソウル市内を横断している漢江(ハンガン)の夕やけもグッド!

夕やけの美しいところに住めて幸せです。

学生の頃から打楽器一筋で、韓国の打楽器「サムルノリ」をやってます。

いろんなイベントに出没してますかおどこかで会えるかもしれませんね。


松江店 店長/インテリアコディネーター052003A



■店舗情報■
ホームデコ松江店 〒690-0823 松江市西川津町4170
TEL:0120-753-013 / FAX:(0852)-20-6111

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

アクセント使いで素敵な空間を

日々時間に追われ、夕やけすらゆっくり眺めることも少なく…。

9ヶ月ぶりの更新は、中古住宅の二間続きの和室を、洋室と和室にリフォームした事例を紹介します。

 

 

畳をフローリングに敷き替えてクロスを貼りました。

 

 

間仕切りの襖も洋室側は木調襖紙に。

ここを開けると、

 

モダンな和室空間。

 

 

床の間を藍色、壁をグレーのクロスで渋めに。

 

 

和室側の襖には枝垂れ桜(?)模様入りのシルバーの紙を思い切って選択。

これがかっこいい!

 

BEFORE(洋室)

 

BEFORE

 

BEFORE(和室)

 

 

ここからは2F。

フロア材が傷んで畳が敷いてあった2F洋間も、

            ↓

 

畳を撤去してフローリングを上張り、布クロスの上に下地を張ってビニールクロスに。

 

 

隣室との間仕切り壁は一面ラスティック調に。

音楽活動をされるご主人の趣味の部屋にぴったりです。

 

シンプルもいいけど、アクセント使いで素敵な空間になりますよウインク

 

 

 

 

猛暑到来!

梅雨明けと同時に来た猛暑の中、毎日外の現場に駆けずり回っています。

今は出雲方面ばかり数現場あり、今日の午前中は全現場を確認に回ってきました。
出雲平野ののどかな風景の中を走行中の一枚。


透き通る青空。
気温は35度!メラメラ
左官さんたちも汗をダラダラかきながら「暑い!暑い!」を連発。



そこにこれを装着した私が現れる、左官のおじさんたち「なんかね、それは?」「涼しいかね?」
今年巷で話題の携帯ファン。肩にかけて顔に送風します。
これが意外と役に立つ!顔から流れ出る汗を抑えてくれます。
これは猛暑の現場確認に回る私にはちょうどいいけど、作業してる職人さんには邪魔で、服の中を送風してくれるタイプがいいらしい。
そんな話を数日前にしていたら、今日そのファン付きの服を会社から支給してもらえることになったと、左官さんたちが嬉しそうに話してくれましたグッド!

年々猛暑が厳しくなる中、携帯ファンは今や必須ですね。
職人さんあっての現場なので、少しでも快適に現場を乗り切ってほしいです。

ちなみにこれは当店で販売しています!
今なら30%OFF!


いかがですか?





シャビーシックにまとめて

シンプルな外構は、シャビーシックな色合いでおしゃれに仕上がりました。




リビング前の目隠し塀は樹脂製で、お馴染みの
『アルファウッド』。
二年前に発売された新色、マーブルブラウンはまさにシャビーシックな装い。
玄関ドアとも相性バツグン!


最後まで色を悩んだヨド物置は、メタリックローズを選択。一見躊躇する色合いだけど、あえて選びました。



そうしたことで、周りにもぴったり馴染んでいます。


予算を押さえて玄関前にだけインターロッキング敷きを施工。
これだけでも玄関が引き立ちます。


引き渡し時に植えた寄せ植えが、玄関周りを明るくしてくれてます。


グリーンが映える、シャビーシックな色合いの外構に仕上がりました。
そのせいか、施主様は植物が好きになったと、毎日植物の世話をしてくださっています。
なによりです。



クマとドライブ!?

現場に行ってみると、


ん?なんだ⁉︎


木彫りのクマ!
荷台からこんにちは。

作業に来ていた左官さん、「コレを連れて行かんとコイツに怒られるんだわー」だそうです。
どこかでこの軽トラを見かけるかもしれませんよ^_^




雨乞い⁉︎

連休明けの現場に行きました。

ふと樹木を見上げると、枝にカエルさんが…。


連休中からいいお天気が続いてるので、きっと雨乞いしてるんだね。
私たちは晴れてるほうが嬉しいんだけど…。




セミクローズ外構

今春完成したセミクローズ外構。



道路沿いの目隠しに、樹脂塀アルファウッドをH1800の高さで設置。


それに合わせて、レンガの門柱とアルミ門扉。
門扉は木風化粧がしてあり、カラーと雰囲気はアルファウッドと違和感なし!


