少し前に出雲大社に行った時、すごいパワースポットを見つけたのでご紹介したいと思います。

この日はレンタカーで行ったのですが、前日にグーグルマップで自分が走るルートをチェックしていたら、 ”大山” という山が目に飛び込んできました。

私にはスキーをする趣味がないので、この山のことはまったく知りませんでした。

地図上の ”大山” から強烈な磁気を感じたので、 「来い」 ということだな・・・と思いました。

ふもとに、 ”大神山神社 奥宮” があったので、朝早くにここに到着するスケジュールにして、行ってみました。

入口から参道をかなり歩いて神社に着くのですが、参道では特に何も感じませんでした。

朝早かったため、職員? 神主さん? (普通の服装をしたお兄ちゃんでした) が、私が拝殿で手を合わせている時に来ました。

あちこちの戸を開けたりして忙しそうにしていました。

拝殿で手を合わせている時も、何も聞こえないし、何も感じませんでした。

おかしいなぁと思いつつ、拝殿の左側に回り込んでみると、そこにも小さな社があります。

狛犬ではなく狐だったので、会釈だけして去ろうとすると、 「手を合わせないのか?」 とその狐が足元にまとわりついてきました。

その時に山の方から 「構うな!」 という声とともに狐めがけてびゅーっと風が吹き、狐は軽く飛ばされて、慌てて自分の像に戻りました。

まさか・・・山に登ってこいと言ってるのではないよね? と私は焦りました。

境内から見る山には、まだ雪が残っています。

そして山開きは6月、と書いてあるのです。

無理無理無理、と言いつつ拝殿の右へ回り込んでみると、なんと、登山口がありました。

( ̄_ ̄ i)   ・・・・・。

そこにある看板を見ていると、 ”元谷” まで来い、と聞こえます。

えー! 嫌だー! と思いましたが、拝殿で何も感じないということは、山に入って交信するしか方法はなく・・・このまま去るのも意味がないので仕方なく登ることにしました。

”元谷まで行かなくても、途中で引き返せばいいから” と自分に言い聞かせました。

登山と言っても、元谷まではきつい登りもなく、そんなに苦ではありません。

一畑薬師と出雲大社にも行くスケジュールだし、時間がないからもうこのへんで・・・と引き返そうとしたら、 「とりあえず元谷まで来い」 と今度はハッキリ聞こえました。

その元谷へ着いてみると、スカーッと開けた場所になっていて、なんとも言えずとても気持ちがいいのです。

半円を描くように高い山々が目の前に広がっています。

囲むように連なった山々からのエネルギーが、中心にいる自分に集中するのがわかります。

太陽も空も何故かとても近く、惜しげもなく太陽エネルギーが降り注いできます。

その場所に立つと、非常にクリアーに大山の神様の声が聞こえます。

なんて素晴らしい場所なんだ、と感動しました。

浄化とパワー充電と癒しと、すべてを兼ね備えたパワースポットです。

大山の神様は壮年、という感じで落ち着いていて、何でも詳しく教えてくれます。

個人的なことも神のこともわかりやすく説明してくれるので、疑問や謎がスッキリ解けます。

今回はまだ山開きがされていなかったので、ここまでしか行けませんでしたが、夏に時間の余裕があれば是非、山頂まで行きたいと思いました。

大山は気高く、格が高い山でした。

ちなみに大神山神社奥宮から元谷までは、片道30分くらいだったと思います。

この後、高速道を通って松江市に入ったのですが、市道に降りたところで、土地の記憶を感じました。

宍道湖の東側、市街地に入る手前ですが、大昔はそこは栄えていたようです。

たくさんの渡来人がいて、活気があって、にぎやかで・・・今の言葉で言うと国際都市だったみたいです。

弥生時代なのか、それより以前なのか以後なのかわかりませんが、鮮やかに見えたので、そういう土地なのだろうと思いました。

機会があれば、また行きたいと思いました。






大神山神社奥宮の入口です
ひっそりとスピリチュアルしています-大神山神社奥宮





拝殿です
ひっそりとスピリチュアルしています-拝殿





境内にあった、全体がわかる地図です
ひっそりとスピリチュアルしています-地図2





こんな感じで山々に囲まれた場所になっています
ひっそりとスピリチュアルしています-地図1





元谷から見た山々の右側です
ひっそりとスピリチュアルしています-元谷1





山々の前方・左側です
ひっそりとスピリチュアルしています-元谷2





今日もポチっとしてもらえると、嬉しいです~。 (*^_^*)
ひっそりとスピリチュアルしています-ブログランキングへ