目黒不動尊(瀧泉寺)

テーマ:

昨年、ご開扉をされていた時期に行きました。 

 

正確に言うと、ご開扉の期間には、どうしても行くことができなかったのですが、読者の方から、「ご開扉期間が延長されましたよ〜」という情報をいただいて、「だったら行ける〜!」と参拝しました。 

 

扉が開けられるのは、12年に1度だそうですから、間に合って良かったです。 

 

瀧泉寺は入口である仁王門をくぐると、参道がまっすぐにのびていて、その向こうに石段があり、本堂へと続いています。 

 

何も考えずに門を入り、2〜3歩進んだところで、いきなり江戸時代の人々が目の前にパーッと広がりました。 

 

意識してその時代を見ようと思ったのではなく、自然とその時代に繋がったのです。 

 

男の人も女の人も、大人も子どもも、年老いた人も……着物を着た人々が、たくさん行き交っていました。 

 

お祭り? というくらいの人数で、ものすごーく賑わっているのです。 

 

「すごいな〜」と、しばらくその光景をボ〜ッと見ました。 

 

ここまで過去にしっかり繋がれるのは珍しい、と思っていたら、後日、別の読者の方から、リクエストとともに「江戸時代に栄えていたそうです」というメッセージが届きました。 

 

わかるわかる、そんな感じだった、と深く納得しました。 

 

参道を進むと、石段の手前左側に「独鈷の滝」があります。 

 

滝と言っても、普通の滝があるのではなく、どちらかと言うと、「池」です。 

 

石組みで囲ってあって、そこに龍の顔が設置されており、口から水が出ています。 

 

この水で水垢離(みずごり)をするのかな? と思いましたが、ここの「場」のパワーがすごかったです。 

 

もう本堂に行かなくても、ここにおられるお不動さんを参拝すれば十分なのでは? と、思ったくらいです。

 

この「場」の力が強いから、仁王門から独鈷の滝までの間で、江戸時代が見えたようにも思いました。

 

石組みの上には、たくさんのお不動さんの石像や仏様が置かれていました。 

 

その中に2体だけ、特別に強い力を持ったお不動さんがおられます。 

 

昔は別の場所にいたようですが、とにかく強いです。 

 

ボ〜ッとその2体のお不動さんを見つめ、独鈷の滝のそばにあるお堂を見たり、代わりに水垢離をして下さる「水かけ不動明王」を見たりして、結構ここで長い時間を過ごしました。(水かけ不動明王は、水をかけた同じところが良くなると言われているそうです)

 

独鈷の滝は、本当にとても気持ちの良い場所で、石で囲まれる前はすごい聖地だったのでは? と思いました。 

 

本堂の中の、仏様がいらっしゃる場所は、内陣と脇陣の3つに分かれていました。 

(文章ではわかりづらいと思います。知恩院さんのサイトに同じような〝平面図〟が載っておりますので、どのような感じなのかそちらをご覧下さい。建物の広さ・大きさなどは違いますが、〝平面図〟がよく似ています。→コチラです) 

 

外陣に上がらせてもらえたので、しっかりと拝観しました。

 

【真ん中の内陣】の須弥壇には、ご開扉されていたご本尊がおられましたが……御簾(みす)越しの拝観だったので、お姿をハッキリと見ることはできませんでした。 

 

金色の剣を持っていらっしゃるなぁ、という程度です。 

 

御簾の前にも、お不動さん像が1体安置されていました。 

 

その手前は、お坊さんが護摩を焚く護摩壇となっています。 

 

【左側脇壇】の中央には愛染明王像があり、その左横には「賓頭盧(びんずる)」さんがおられます。

(脇陣には入れます) 

 

なんと! ですね、この賓頭盧さんは磨耗していませんでした。 

 

どこのお寺でも、自分の体の悪い部分と同じ場所をさわれば良くなると書かれている賓頭盧さんです。 

 

大勢の人に撫でまくられ、さわられまくりですから、体のあちこちが磨耗しているのが普通なので、「磨耗していない賓頭盧さんもいるんだ〜」と、新鮮な驚きでした。 

 

愛染明王の右横にも立派なお不動さん像があります。 

 

【右側脇壇】には、勢至菩薩、虚空蔵菩薩の仏様と、中興の祖のお坊さん、円仁さんなどの像がありました。

 

中興の祖のお坊さん仏像は、しっかりご本人と道が繋がっていました。

 

円仁さんも繋がっていますが、この方は元三大師以上に前面に出るタイプではなく、ものすごーく謙虚な仏様です。 

 

最澄さんのお弟子さんは、格の高い仏様になっていても控えめな方が多いです。 

 

さて、このような秘仏(安置されている厨子の扉が、通常は閉まっている仏様)の場合、お願いは聞いてもらえるのでしょうか? と、不安になられる方がいらっしゃるようで、時々質問が届きます。