アルファウッドは180ミリ幅の板で目隠し効果バッチリ👍


横から車を入れられるので、セミクローズです(^ ^)



門扉を開けるとインターロッキングのアプローチ。


白い建物に馴染むよう明るめのカラーにしました。

築後数年、角地で吹きさらしだったため、施主様が目隠しを兼ねた外構プランをあたためておられました。
今回はそれを実現化するお手伝いを。
想像通りになったと喜んでいただきました。


ナチュラルガーデン花だん

昨秋、某施設の玄関前花だんの植栽をさせていただきました。
利用者さんたちが癒される、ナチュラルな雰囲気に、というご依頼でした。
一冬越して先日伺ってみると…、


春の花が咲きこぼれ、思わずうわぁーと感嘆の声がもれました。


玄関を見て左側は、シンボルツリーの常緑ヤマボウシを中心にナチュラルな雰囲気を演出。
窓がない壁に映えるよう、シンボルツリーなどで高さを出しました。


反対の右側は事務所の窓があるため、低いところに植栽を。
グランドカバーや宿根草などの間に高さが出るラベンダーなどのハーブを合わせました。


アクセントに植えたネモフィラブラック。
かわいいのにカッコいい!



ネモフィラブラックを尊重するように、横には白花を合わせました。


ネメシアのピンクの花にアベリアホープレイズの斑入りの葉が、明るさを出してくれてます。


ロータスブリムストーンの柔らかい新芽から、古葉の緑へと続くコントラストが見事音譜


植え替えを楽しんでいただくコーナーには、ちょっと華やかさを加えました。

まだまだこれからが楽しみな花だんです。



今年の花見

やっぱりこの時期になると行きたくなるのが、故郷の木次にある斐伊川堤防桜並木。
昨日、曇天のもと行ってきました♪


この土日はイベントが開催されてたようで、たくさんの人で賑わっていました。


桜のトンネル。今年も見事!


シートを敷いてお弁当を食べてる人もチラホラ。


房もぎっしり!


新しい命も芽吹いていました。


木次の桜はかなり老木化していて、所々若い樹に植え替えられていました。
全盛期に比べるとちょっと華やかさに欠けていたような気がしましたが、いつかまた復活することを願ってます。


最後に斐伊川を挟んで対岸から。

子供の頃、川向こうの友達の家に遊びに行くのに渡っていたこの橋。
大雨が降るとすぐ川の水に浸かってしまうので、私たちは『潜水橋』と呼んでいました。
ところが今は、数年前にここが舞台になった映画に登場してから、『願い橋』と言うそうですね。
この橋を目をつぶって渡りきったら願いが叶うんだとか。
でもこの橋は欄干がない。
私は声を大にして言いたい!
「絶対無理だよー!」



外構リフォーム〜経過1年〜

一年前に外構をリフォームさせていただいたK様宅を訪問してみました。



一冬越し、植物が生い茂って華やかになってきました。


新しくシンボルツリーとなったリキュウバイにも花が咲きました。



白くて柔らかい花。可憐です。


駐車場脇の花壇もモリモリ!
タイムがはびこっていますが、これから咲く花を待って、今は剪定を我慢!



施主様からも春の花を植えられたと、写真を送っていただきました^_^
明日庭を眺めながら女子会が開催されるとか。
お友達にも和んでいただけると嬉しいですね。




コンクリートにビー玉入れ

冬らしい日をほとんど感じないまま、もう春の日和ですね。
こんなお天気にぴったりな、コンクートを打設したところにビー玉を入れる作業が、今日ありました。


施主様が用意された25ミリのビー玉を、施主様にコンクートの上に置いていただき、


私が叩いてコンクートの中に半分沈めた後、左官さんがコテで周りをきれいにしてくれました。


家族みんなでビー玉を入れたい、という施主様の希望から、今日この作業になりましたが、残念ながらお子様と奥様はお出かけになり、ご主人が一家を背負って作業されました。

コンクリートが乾くのが楽しみですね♪




1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>