川崎大師 〜神奈川県川崎市〜

テーマ:

神奈川県川崎市にある「川崎大師」に行ってきました。

 

読者の方に、以前から時々、リクエストをもらっていたお寺です。

 

境内はそこそこ広く、池に橋がかかっていたり、五重塔などもありますが、今回は全部パスして大本堂に行きました。

 

護摩祈祷を見学させてもらうためです。

 

私は行く直前まで知らなかったのですが、ここのご本尊は空海さんなのですね。

 

「え? 私、以前にメールしましたよ~」という方がおられるかもしれませんが……。

 

(><;)  すみません、記憶の彼方に飛んでいました。

 

ご本尊が空海さんということで不思議に思ったのが、護摩祈祷がある、ということです。

 

私が今まであちこちを見てまわった経験から言いますと、護摩祈祷は不動明王にするところが多いです。

 

高野山や信貴山では毘沙門天に護摩を焚くお寺もあります。

 

でも、ここ川崎大師は〝空海さんに〟するのです。

 

珍しいです。

 

それはどのような祈祷なのか、絶対に見たい! と思いました。

 

川崎大師も成田山新勝寺と同じく、護摩祈祷を自由に見学していいそうです。

 

祈祷の時に、ご本尊の空海さんの真ん前まで入らせてもらえますから、ご縁もいただきやすいと思います。

 

須弥壇の中央には空海さんの像があって、向かって右に不動明王、左に愛染明王が安置されていました。

 

明王2体はそこそこ大きい仏像ですが、空海さんの像はそんなに大きくありません。

 

でも、「あ~、空海さんだ」とすぐにわかる仏像でした。

 

ここの護摩祈祷は本当にすごかったです!

 

う~ん、言葉がちょっと違いますね。

 

「祈祷が」すごいのではなく、「空海さんが」すごい、「脇侍(わきじ)が」すごいのです。

 

祈祷が始まると、まず、須弥壇が仏の世界と繋がって、その空間が仏の世界になります。

 

「おぉ~」と見ていると、ほどなく大太鼓のリズムとともに「般若心経」を数名のお坊さんが唱え始めました。

 

すると、左右の不動明王と愛染明王が大きな体で前面に出てきました。

 

へぇ~! びっくり 2体同時に出てくるんだ~、ひゃ~、でっかー! 

 

と、見つめていると、2体の仏様は須弥壇と内陣の境目のところまでしか出てきません。

 

この境目には天井から短い幕が下がっているのですが、ここまでしか出てこないのです。

 

「???」と思いましたが、続きを見ていますと……。

 

「南無大師遍照金剛(なむだいしへんじょうこんごう)」と、空海さんのご宝号をお坊さん方が唱え始め、それに合わせて中央に座っている高僧が護摩の炎をぶわーっと大きくします。

 

その瞬間でした。

 

空海さんがとても大きな姿で出て来られたのです!

 

!!!

 

私がそこで、言葉も出ないくらいに驚いたのは……この時の空海さんは、いつもの空海さんではなかったからです。

 

護摩を焚かれて姿をあらわした空海さんは、なんと! 仏様のお姿でした!

 

「え? どういうことでしょう? 空海さんは仏様になっておられる、っていつも書いてるじゃないですか?」と思われた方、えっとですね、通常の空海さんはお坊さん姿なのです。

 

空海さんは僧侶ではない私に、つまり、仏教に詳しくない私に、仏様のことや見えない世界のことを教えてくれたり、人としての道などを説いてくれます。

 

その時は、お坊さんのお姿で出てこられます。

 

威圧感のない、ごく普通のお坊さん姿で出てこられ、ガハガハと笑い、時には面白い冗談も言い、とても親しみやすい雰囲気で仏様の世界のことを話してくれます。

 

そしておっしゃることは、「仏教という難しい〝宗教〟から入らなくてもいい」

 

「仏が大好き、という気持ちで、〝仏を〟信仰すればよい」

 

と、宗教が苦手な人でも、仏様のご加護がもらえることを教えてくれます。

 

仏様のほうでも、仏教徒に限らず、苦しんでいる人や困っている人を助けてあげたい、救いの手を差し伸べてやりたい、と思われているそうで、そのことも伝えてくれます。

 

親しみやすい関西のオッチャン風で出て来てくれるのは、私が見たまま聞いたままを、そのまま書くからだと思います。

 

私の本を読んだ方から、「空海さんが大好きになりました♪」「仏様に会いにお寺に行くようになりました♪」というメッセージを多くいただいております。

 

空海さんは、宗教が苦手な人、お寺が苦手な人に、そのようにして布教(仏様の良さを伝えるという意味です)をされているわけです。

 

私の中の空海さんは、そういう道案内的な仏様だったので、護摩祈祷でもてっきりその空海さんが出てくるのだろうと思っていました。

 

しかし、護摩の火の前にあらわれた空海さんは(弘法大師と書くべきかもしれませんが空海さんで統一します)、

 

釈迦如来とか薬師如来とか阿弥陀如来とか、そのへんの仏様のようなお召し物で、雰囲気もそのような感じで、立ったお姿で、大きくしゅ~っと出てこられました。

 

「えっと? この仏様、誰?」と、一瞬、空海さんだとわからなかったです。

 

護摩祈祷の力によって特別にパワーアップしているお不動さんや毘沙門天をあちこちで見てきた私は、護摩祈祷というものは、お不動さんか毘沙門天〝専門〟の祈祷だと思っていましたが……違うのですね。

 

護摩は、空海さんでも他の仏様でも、仏様をすべてパワーアップさせる祈祷なのでした。

 

護摩祈祷で出てきた空海さんは、〝弘法大師如来〟に見えました。

 

不動明王と愛染明王を脇侍として従えた強い空海さんです。

(2体の明王が須弥壇の境目から出てこなかったのは、脇侍という立場だったからでした)

 

あ、でも、「よく来たな」と、私ににっこり笑ってくれた雰囲気はいつもの空海さんでした。

 

このお寺は、ご本尊の真ん前に写経が奉納されています。

 

確認をさせていただいたところ、納経料をお支払いすれば、家で書いてきた写経でも空海さんに奉納して下さるそうです。

 

納経料は決まった額ではなく、「こころざしで」とのことでした。

 

かと言って、1円とか10円は失礼だと思うので、最低でも100円かな~と、これは私の意見です。

 

お寺の方は、「こころざしで」としかおっしゃいませんでした。

 

写経をする場所もあるようでしたので、詳しいことをお知りになりたい方はお問い合わせをしてみるといいと思います。

 

空海さんにご縁をもらいたい、と思われているお近くの方は、一度強い空海さんを見に行かれてみてはいかがでしょうか。照れ

 

 

 

 

 

夕方だったのでちょっと暗めです~。

暗く写っていますが、境内は明るかったです。

 

 

 

 

 

この中で護摩祈祷が行なわれます。

 

 

 

 

 

私の写真だけではちょっと……なので、パンフレットの写真も載せておきます~。

 

 

 

 

 

 

大変申し訳ございませんが、現在、ブログ訪問・ペタ・いいねはご遠慮させていただいております。

メッセージに個人的な返信も差し上げておりません〜。あせる

こちらに詳細を書いておりますので →コチラ 何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。




 

 

 

クリックをするとユーチューブで曲が再生されます。

天から聞こえるメロディを曲にしています。