※前回のつづきです。

 

 

白山登山、白山比咩神社( しらやまひめじんじゃ )の参拝を終え、そこで時間が余ったので、ちょっとどこかの神社に寄ってみよう! という感じで参拝した金剱宮(きんけんぐう)ですが、意外とすごい神社でビックリしました。

 

拝殿の左側へ行くと、すっっっごいパワーを感じます。

 

このパワーは一体どこから? と見ると、そこには古~~~い狛犬がいました。

 

江戸時代あたりの狛犬像でしょうか、そのパワーが本当に強烈で、珍しいくらい強いのです。

 

すごい眷属が入っているなぁ、と、そばに行ってみました。

 

「失礼します」とお断りして、写真を撮ると、形がわからないくらいブレます。

 

慎重に撮ってもブレまくり、そのうちカメラがピントを合わせられなくなって、大きくボケたりシャープになったり、液晶モニターの画像が、むわーんむわーんと動きまくって、必死で調整していました。

 

ピントを合わせようと頑張るのですが、波動が強すぎてどうしても合いません。

 

うわぁ、すごすぎ! と思った私は、「むちゃくちゃ強い眷属さんなのですね」と言ってみました。

 

すると、「おぅ、わかるか?」と答えてくれたので、「わかります! どうかお写真を撮らせて下さい!」とお願いすると、やっとピントが合って数枚写真が撮れました。

 

いや~、本当にすごい力です。

 

こちらは〝うん〟のほうだったので、〝あ〟のほうも見に行ってみたら、こちらではカメラのレンズカバーが半分しか開きませんでした。

 

一度閉じて、また開けても半分しか開かず……仕方がないので、レンズカバーを無理やり手でこじ開け、「お願いします、どうかお写真を撮らせて下さい」と言っても、ピントが合いません。

 

「撮ってどうするのだ」

 

「全国の人に知ってもらいたいんです~」と言うと、撮影許可が出ました。

 

どうしてここまで強い眷属が入っているのか謎ですが、すごかったです。

 

次に、「乙剱社」と書かれた小さなお社の前に行くと……。

 

「おぉ~!」と、立ち止まって、まじまじと見つめてしまいました。

 

お社の空間にヘビの神様がいるのです。

 

口を開けて、シャーッと威嚇するような姿です。

 

結構、太いヘビです。(ヘビは細いのが普通ですが、ここの神様はコロコロと太いです)

 

しかも、ですね! 黄色なのです!

 

黄色のヘビは初めて見ました。

 

とっても美しい黄色をしていました。

 

ヘビで黄色の神様ですから、金運に強いように思います。

 

せっかくなのでお願いしてみようかと考えましたが、金沢までお礼を言いに来るのはちょっと遠いかなぁ、とやめておきました。

 

恵比須社も強いパワーを放っていました。

 

このお社でもカメラはうまくピントを合わせられず、必死で調整していました。

 

恵比須社にいらっしゃる神様も、本殿にいる神様と同じく、昔から強い力を持っているようですが、こちらはまったく自己主張をしていません。

 

この神様はほぼ何の願掛けでもOK、というタイプです。

 

前回、書きましたように、商売がたきに勝つ、ライバルに勝つ、というような、戦勝関係の願掛けをしたい方は、本殿にいる神様にされるといいです。

 

その他のいろいろな願掛けは「恵比須社」の神様に、金運のお願いであれば「乙剱社」の黄色いヘビの神様に……と、この神社は、その願掛けに力を発揮する神様にお願いをすると叶いやすいです。(ちなみに、この神社での願掛けはひとつです。3社で3つ願掛けをすることはありえません)

 

拝殿脇……と言っても、奥のほうですから、パッと見ただけでは存在がわからないでしょうが、2体の狛犬に入っている眷属も、本当にすごーーーく強いので、狛犬に願掛けをするのも、ここならアリだと思います。(お願いをする場合、お賽銭はお賽銭箱に入れます。この狛犬は台座に置くのも良くないです)

 

 

 

 

本殿左手突き当たりは「招魂社」です。

私はパスさせていただきました。

 

 

 

 

 

拝殿の左側になります。

とても良い「気」が流れています。

 

 

 

 

 

パッと見、なんてことはない普通の狛犬ですが……

 

 

 

 

 

強いのなんのって、それはもう……

 

 

 

 

 

と、言いつつ、お尻も失礼して、パシャリと撮らせていただきました。爆  笑

 

 

 

 

 

特別に道が作ってあるので行ってみると……

 

 

 

 

 

乙剱社がありました。

 

 

 

 

 

うわ、黄色いヘビの神様だ~、と初めて見るその鮮やかな色にビックリです。

 

 

 

 

 

しかも、ふくよかに太いお体ですから、ますます金運にごりやくがありそうです。

 

 

 

 

 

「あ」のほうの狛犬さんです。

こちらも強烈なパワーです。

「うん」の狛犬さんより、こちらのほうが厳しめです。

 

 

 

 

 

いつもなら、狛犬さんはこんな感じ~、と軽く楽しく書くのですが、さすがに書けません。

威厳のあるお姿です。

 

 

 

 

 

境内社の神様がやわらかいので、そのような雰囲気になっています。

 

 

 

 

 

「恵比須社」の神様はゆったりしていて、控えめです。

境内社だから、と前面に出ない、奥ゆかしさがあります。

 

 

 

 

 

他にも3つ、お社がありました。

 

 

 

 

 

もみじって可愛い形だな~、と思った1枚です。

 

 

 

 

 

 

 

※誠に申し訳ございませんが、質問が多く届いておりまして、お答えはすぐにはできかねます~。

気長にお待ちいただけると、本当にありがたいです。

申し訳ございません。あせる

ご紹介したい神社仏閣がたくさんあって、そちらも書かねば! と思っています。

「識子さん、ぜひ、この神社に行ってください」とおすすめされているその神社、もう行ってきたんです~、というものが少なくないのです。

神社仏閣情報は長くなるので(書くのが大変な上に、写真を選ぶのにも時間がかかるため)、つい先延ばししてしまうんですね。

負担が少ないように分割して書こう、と思いますので、読みにくいかもしれませんが、そこはご容赦くださいませ~。