子宝祈願

テーマ:

少し前のことです。

 

お嫁さんが健康診断に引っかかった、と息子から電話がありました。

 

その手の話はよく耳にしますし、精密検査をしても異常なしだった、というのもよくあることなので、「大丈夫だろうな~」と思ったのですが、うちの息子は親族の健康に関しては、人一倍心配をするタイプです。

 

さらにそれが、お嫁さんのこととなると、人の100倍くらい心配をします。

 

心配しすぎて胃が痛い、何日もまともに食事が取れない、ふらふらで倒れそう、というくらい悩み抜きます。

 

以前そのようなことがあったのですが、今回も、もう今にもお嫁さんが死んでしまいそうな、そんな感じで心配をしていました。

 

私には、お嫁さんが病気になるようには感じられなかったので、「大丈夫だと思うよ~」と、のどまで出かかったのですが……。

 

いや、待て、と考えました。

 

この息子のことだ、大丈夫だと言うと、「ホントにそう思う?」とちょっぴり安心し、それで万が一、なにか異常があった場合……ショックでぶっ倒れるかもしれん……そしたらお嫁さんを支えてやれなくなるのでは……と思った私は、

 

「もしも、なにかあったとしても、今は医療が発達してるから大丈夫よ」と明るく言っておきました。

 

それを聞いた息子は、「…………」 ( ̄_ ̄ i)

 

と、しばし無言で、「なんでそんなこと言うねん? 大丈夫って言ってほしいんやけど……」という空気を出していました。

 

息子は、「あかん、このおかんに相談しても心の平安は得られへん」と思ったのか、それからすぐに湊川神社に願掛けに行きました。

 

息子が関西に引っ越す際、どこの神社に行けばいいのか聞かれた私は、迷わず湊川神社をすすめました。

 

行くのに少々時間がかかっても、正成さん神様が一番面倒を見て下さるのではないか、と思ったからです。

 

越木岩神社は女性に優しい女の神様がいらっしゃるので、こちらもお嫁さんの健康面などには捨てがたい神社であり、どちらもご挨拶に行くように言っておきました。

 

伏見稲荷も強く推薦しましたが、息子は直感で湊川神社へ行き、「ここの神様、大好き!」となったようです。

 

以来、時々参拝に行っています。

 

で、話の続きですが、息子は正成さん神様に精密検査で異常がありませんようにと願掛けをし、そのお願いを聞き届けてもらえて、検査結果は一切異常なしでした。

 

そのお礼を言いに、2人で湊川神社に出かけて行ったそうです。

 

2人で丁寧にお礼を述べて、そこでお嫁さんは子宝願掛けもしたそうです。

 

ちなみに、お礼を言いに行って、そこでまた、新たに願掛けをするのは悪いことではありません。

 

「お礼を言いに行く」こと自体、していない人が多いなか、わざわざ神社まで出向いて行くのですから、神様のほうもにこにこと喜ばれています。

 

「ありがとうございました」と、感謝の気持ちをいっぱい持って、お礼を言いに来た人を神様はとても可愛く思っています。

 

そこで、新しい願掛けをすると、また聞いてくれる可能性は大きいです。

 

驚くことに、お嫁さんの願掛けは、即、叶えていただけて……なんと、翌月、めでたく妊娠しました。

 

ありがたいことです。

 

息子からその知らせを聞いて「よかったね~」と思うと同時に「すごい!」とビックリしたのは、正成さん神様がどんどん大きな神様になられている、ということです。

 

以前にお邪魔した時に、眷属も張り切って仕事をしていましたから、正成さん神様も眷属も、ぐんぐん神格が上がっているのだと思います。

 

願掛けをした翌月に妊娠、というのがすごいです。

 

そして、相変わらずお優しい~、とも思いました。

 

正成さん神様は、お礼を言いに来た、感謝でいっぱいの息子夫婦のことを可愛く思って下さったのでしょう。

 

そこで新たにお嫁さんにお願いをされたので、「うんうん、よしよし」と叶えて下さったように思います。

 

本当にありがたい神様です。

 

今度、関西に行ったら、お礼に伺わねばと思いました。

 

ついでに……というのもなんですが、この記事を書いている途中に読者の方から届いたメッセージによりますと、その方はうちのお嫁さんとまったく同じ体験を於菊稲荷神社でされたそうです。

 

願掛けの翌月に妊娠されたということでした。

(ぴったりのタイミングでメッセージが届いたので驚きました)

 

於菊さんのところは、お稲荷さんがメインの神様ですが、とても古いお稲荷さんであることに加え、昔は大層にぎわっていたので力も強いです。

 

さらに皆様が「於菊さん」「於菊さん」と慕って下さるため、於菊さん自身の格も上がっているように思いますし、たくさんいる眷属も張り切ってお仕事をされているのではないかと思います。

(於菊稲荷神社のことは『神さまと繋がる神社仏閣めぐり』という本に書いています)

 

さて、この子宝祈願ですが、なかなか成就しなくて悩まれている方も少なくないと思います。

 

どうしてうちには子どもが来てくれないのだろう? という場合、来てくれる子どもと親がどういう関係なのか、で、理由が変わってきます。

 

どういうことかと言いますと、まず、その子がその家に生まれるという約束をしている場合です。

 

