久しぶりの豊川稲荷東京別院

テーマ:

先日のことです。 

 

人と会う約束があって、赤坂に行きました。 

 

最初は、ここで会う予定ではなかったのですが、前日に連絡が来て、集合場所が変更になりました。 

 

「赤坂見附駅」と書かれた、その駅名を見た瞬間に、パッとキツネの姿が見えました。

 

じっとこちらを見ています。

 

「あれ? お稲荷さんだ。来いと言ってるけど一体どこの神社?」

 

私は関東に来て、ご縁をいただいているあちこちの神社に、まだご挨拶に行っていません。あせる

 

去年、新たにご縁をいただいたお稲荷さんもいて、このお稲荷さんには、願掛けを何倍にも大きくして叶えてもらっています。 

 

挨拶どころか、そのお礼もまだだったので、きっとそのお稲荷さんが「来い」と言っているのだろう、と思いました。 

 

地図で「赤坂見附駅」が、東京のどこにあるのか確認をしたら……駅のすぐそばには、豊川稲荷東京別院がありました。 

 

ああ、ダキニ天さんのところだったのか、と思いました。 

 

いい加減、挨拶に来んか! お前は〜、モー! と、眷属が思っているのでしょう。 

 

あいつめ、放っておいたら、いつまでも来うへんわ、ということで、むりやり赤坂まで引っ張られた感がありました。 

 

では明日、帰りに寄ってご挨拶をしよう、と計画をしていたら、またメールが来て、「赤坂には日枝神社がありますよ」と書かれています。 

 

日枝神社は読者の方から、参拝してみて下さい、とリクエストが数通来ている神社です。 

 

「へー、その神社も近いのか、じゃ、ついでに行ってみようかな」と、日枝神社のほうに大きく気持ちが傾きました。 

 

当日、3時半に解散をして、先に日枝神社に行きました。 

 

境内には初詣の雰囲気がまだ残っており、お正月の参拝として来ている人や、スーツ姿の団体さんがいたりして、参拝客がとても多く、ゆっくりできません。 

 

見えているのは女性の神様でしたが、お話ができる状態ではありませんでした。 

 

日を改めて、朝に来ないとダメだな、とわかったので、また今度、早い時間に来ることをお約束して神社をあとにしました。 

 

それから豊川稲荷東京別院に歩いて行きました。 

 

到着した時刻はすでに4時をまわっていて、4時20分くらいだったと思います。 

 

5時まで開門しているのだろう、と勝手に思っていたので、「ご挨拶する時間は十分にあるな~」と、まず本殿前で手を合わせようとしたら……。

 

そこにいた眷属に、「出直して来い」と、言われました。 

 

えーっ !? なんで? あ、時間の問題? まだあと40分もあるのに? と、とりあえず本殿前で手を合わせました。 

 

それから、ダキニ天さんとアクセスしやすい奥の院に行きました。 

 

こちらの参道に入ると、多くの眷属がいて、一斉に私を見ます。 

 

みんな、しら〜っとした目で、「出直して来い」と、口々に言うのです。 

 

どうやら日枝神社を優先して、ダキニ天さんをあと回しにしたことを、良しとしていないみたいでした。 

 

でもダキニ天さん本人は、そんなこと気にしていないかも? と、奥の院に昇殿しようとすると、張り紙が目に入りました。 

 

なんと、奥の院に入れるのは、4時半までだったのです。 

 

日枝神社を先に参拝したせいで、ギリギリの時間に到着した、というわけです。 

 

なるほど、それは心証悪いわ、と思いましたが、まさかそのまま帰るわけにもいかず……奥の院に上がらせてもらいました。 

 

お堂の中では、お寺の方がすでに掃除機をかけていました。 

 

閉門前のバタバタした時間に来てすみません、と申し訳ない気持ちになりましたが、とにかくご挨拶だけでも! と、手を合わせました。 

 

私が拝んでいる間、お寺の方は掃除機を止め、端のほうによけておられます。 

 

うわぁ、なんだか、もう本当にすみません、と申し訳なくて、慌てて奥の院を出ました。 

 

そのような慌ただしい参拝でしたから、当然のことながら、ダキニ天さんは出て来られませんでした。

 

あう〜あせる せっかく来たのに〜、と思いつつ、おみくじ貯金のためにおみくじを引くと……。

 

これがまた、しっかりと「凶」で……。 笑い泣き

 

「だーかーらー、出直して来いと言っているだろうが!」と、多くの眷属に言われました。 

 

ごりやくはとても大きい豊川稲荷ですが、相変わらずクールな雰囲気です。 

 

誤解のないように言っておきますが、別の神社やお寺に行ったあとで、ダキニ天さんのところに行っても全然問題ないです。 

 

4時半ギリギリに行っても、普通の人は出直して来いとは言われません。 

 

私はダキニ天さんに大きなごりやくをいただき、しかも本に書かせてもらっていながら、その後、何回か東京に行った時も、転居をして近くなってからも、お礼・ご挨拶に伺っていませんでした。 

 

眷属のほうからすると、「ンモー、あいつめ〜」と、仕方なくセッティングをしてやったのに、そいつは(私ですね)、考えもなしにのほほーんと日枝神社を先に参拝しているのです。

 

他の神社を優先して、閉門時間ギリギリになって、「ちわーっす!」みたいな、ノーテンキな雰囲気でやって来た……こいつは、モー、なんという失礼でおバカなやつなのか……と、眷属が全員、しら〜~~~~っと呆れた空気になるのは当然です。

 

「出直して来い」と、あっちからもこっちからも言われました。 

 

日枝神社も豊川稲荷も、また今度、ゆっくり時間が取れる日に改めて行こうと思います。 

 

ええ、ええ、わかってます~、その時は、豊川稲荷優先で〜。笑い泣き

 

 

 

 

日枝神社です。

授与所には多くの人がずら~っと並んでいました。

 

 

 

 

豊川稲荷東京別院の奥の院へ続く参道です。

多くの眷属がここを守っています。

 

 

 

 

出直して来い感が、紙からも漂う、凶のおみくじです。

「こんな運勢、いらないですぅ」と、写真だけ撮って、結ぶ場所にしっかり結んで帰りました~。あせる

 

 

 

 

 

 


 

 

 

クリックをするとユーチューブで曲が再生されます。

天から聞こえるメロディを曲にしています。

 

 

 

AD

リブログ(1)

リブログ一覧を見る