 

そこをご本尊のお不動さんに聞いてみました。 

 

「ご開扉の期間じゃなかったら、お願いは叶いにくいのでしょうか?」 

 

「この寺には道の繋がった像が多くある。(これは、道が繋がるという私の表現に合わせてくれています)

 

本尊にこだわらず、境内にある自分が好きな仏像を信仰すればよい」 

 

「今、12年に1度のご開扉の時期ですが、通常より特別に願いが叶いやすいとかあるのでしょうか?」 

 

「そのようなことはない」

 

とのお返事で、ご開扉ではない時期でも、願いが叶うことに関しては同じだそうです。 

 

ただ、ご開扉の時期だったら、〝ご本尊〟に、願掛けができますし、〝ご本尊〟に、ご縁がもらえます。 

 

秘仏となっている仏様には2種類あって、扉が閉まっていたらコンタクトも不可能の仏様と、閉まっている扉越しでもお話ができる仏様がいます。

 

目黒不動尊がどちらなのかは、ご開扉ではない時に行ってみなければわかりませんが、前者ではないかと思います。 

 

というのは、ご自分が普段は扉の向こうにおられるからか、「近くて親近感を持てる像に手を合わせるとよい」と言っていたからです。 

 

人間側が、イメージしやすく、語りかけやすい像を信仰すると、仏様のほうも繋がりやすいそうです。 

 

「仏を身近に感じなさい」とのことでした。

(この言葉は別のところでも言われたので、大切なことなのだと思います) 

 

だったら、このお寺での私のお不動さんは、左側脇壇におられる不動明王像かな、と思いました。 

(前不動堂というお堂の工事が終わると、そちらへ移られるらしいです。会いに行かれる方はお早めに〜)

 

このお寺には本当にたくさんのお不動さんの像があります。 

 

自分が「好きだな〜」と思えるお不動さんを1体決めて、通うといいです。 

 

本堂には大きな撫で独鈷もありましたし、本堂裏には立派な大日如来像もありました。 

 

護摩祈祷は時間を調べていなかったため、体験していないので、機会があればまた行きたいと思います。

 

 

 

 

仁王門です。

ここを入ったところで、いきなり江戸時代と繋がりました。

 

 

 

 

 

独鈷の滝です。

手前の大きなお不動さん像が、「水かけ不動明王」です。

奥の龍(2つあります)の口から水が出ています。

 

 

 

 

 

石で囲った上には……

 

 

 

 

 

たくさんの不動明王像と石仏がありました。

 

 

 

 

 

どのお不動さんが好きかな~、と探してみるのもいいと思います。

 

 

 

 

 

独鈷の滝を正面から見たところです。

赤い丸をつけた2体のお不動さんが、とても強い力を持っていました。

 

 

 

 

 

赤い丸で囲った右端のお不動さんです。

池のギリギリまで寄って撮ったのに、どうしてもボケてしまいます。

 

 

 

 

 

こちらは中央寄りの位置にいるお不動さんです。

4枚も撮ったのに、すべてピンボケしていました。

 

 

 

 

 

石段を上がると本堂が目の前にあります。

鳥居の形が独特です。

 

 

 

 

 

五色の御手綱がありました。

柱は「結縁柱」となっていました。

 

 

 

 

 

この絵馬状のものを合掌した手に挟むそうです。

五色の綱は、ご本尊のお不動さんに繋がっています。

ここには「御開帳」と書かれていますが、のぼりや境内の案内はすべて「ご開扉」と書かれていました。

 

 

 

 

 

どっちを手に挟もうかなぁと悩み、こちらにしました。

 

 

 

 

 

本堂です。

中を拝観し終えて、裏にまわると……。

 

 

 

 

 

大きな大日如来像があります。

台座部分に天和3年(1683年)と刻銘があるそうです。

 

 

 

 

 

この仏様の前も、何とも言えない癒し空間になっていました。

 

 

 

 

 

境内には数多くの不動明王像があります。

 

 

 

 

 

歩き回って、いろいろな仏像を見るのも楽しいと思います。

 

 

 

 

 

役行者の像もありました。

 

 

 

 

 

お堂の壁に刻まれている名前は、〇〇郎さんと、〇吉さんがほとんどで、〇八さんもいました。

時代を物語っています。

昔から信仰されているのだな~、となんだかほっこりしました。 照れ

 

 

 

 

 

新刊本にご興味がおありの方は、よかったら詳細をご覧になってみて下さい。

(Amazonにリンクしています)

神様が教えてくれた金運のはなし 直接きいてわかった開運あれこれ

 

 

 

 

こちらは楽天になります。

 

 

 

 


 

 

 

クリックをするとユーチューブで曲が再生されます。

天から聞こえるメロディを曲にしています。