これは、母親か父親、もしくは両方ともがこの世に生まれる前に、あちらの世界で約束を交わしているパターンです。

 

その子が来ることは約束済みなので必ず生まれてきます。

 

来ることは来るのですが、その子にはその子の人生計画というものがあります。

 

ソウルメイトと同級生として出会うという設計図を描いていたら、ソウルメイトと同じ年に生まれなければなりません。

 

それが3年先だったとしたら、その子がお腹に宿るのはもう少し先、となります。

 

子どもにとっては大事な人生計画ですから、これはもう待つしかないわけです。

 

わりとフリーな人生にして細かい部分まで計画していない、という人生計画を持った子だったら、生まれる時期に強いこだわりがありません。

 

ですから、3年後あたりに母親のお腹に入る予定にしていても、神様が呼びにきたら「予定より早いけど、もう行こうかな」と、妊娠します。

 

これは特定の子と約束をしている場合のお話で、約束をしていない人も多くいます。

 

そのような人は、あちらの世界ですでに生まれる準備が完了している子と、神様が縁結びをしてくれます。

 

この場合、最終的な決定権は神様にあるのではなく、子どもにあります。

 

子どもが「このお母さん、お父さんにする」と決めるのです。

 

相性という部分がもちろん重要なのですが、その家に生まれて、自分の人生の計画がどうなるのか、まで総合的に判断をしてから決めています。

 

たとえば、幼少期にあれこれ欲しい物を買ってもらえない、そこから我慢を学ぼうと計画していたら、縁結びをされるその家がお金持ち過ぎると、我慢を学ぶことが難しいかもしれません。

 

そうなると、どんなに母親になる人のことが好きでも……そこには生まれません。

 

自分の人生計画がうまく進まないからです。

 

シングルマザー、シングルファーザーの家庭でさまざまなことを学ぼう、と計画をしていたら、離婚をしないと思われる夫婦のもとには生まれません。

 

母親になる人のことをどんなに気に入っていても、どんなに大好きでも、です。

 

自分の計画と合わないのであきらめます。

 

ですから、今、妊娠しないとお悩みの方は、子どもに拒否をされているわけではないのですね。

 

来ると約束している子の生まれる時期が今ではない、もしくは縁結びがうまくいっていない、それだけです。

 

なかなか子宝に恵まれない方の中には、今世では子どもを持たない経験をしてみよう、と生まれる前に自分で決めてきた人もいます。

 

自分が決めたことなので、最初はつらくて苦しくても、年を重ねるにしたがって、穏やかな心境になっていきます。

 

しかし、中にはどうしても苦しい、つらい、つらくて仕方がない、という人もいます。

 

そのような方は前世が子だくさんで、そのことをとても幸せに思っていた人です。

 

たくさんの子どもに囲まれる幸せ、みんなでワイワイとにぎやかに過ごし、それがとても楽しかった〜と満足した人生……を魂が覚えているのです。

 

その子どもが今世では1人もいないわけですから、寂しい、つらくてたまらないと、〝魂が〟感じているのです。

 

ですから、どうしても子どもをあきらめきれない、という方は、執着しているとか意地だとか、そういうことではなくて、魂が寂しがっているからなのですね。

 

いくら自分で計画したとはいえ、子どものいない人生はやっぱり無理、と思われたら、人生計画を変更してくれる神様のところにお願いに行くといいです。

 

生まれる前に立てた計画を、簡単に変えることができるのは山岳系の神様です。

(このお話は『運玉』という本に書いています)

 

ただし、勝手に変えてはいけないというルールがあって、変更をする時は、山岳系神様より格が上の、「天空の神様」の許可が必要となります。

 

この天空の神様は格が高すぎて、人間は直接コンタクトができません。

 

その天空の神様に直談判に行ける神格を持っているのが、山岳系神様なのです。

(出雲大社、伊勢神宮などのとても大きな神様も大丈夫ではないかと思います)

 

見えない世界での人生計画の「子どもを持たない経験をする、そこから学ぶ」という部分が削除されれば、神様の縁結びで子どもはやってきます。

 

よくいただく質問で、子宝祈願に関して言えば、参拝に行く日にちに決まりはなく、基本いつでも行っていいのですが、あえてどの日がいいのかと聞かれると、1日です。

 

次に15日です。

 

どこかで書いたと思うのですが、この2日は神様の日、神様のお祭りの日になります。

 

前述のメッセージの方は15日に行かれて、お酒を奉納し、いなり寿司とお菓子のお供え物もされたそうです。

 

ちなみに生理中に柏手を打って、子宝願掛けをすることは、私はおすすめできません。

 

子どもとの大事な縁結びをお願いする、もしくは来る時期がもっと先なのに呼びに行ってもらう、のですから、生理が終わってから、失礼のない時に行かれたほうがよろしいかと思います。

 

子宝祈願成就……子どもとの縁結びは、正直に申しまして、どの神様でもできることではありません。

 

ですから、確実にできる山岳系神様以外だったら、なるべく大きな神様のところへ行かれたほうがいいです。

 

神格がまだよくわからないという方は、そこそこ大きな神社に行かれてみて下さい。

 

……以上が、子宝祈願に関する私からのアドバイスです。照れ

 

 

 

 

 

 




 

 

 

クリックをするとユーチューブで曲が再生されます。

天から聞こえるメロディを曲にしています。