崖の中腹に建てられたお堂の写真を見たことがあって(↓ こんな感じの写真でした)、いつか行ってみたいな~、と思っていたお寺です。

去年の11月に行きました。

 

 

 

 

 

実際に行って、駐車場に着いたら、目の前は墓地でした。

墓地は、けっこう広かったです。

 

 

 

 

 

うまく写さないと墓石が一緒に写ります。ニコニコ

 

 

 

 

 

崖の地層が斜めになっています。

芸術的な美しさです。

惹きつけられますね~。

 

 

 

 

 

ここを登っていきますが、

 

 

 

 

 

そんなにたくさん歩きません。

 

 

 

 

 

真下です。

 

 

 

 

 

石段を上がっていくところに、

 

 

 

 

 

不動堂がありました。

崖の岩をくり抜いて作られたお堂です。びっくり

 

 

 

 

 

なので、中はこんなふうに、洞窟っぽいです。

 

 

 

 

 

岩そのものに力があるため、堂内にいるとパワーに包まれた状態になります。

 

 

 

 

 

お不動さんです。

 

 

 

 

 

石段を上がると、観音堂の手前に、

 

 

 

 

 

洞窟がありました。

 

 

 

 

 

現在は立入禁止ですが、昔はここで修行をしていたのでしょうね。

 

 

 

 

 

古い石仏が置かれていました。

 

 

 

 

 

観音堂の内部です。

 

 

 

 

 

比較的新しくてキレイでした。

 

 

 

 

 

崖観音さんのお体が見えています。

 

 

 

 

 

崖の岩に彫られた十一面観音さんです。

磨崖仏(まがいぶつ)です。

でも、お顔が見えません~。あせる

 

 

 

 

 

わかりやすい説明版がありました。

なるほど~、ということで、

 

 

 

 

 

しゃがんで、さらに頭を下にして見ると、見えました。ニコニコ

お堂の陰になっているため写真には写りませんでしたが。

お体には地層の模様が入っています。

 

 

 

 

 

お堂の正面です。

ここから見ると、

 

 

 

 

 

海と空が半々に見えます。

 

 

 

 

 

写真で見たら「ふ~ん」という景色かもしれませんが、実際に見ると、感動するくらい美しかったです。(朝、参拝しました。海面が朝日をキラキラと反射していて、ものすごーく爽やかな気分になりました)

 

 

 

 

 

私の真ん前を、トンビがぐるりとまわって、そのまま下へ降りていきました。

 

 

 

 

 

で、ここに止まりました。

 

 

 

 

 

うわ~、後ろ姿。あせる

ちょっと横顔を見せてくれないかなぁ、トンビってわからんやん?

と思っていたら、

 

 

 

 

 

凛々しい横顔を見せてくれました。ニコニコ

 

 

 

 

 

崖のところにも石仏がありました。

ここの十一面観音さんに貴重なお話を聞いたので、次回にご紹介します。ニコニコ

 

 

 

 

 

 

 

 

“識子流"ごりやく参拝マナー手帖神様、福運を招くコツはありますか? 直接きいてわかった神仏の本音京都でひっそりスピリチュアル (宝島SUGOI文庫)神社仏閣は宝の山神さまと繋がる神社仏閣めぐり - 神仏がくれるさりげないサイン「神様アンテナ」を磨く方法 誰もが感じているのに気づいていない幸運のサイン神社仏閣 パワースポットで神さまとコンタクトしてきました (ひっそりとスピリチュアルしていますPart2)神仏をいつも身近に感じるために~心澄ませ、気運を高める~