今日は好き勝手に書きます! | ホームエージェント社長ブログ

ホームエージェント社長ブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

※本日のお話は私の大好きな温泉の話です。マニアな内容を含んでおります(笑)

  しかも無駄に長いです。興味の無い方は、今回だけは読み飛ばすのが“吉”です!※



よし!ちゃんと注意書きも書いたし、好きに書くぞ~!

今からでも遅くありません。時間の無駄になる前に興味の無い方は別の記事へ…。



~第一章 出発(たびだち)~


昨日、ブログでも報告しましたが、お休みを利用して上尾の温泉に行ってきました。

温泉といっても、いわゆる日帰り温泉というやつで、入場料650円(大人会員価格)です!

銭湯並みの金額だね (≡^∇^≡)


さいたま市の我が家から、上尾の清河寺温泉まで約50分くらいです。

家族に、『今日は清河寺の日だ!』と伝えたところ、娘(小学生2人)が大はしゃぎ!

私の温泉好きにつられて、娘も大好きなんです。

なかなか渋い小学生ですな (;^_^A


さて、清河寺に向けて出発!最初はにぎやかに進んでいたのですが、突然助手席が静かに。

カミさん熟睡中…。そうか、疲れてるんだなぁと思い私も静かに運転。

しばらくして、起きたカミさんが一言 『ああ~、眠かった~』


えっ、眠かった?いや、あなたぐっすり寝てましたから!

と、心の中でツッコミながら、訳のわからん事を言っとるわ、と一人ウケてた私。

結局その後、私以外家族全員で夢の中~。ひたすらハンドルをにぎるお父ちゃん!

世の中のお父ちゃん、こんなもんですよね(笑)



~第二章 到着~


ここが清河寺温泉です!



熱帯魚クンのブログ


熱帯魚クンのブログ


う~んよく分からない…。

でもここに着いただけで、私のテンションはあがっりぱなしなのです!

(後で、清河寺温泉のホームページを貼っておきます)


玄関に行き、会員価格で入場!(会員はその場でなれます)

ほんのり暖かい木の廊下をはだしで歩き、早速温泉へ!


福田家のいつものパターンは、

まず入浴(1時間30分!) → お食事 → また入浴(1時間30分!)

なので、最初は温泉なのです!



~第三章 湯船での会話~


きれいに体を洗い、その後最初に露天風呂へ!

あったまってない体なので、外の冷気は尋常じゃないくらい肌を刺す!

でも、私は温泉マニアなので、最初に露天なのです。その後の極楽を思えば、


なんてことのない試練ですわ (^ε^)♪


(良い子は真似しないでね (^∇^) ※この後もちょいちょいやってはいけない入浴法が

 出てきますが、もう注意しません(笑) )


あつ湯めがけて一気にザブン!あっつ~い!極楽~!

もう、鼻のあたりまでお湯に浸かってます ( ̄▽+ ̄*)

たまに風が水面の湯煙をさっと払っていくんですよ。風情があっていいなぁ。


そこへ、常連さんらしきおじさん二人が登場。

『今日もいい湯だな。ここの半年入り放題券があれば、5万でも買うよ!』

『そうだな。俺も欲しいな』

うんうん、その気持ち分かる分かる o(〃^▽^〃)o


『一年間10万円でも買うよな!』

『いや、いらない』


え~! ヽ((◎д◎ ))ゝ

いやいや、そこは乗りましょうよ!明らかに得してるし、実際は売って無いんだし!


ほら~\(*`∧´)/  友達寂しそうだし…。


軽く嫌な雰囲気になったので、サウナへ移動!



~第四章 長老~


ウナも、もちろん大好きです。

限界まで耐えて、一気に水風呂へ入る瞬間、全身の毛穴がきゅっとなる、あの感じが好きです!

私がサウナで耐えていたら、一人のお父さんがサウナ室へご入場。

すると、知り合いがいたのか、別の常連さんとご挨拶。

『おぉ~○○さん、ファースト?』


ファースト!? Σ(・ω・;|||

ファーストってなんだ?

すると、次の会話で判明。

『いやいや、さっき一回入ったから、ダブル!


な~るほど、サウナに入った回数の確認ね (‐^▽^‐)


でも、ファーストの次はセカンドじゃないのかな…

と心の中で軽くツッコミをいれながら、限界になったので、水風呂へ。


私が水風呂に浸かっていると、ずいぶん前からサウナにいたであろうご老人が出てこられた。

すると、広い水風呂なのに、なぜか目の前に座り、こっちをじっと見てる Σ(゚д゚;)


どうみても、長老!というのにふさわしい貫禄とオーラ!

そこで、私は気づいた。

あ、ベストポジションを取ってるから?


そう、私が勝手に決めているのですが、水風呂の中でも勢い良く水が出ている場所があります。

そこは、常に冷たい水が循環する、ベストポジション!(注、勝手な思い込みです)


そこに気づいた私は、すぐに長老にポジションを譲るべく水風呂からあがりました。

出るときチラっと横目で見たら、長老は目を閉じ軽くうなずいたようでした。

長老様に満足頂けた私は、意気揚々と次のステージへ。



~第五章 新たなる発見~


長老との心理戦により疲れを感じたので、普段は入らないジェットバスのお風呂に入りました。

リラクゼーションバスや、座マッサージなどいろいろな種類で体のコリをほぐします。

うわ~こんなにいいもんがあったのに、知らんかった~ (´0ノ`*)


すると、目についたのです。スーパージェットバスの文字。

当然、そこに向かいます。ちょっと深くなっているお風呂に体を沈めた瞬間、


棒で背中をぐりぐり押される衝撃!


思わず、『スーパージェットバーース!!!』と叫んだ声は、幸い強烈なバブル音にかき消されましたが…。凄い衝撃でした(笑)


何しろ、背中を押されて壁にくっついてしまい、しばらく身動き取れないくらい(笑)


やりすぎっすよ!(*゜▽゜ノノ゛☆



~第六章 もう終わりにします(笑)~


五章まできましたが、まだ前半戦です。いくらなんでも長いので、後半はまた今度にします(笑)

貴重な時間をありがとうございました (`∀´)


私の大好きな清河寺温泉 → 清河寺温泉ホームページ











熱帯魚好き不動産屋さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス